- 2018/05/27
初夏を感じさせる樹木の姿【文化の森総合公園】
 久しぶりに樹木を見ようと,外に出かけた。本当に1年ぶりぐらいだ。もう1度,自分の心を樹木や草花に向けたい。原点の気持ちを取り戻すために選び,足を運んだ場所は,私が樹木を学び始めた「文化の森総合公園」。
 散歩して,すぐに目に焼き付いたのは,大きな2本のトチノキ。花は確認できなかったが,迫力のある大きな掌状の複葉が,人間が休めるような心地よい日陰を作っていて,嬉しくなった。トチノキが作ってくれる日陰に安らぎを感じるということは,それだけ太陽の日差しがきついということであり,初夏の到来を感じる。
 その後,ハゼノキやクリの花を見た。紅葉の美しいハゼノキ,言わずと知れた食用の実として位置づけられたクリ。どちらも季節としては秋の樹木で,花として観賞されることは少ない。特にクリの花は,独特の臭気がするので,暑苦しささえ感じる。ちなみにクリとクヌギは葉は似ているが,花を比較すると,相当な違いがあることが分かった。クリは初夏に勢いよく垂れ下がる感じで花を付けるが,クヌギは春に尾状に目立たない感じで花を付ける。
 最後はノグルミの花。『花序や果穂が直立するのはクルミ科の中ではノグルミだけ』と言われるだけあって,特徴的な樹木だ。昨年の実と当年の花を同時に見ることができた。雄花序の中にある雌花序のいくつかは,1年後には,次の年の花たちと一緒にいるのかと思うと,世代交代の姿は,樹木たちも人間と同じなのだと感じてしまう。

- 2016/03/26
2016年の春は,トサミズキから!【まんのう公園】
 2015年の終わりから2016年の始まりにかけては,だれもが感じる暖冬であった。とは言え,やはり冬になると動物たちと同じで,人間も戸外に出る回数がめっきり減り,活動が鈍るもの。
 久しぶりの植物観察。私にとっての2016年の春の観察は,トサミズキの花からにすることに決めた。まんのう公園で自転車サイクリングをして立ち寄った自然生態園の駐輪場に,綺麗に咲いていた。似た仲間にヒュウガミズキ(日向水木)やシナミズキ(支那水木)があるが,よく目にするのはトサミズキ。1つの穂状花序につける花の数は7〜8個で,房ごとに垂れ下がっている姿は鮮やかで春の到来を喜んでいる姿にふさわしい。1つの穂状花序につける花の数が1〜3個で全体に小さいヒュウガミズキ,10〜15個と多数付けるシナミズキとの違いも頭に入れておきたい。
 トサミズキの周りには濃い紅色の花弁をもったカンヒザクラも見られた。サクラの開花と重なるこの時期であれば,カンヒザクラを主役,トサミズキを脇役として見るところだが,今日の私はトサミズキの黄色を主役にする気持ちしかなかった。何を中心にして観察するか,その人の主観で決められる。こういう自由なかかわりができるのも,樹木や草花とのかかわりを続けられる理由かもしれない・・・。

- 2015/10/12
私と家族をつなげてくれる山道A【見ノ越峠・川井峠越え】
 秋の紅葉を見ようと,剣山にたくさんの人々が訪れる。今年は,シルバーウィークの並びがよいことから,その人数は例年にも増して多かったのではないだろうか。週末に東祖谷から自宅へ帰る私も,夜間でなければ,池田を通らずに,見ノ越峠【東祖谷と木屋平をつなぐ】や川井峠【木屋平と神山をつなぐ】を使うことにしている(29kmほど近い)。
 紅葉の時期は,観光客に備えた道路の整備もあってだろうか,初夏に使っていた小島峠越えに比べると,道路のでこぼこや凹凸,砂利の量は少ないように感じる。しかし,急勾配の傾斜や急カーブ等は,なかなかのものだ。
 見ノ越峠の頂上にあるトンネルを越えたときの山々の景色は非常に雄大で,日常生活のストレスやうやむやを一瞬でかき消してくれるような素晴らしさがある。
 10月の第1週目は午前中勤務で,昼過ぎから東祖谷の自然を堪能しながら帰った。ピンクの米粒のようなかわいいミゾソバの花,ヨメナと間違いやすいノコンギクの花,秋の山野を象徴するノブドウの実,そして中上展望所から一望できるのどかな落合集落と,心を癒す帰路となった。普通に帰れば2時間30分程度のところを,4時間以上かけてのんびりと帰ってみた。こんなふうにゆったりと時間をかけて時を過ごすこと,今の現代人にこそ必要だと感じている・・・。

- 2015/07/29
夏の山林で輝く生き物たち【東祖谷】
 休みの日,朝早起きして東祖谷をぶらっと散歩すると,スギ林に囲まれた日陰の場所で夏の生き物たちと出会えることができた。クルマバナ(左)は,トウバナの唇弁花をはっきりとさせた感じで,名前の由来の通り,輪生する花の姿がおもしろい。アキノタムラソウ(中)は,薄い紫色の花が山野草らしい落ちつきがあって,親しみやすい。
 フキの葉を好んで食べることから名前を付けられているフキバッタ(右)は,ヒメジョオンの茎にオンブバッタとしてぶら下がっている姿が非常にのどかだ。時間がゆっくりと過ぎている感じの東祖谷を表現してるようだった。
 東祖谷の山林で個性を輝かせる生き物たちが,私に夏の思い出の1ページを作ってくれた。

- 2015/06/15
私と家族をつなげてくれる山道@【菅生伊良原線(小島峠越え)】
 週末には,東祖谷から自宅へ。天候が悪くなければ,池田を通らずに,国道192号線のつるぎ町に出てくる菅生伊良原線の山道【小島峠越え】を使っている(27kmほど近い)。急勾配の傾斜に加えて,道路のでこぼこや凹凸,急カーブ等,慣れない山道だが,何度か通ると,当たり前の道になるから人間の感覚とは不思議なものだ。
 5〜6月,斜面に咲くガクウツギの花の清純な白さに,一瞬で心を奪われた。季節が変われば,まだまだ感動を与えてくれる山道に違いない。時間があるときは,慌てて帰らず,足を立ち止めながら,その驚きや発見を楽しみたい。そしてもう一つ,心に留めておきたいことがある。それは,この山道が私と家族との心を繋げてくれる大切な架け橋の役目を果たしてくれているということだ・・・。

- 2015/03/22
春の訪れを感じさせるコブシとアオモジ【とくしま植物園】
 とくしま植物園に蜂須賀桜を見に行ったのだが,すでに散りゆく感じで,見頃を終えていた。そんな状況の中で,春の訪れとして心に残ったのはコブシとアオモジ。
 コブシはハクモクレンと同じで,真っ白な花の清らかさが卒業や別れを演出してくれるようだ。その白い花弁も裏側には,赤紫のラインが出ていて,人間の血管のような生命感を感じさせてくれる。アジサイ小道を少し登ったところから,とくしま動物園の方を見おろすと,アオモジのレモン色の花とのコントラストが美しくて,しばらくの間,見とれてしまった。アオモジは,若葉のにおいをかぐと鼻全体にレモンに似た濃い香りが漂ってきた。まだ若葉だけのもの,すっかり満開のものがあり,アオモジが最も輝いている季節だと言える。
 私も,4月からは新天地でのスタート。コブシやアオモジのように,自分らしさを発揮していきたい。

- 2013/11/4
どんぐりを追い求めた1日【藤川八幡神社、とらまる公園】
 午前中は上勝町の藤川八幡神社,午後は東かがわ市のとらまる公園と,どんぐりを追い求めた1日だった。
 藤川八幡神社では,イチイガシのどんぐり,スダジイやツブラジイなどのシイノキの実を採った。神社の境内へと続く階段の下はほとんどがスダジイの実ばかりだったが,階段をあがっていくと,次々にかわいいツブラジイの実が見られた。スダジイとツブラジイについては中間種も多いようで,後から見ると形はスダジイの実だが,大きさはツブラジイの実ぐらいしかないものが多くあり,これらがまさにその中間種に該当するのだと実感させられた。
 とらまる公園では,アベマキのどんぐりを採った。3年ぐらい前, 12月ごろに来たときにはすっかりどんぐりが落ちていたアベマキ。今回の11月初旬でも,同じようにほとんどのどんぐりが落ちていた。枝についている新鮮などんぐりを採るには,10月でなければならないことを感じる。堅果を包む殻斗の深さが浅く,堅果の先に微量に毛がある大好きなどんぐり。徳島県内でも,生育している場所を早く見つけたいと思っている。

- 2013/10/14
シラカシのどんぐり集め【あすたむらんど徳島】
 シラカシのどんぐりを『あすたむらんど徳島』に採りに行った。私は,徳島市内で典型的なシラカシと言って思いつくのが,植物園にある1本のシラカシだ。しかし,そのシラカシ1本だけでは十分な量のドングリが採れない。
 そこで,板野町の『あすたむらんど徳島』まで足を運んだというわけだ。ここは,敷地の中の芝生広場の辺りにもシラカシはあるが,一番に目を引くのが駐車場の周りを囲んだシラカシだ。葉の裏面に見られる緑白色の鮮やかさ,樹木全体をおおう均一のサイズの葉の数々が,シラカシを求めてやってきた私を迎えてくれているようで,嬉しかった。徳島市内で,これぐらいシラカシが群生している場所を早く見つけたいと,いつも心の中で思っている!

- 2013/10/12
ウバメガシのどんぐり集め【徳島中央公園】
 土曜日の夕方ごろ,もう日も暮れていこうかという時間帯,徳島中央公園にウバメガシのどんぐりを集めに行った。時間帯から考えれば,もう次の日にした方がいいのだが,予定からそのときでなければいけない状況だった。「今行かなければ,もうこの秋はウバメガシのどんぐりを見れない。」そんな焦る気持ちが,私にはあった。
 ウバメガシには,家の庭木にもあるのだが,なぜか毎年ほとんど実をつけない。それだけに,徳島中央公園にある人の顔のようなこんもりとした樹形のウバメガシは,私にとって大切な存在だ。このウバメガシは時期さえ合えば,ある程度のどんぐりの量が確保できる。下の娘と一緒に必死にウバメガシのどんぐりを採って,何か他では得られない宝物をいただいた気持ちになった。殻斗は頑丈にできているが,非常に小さく皿が浅いうえに,どんぐりの尻が極めて小さいので,落ちやすいウバメガシのどんぐり。「できるだけ堅果と殻斗が離れないように採ろう!」と声をかけながら採ったこの日の思い出を,いつか懐かしく振り返る日が来るかもしれない・・・。

- 2013/10/6
どんぐり集めの中で見つけたオンブトノサマバッタ【とくしま植物園】
 とくしま植物園にどんぐりを集めに行った。10月上旬だったためか,お目当てのアラカシやコナラ,クヌギなどはまだ青い状態で,枝に付いている状態のものが多かった。
 どんぐりは茶色に熟してから採るが,青いものを採るのも,樹木と触れ合う面白さがある。特にコナラは,枝についたどんぐりを手で採ろうとすると,ほとんどは堅果が殻斗からこぼれ落ちる。それだけ堅果と殻斗の密着が浅い。「百聞は一見にしかず 百見は一行にしかず」これは,実際に体験して始めて感じるところに値打ちがあるのだ。
 さて,そんなどんぐり集めの帰り際,オンブトノサマバッタが見られた。背中に乗っている雄が前足と中足の関節を直角に曲げて,雌の体を挟んでしっかりと爪で引っかけてしがみついていた。オンブバッタの雄は,交尾をするために雌の背中に跳び乗るのだが,よく親子でたわむれているようにも思われがちだ。冬越しまでまだまだ時間があるうちに,オンブトノサマバッタが子孫を残しておこうとする夫婦の姿が,非常に微笑ましく感じられてしまう。