- 2013/07/29
第2回 樹木の葉を見つめながら“夏の自由研究”を親子で学ぶ会【徳島市南井上小学校】午後の部
 午後は,クスノキやエノキ,ケヤキ,ムクノキの4種類の樹木のできあがっている押し葉を紙に貼り付けたり,ソメイヨシノとキョウチクトウの2種類の樹木の葉で「シルエット写し」をしたりする活動に取り組んだ。
 押し葉を紙に貼り付ける活動は,慣れないと難しいのだが,予想したよりも器用に指先を使って活動を進めていて,感心させられた。「シルエット写し」は,一本一本のラインを大切にしながら子どもたちは集中して,葉のシルエットを模写していた。鋸歯や主脈,側脈など,改めて葉のつくりを体感することができたと思う。
 今回は第1回のときとは違って,思いきって終日での活動を組んでみた。こういう自由研究につながる親子参加での企画は,数年前から抱いていた夢の一つで,私にとってはまさに自己実現の一日となった。この日のことを,いつか,どこかで語れる器の大きい自分に成長していければと思っている。
 参加された4家族は,大変熱心に取り組んでいて,どの活動もスムーズに進めることができた。参加された皆様に,この場を借りてお礼を申しあげます。ありがとうございました。

- 2013/07/29
第2回 樹木の葉を見つめながら“夏の自由研究”を親子で学ぶ会【徳島市南井上小学校】午前の部
 子ども6名,保護者4名の4家族参加のもと,「第2回 樹木の葉を見つめながら“夏の自由研究”を親子で学ぶ会」を開催した。午前中は,校庭の樹木の葉を採取して,新聞紙や板,ゴムを使っての押し葉作りの活動に取り組んだ。
 「キンモクセイは,家にもあるよ。」「ゲッケイジュの葉は,乾燥したものを,カレーを作るときに使っているよ。」等,樹木に触れ,葉を採取していく活動を通す中での親子の会話は,ほほえましく感じられた。新聞紙に樹木の葉を挟んでいく活動で,名前を一つ一つ確認し,マジックで分かるようにメモしながら熱心に作業している姿は,私にとって非常に嬉しいことだった。板をゴムで巻いていく作業は,力の入れ方が難しかったようで,「こんなにも,きつく巻いていくんですね。」という声が聞かれた。
 午前中の活動での成果は,今後,家庭で押し葉作りを継続していくための取りかかりができたということである。しっかり樹木の名前を言いながら新聞換えを続けていけば,樹木がより身近なものに感じられるようになると考えている。参加されたご家庭で,これまでとは一味違う充実した夏の時間が過ごせることを心から期待したい。

- 2013/05/25
第1回 樹木・草花観察会(親子フィールドワーク)【徳島中央公園】
 子ども14名,保護者11名,教師1名,計26名の参加のもと,第1回 樹木・草花観察会(親子フィールドワーク)を開催した。「この草花,何て言うんですか?」「名前を教えてください。」等,意欲的に草花の名前を次々に質問してくる子どもの姿は,大変うれしいことであった。子どもたちに負けずにと質問をしに来てくれる保護者の方の姿は,親として学ぶ姿を背中として子どもに見せていて,すばらしいと感じた。「家庭教育が欠落する日本」とのメディアでの報道を耳にしたことがあるが,ここに参加される家族の姿を見る限り,日本はまだまだ捨てたものではない。
 草花では,ヒメキキョウソウ,ハコベ,キュウリグサ,オニタビラコ,ヤブタビラコ,ニワゼキショウ,オオバコ,ヘラオオバコ,ギシギシ,スイバ,ハルジオン,ヒメジョオン,ヒメビジョザクラ,ヒナギキョウ等を観察。樹木では,アベリア,クスノキ,ヤマモモ,ホルトノキ,ラクウショウ,ヤブニッケイ,テイカカズラ,ウバメガシ,ハリエンジュ,メタセコイア,キンシバイ,イヌビワ等を観察。シダ植物ではノキシノブやマメヅタを観察。十分な教え方ではなかったが,参加者の笑顔に救われた。
 興味や関心のある子どもや保護者たちが集まって,野に咲く花や公園に植わっている樹木について,気軽に学べる機会を作りたいというのは,私にとっては念願の一つであった。山の中での自然観察会はあるが,身近な野に咲く草花や公園の樹木についての自然観察会は意外にないのが現状だ。そういう部分から,私ができる社会貢献があれば,労を惜しまず働きかけていきたい。
 参加された皆様に,この場を借りて厚くお礼を申しあげます。ありがとうございました。

- 2013/04/27
幻のキツネノボタン【吉野川市川島町 二ツ森児童公園】
 職場で草花を持って来られていた方がいて,その中にキツネノボタンではないかと思われる草花があった。すぐにその草花がある場所を聞き,吉野川市川島町の二ツ森児童公園付近に足を運んだ。
 お目当ての黄色い花は公園から少し歩いた場所に,スイバと混じりながら生育していた。しかし,よくよく観察すると愕然とした。キツネノボタンではなく,よく見かけるケキツネノボタンだと誤認をしていたことに気付いたからだ。自分でも不思議なのだが,背丈が高いというだけで,気持ちが先走り,キツネノボタンだと思いこんでしまっていたようだ。葉の切れ込みの多さ,実の先の曲がりの弱さ,そして何より茎に付いた毛などから,やはりケキツネノボタンと思われる。ただ,同じケキツネノボタンでも乾燥している畑では小さいが,水はけのよい小川の縁ではこんなにも大きくなるという事実は収穫だった。まさに,生育場所による個体差だ。今回の経験から,キツネノボタンへのあこがれの気持ちは,さらに大きくなったことだけは間違いないだろう。
 帰りには,学駅の線路沿いの近くにあったマツバウンランの群生に心を引かれた。風にたなびきながら,田舎の線路を彩る淡い紫色の花が,とてもさわやかな春の気持ちを伝えてくれた。

- 2013/04/14
家の敷地でイヌノフグリ発見!【家の裏玄関】
 なんと家の敷地に,昨今ではずい分減ってきているイヌノフグリが発見された。しかも,それを見つけたのは私ではなく,下の娘だったから驚きだ。
 藻だらけになっていた冬を越したメダカが入っている水槽2つを,娘と一緒にたわしでゴシゴシと洗い,あと少しで終わるというころ,裏玄関に行った娘が「あ・・,イヌノフグリがある!!」と叫んだ。「何を寝言を言ってるの,お父さんでもまだ1箇所しか,ある場所知らないのに。オオイヌノフグリかムシクサだろう。」と言って,その場に足を運ぶと,本当に正真正銘のイヌノフグリが石段の隙間や脇から生育していたのだ。
 最近,春の草花を娘二人と押し葉にして,新聞換えをやっている。その中には,オオイヌノフグリや私が知っている場所から少しばかり採取させていただいたイヌノフグリがあるので,確かに目が肥えてきていたのだろう。
 金星を挙げた娘の活躍を大いに褒めると,「私が見つけたんじょ〜!!」と得意気になっていた。貴重なイヌノフグリの実から種を採り,親子で秘密の場所を決め,そこに種をまいて,イヌノフグリの生育場所を広げようと試みた。果たして結果は・・・!?

- 2012/10/14
コセンダングサの実で,ひっつき虫!【眉山公園】
 上の娘がバレーボール部に入ったため,土日もほとんどが練習や試合。そういう家庭事情から,休みの日の半分は,下の娘と二人っきりで過ごしている。今日は,徳島市の景色を眺めようと眉山公園に行ってみた。
 先週までは,まだ花盛りであったコセンダングサが実をつけ始めていた。「これ,もう“ひっつき虫”ができてる」と,少し大げさにリアクションを取ってみると,娘もくいついてきた。思うに,ひっつき虫のほとんどは,コセンダングサで,時折,アメリカセンダングサが混じっているという印象だ。とは言っても,その2種を見分けようとしだしたのが,今年なのでまだまだ不十分な見解。下の娘は,夏の自由研究で,センダンの樹木をしっかり観察していたので,コセンダングサの名前の由来も,そのことを引っかけて教えてあげた。理解しているかは不確かだが,さすがにそこは子ども,すぐにコセンダングサの実を服につけ始めて遊び始めて,自慢げに私に見せてきた。
 「すごいな,○○○。○○○は,将来,植物研究家になればいいよ!パパも手伝ってあげるけん・!」そんな,たわいもないことを言って遊んでいる休日のひとときこそ,年老いたときには,いい思い出になっていることだろう。

- 2012/10/8
知らず知らず,秋の深まり【阿波史跡公園】
 阿波史跡公園にどんぐりが落ちていることを聞いたので,下の娘と一緒に「どんぐり拾い」に行った。
 阿波史跡公園は初めての場所。水辺沿いの所々に数本集まったコナラ林があり,コナラのどんぐりを集めるのには絶好のポイントであった。公園の奥にある階段状のところをどんどん登ると,数本の高くそびえるクヌギが見られたが,どんぐりは小ぶりなものしか落ちていなかった。さらに登っていくと,驚きのクリ林があった。さすがによく知られてるクリの場所なのか,落ちているクリは「いが」ばかりだったが,わずかに4個だけ実があるのを興奮しながら娘と一緒に見つけた。「これ絶対,家,帰って食べよな!」と,食いしんぼうの娘の言葉から「実りの秋」「食欲の秋」を感じた。帰り際には,駐車場の近くでススキが風にたなびいている姿に見とれてしまった。
 バタバタと仕事に追われている私には,知らず知らず,秋が深まりが進んでいることを感じた。

- 2012/10/06
初めて食べたアケビの実【職場】
 私の職場で,「アケビの実」を買ってきて「もしよかったら」と配られている方がいた。話を伺うと,神山に行って買って来られたらしい。アケビと聞くと,眉山を思い出してしまう。力強い雄花,優しく美しい雌花,そして人の手のひらのような5枚の小葉をもつ複葉などを,時折見ることがあった。しかし,いざ実となると,文科の森総合公園の散歩コースの塀の上にあるアケビの実を遠くから見るぐらいであった。
 それだけに,私はすぐに「もらっていいですか」といただいて帰り,家で食べてみた。食べてみると,その種の多さに驚き。実を食べているというより,種のまわりについている口の中で広がるゼリー状のものを舐め取っているという感じ。味は甘さだけではなく苦みもあって,不思議な味だった。普通のアケビの皮の色は薄紫だが,このアケビは白色をしていて,野山には存在しない品種改良されたものらしい。夢中になるような味ではなかったが,昔は山里の子どもたちの大切なお菓子代わりだったアケビの実を食べ,口にほうばれたことは,大きな財産になった。

- 2012/05/13
忘れられないシャリンバイ
 最近は,春〜初夏にかけての草花を学んでいる。20代のときに,一度は追い求め,途中で挫折して学ぶことを止めてしまった草花。樹木を学んできたことが生かされてか,どこか気楽な感じで楽しんで学べている気がする。足元から季節を感じることは,見上げる樹木の季節とは一味違う素晴らしさがある!
 徳島市南井上小学校の校庭に分からない草花が1つあり,撮影しに行く途中にも様々な草花たちが見られた。南環状線沿いの道路脇にはコマツヨイグサが群生,少しばかりのユウゲショウが顔を出して風流な光景に見とれていたら,思いがけないかわいいマメグンバイナズナを発見。学校についたら,お目当ての草花(後でマツバゼリと発覚)だけではなく,段々と花をつけるおもしろさをもったトウバナ(塔花)も見られた。
 帰りには,道路脇にシャリンバイが花を咲かせていた。私にとっては,4度目のシャリンバイ。このシャリンバイの名前の由来が,私の好奇心をどれほどくすぐったことか・・。「花の白い5弁花がウメに似ていて,葉が車輪の車軸のように分岐している様子に由来してシャリンバイ(車輪梅)」脳裏から離れることはない思い出深い表現だ。

- 2011/12/24
昔の町並みと共に歩むセンダン【倉敷市 美観地区】
 広島での家族旅行の帰りに,倉敷市の美観地区に立ち寄った。昔ながらの本瓦や土蔵で作られた白壁の建築物は,江戸時代からの商人の町並みを感じさせる。一方で,洋風建築のモダンな美術館や建物もあり,江戸時代の建築物と融合して,独特の魅力が表現されている。
 町並みの情緒を一層引き立てるかのように,倉敷川沿いにはシダレヤナギが並んでいる。その中にあって,大地を支えるかのようにそびえ立つ大きなセンダン。どっしりとした姿は商人たちの活気や勢いにも思われ,風情ある情景に力強さを与えていた。びっしりとついた実の多さは,子どもの成長や安産を祈願する象徴にもなり,いつ見ても心地よい。美観地区のセンダンは,昔の町並みと共に,景観として人々を潤してくれる素晴らしい樹木だ。