- 2011/11/18
紅葉・黄葉まじりのケヤキ並木【大阪市中央公会堂付近】
 県外出張で大阪に訪れた。御堂筋線の淀屋橋駅で降りて,大阪市中央公会堂に向かうまでのケヤキ並木の美しさに,一瞬で心を奪われた。すっかり紅葉したものもあれば,薄黄色に色づく黄葉したもの,薄緑色をしたもの等,様々な色合いをしたケヤキ並木。そのそれぞれの色合いが,見事なコントラストを成していて美しかった。
 徳島に,このようなケヤキ並木はなぜか無い。ケヤキ並木は,東京や大阪などの都会に多い。ケヤキ並木を急ぎ足で歩く大人の姿が目立ち,時間に追われているように感じられた。ケヤキ並木通り,いろいろな年齢・立場の人が,この場所で一度立ち止まり,己の人生を見直す場にしてほしい。ケヤキの「樹形ほうき」のラインの美しさ,そして前向きさに励まされた3年前の自分をなつかしく思い出している・・・。

- 2011/10/30
開花を間違えたソメイヨシノ【文化の森総合公園】
 10/10(月)の体育の日,文化の森総合公園に行ってみると,なんとソメイヨシノが開花をしていた。翌日の新聞やニュース番組でも,『季節外れのサクラの開花』が取りあげられていた。報道では,「台風上陸により葉が落ちて,寒い日の後に暖かい日が続いたため,花芽が春が来たのではないかと勘違いした」としている。
 考えてみれば,四季がはっきりした日本は,春のサクラの開花が当たり前のように思われている。しかし,9・10月になっても夏日のような気温の日がある昨今の状況から見ると,そこに台風の強風による落葉,一時的な冷え込み,その後に生まれる気温差から,こういった季節外れの開花が起きてもおかしくはない。
 季節外れの開花が例年となってしまえば,春の樹木の中でも,どの樹木が開花しやすくどの樹木は開花しにくいという視点が,研究として成り立ってしまう。おもしろい研究だとは思うが,そういう季節感が曖昧になるような日本であってほしくないと思うのは,私だけだろうか!?

- 2011/07/23
夏休みの自由研究【徳島市内4ヵ所】
 娘の夏休みの理科の自由研究として,徳島市にある巨樹を調べることにした。巨樹と言っても認定されているような樹木ではない。今まで見てきた中で,印象深い4種類の大きな樹木(ケヤキ・ムクノキ・エノキ・クスノキ)について,改めて現地に行って観察し,「樹形」「樹皮」「幹の太さ」「葉」の4つの視点から,特徴や違いをまとめていく自由研究だ。今回は,次のような視点を意識している。
 @ 徳島市という地域性を自由研究の要素として取り入れる。
 A 「樹形」「樹皮」「幹の太さ」の視点が,小学生の学びとしてどれぐらい有効かを探る。
 徳島市内だけの移動にもかかわらず,40〜50km程度の走行距離の移動となった。暑さが照りつける中,スケッチしたり,幹回りの太さを測ったり,デジタルカメラで記録写真を撮ったり,葉を集めたりと,観察項目をこなしていくだけで精一杯だったが,充実感いっぱいの1日となった。

- 2011/03/18
赤い若葉と一緒に開花するヤマザクラ【徳島植物園】
 3月も中旬を過ぎ,少し暖かくなってきたと思っていたのがつい先日だったように思う。そんな折,とくしま植物園では,ヤマザクラが次々に開花し始めていた。
 開花し始めたころのヤマザクラはたいへん美しく,「豊臣秀吉が奈良の吉野でこよなく愛したサクラ」という言葉に見劣りしない風情をしっかり感じさせてくれる。ヤマザクラの花びらはピンクと言うよりほぼ白色だが,花びらと同時に展開している若葉の赤さが,花びらをピンク色に思わせてくれる。
 私は,ヤマザクラだけを考えると,花びらよりもこの赤い若葉の方に殊勲賞をあげたくなる。

- 2011/01/02
食べられるイヌマキの実【城南高校】
 母校である城南高等学校を訪れた。だいぶ前に校舎が建て変わったのは目にしていたが,実際に敷地に足を踏み入れたのは,高校卒業以来である。私が在学時のときとは,様子が変わっていて,たいへん近代的な印象を受けた。
 その城南高校の敷地に植わっていたイヌマキが,実をつけていた。イヌマキは雌雄異種で,雌株しか実をつけない。その雌株についていた実は,ほぼ球形をした青い実と細長い赤い実が1組の串団子になっていた。正確には,青いのが実で,赤い方は花托(花柄の先端)のようだ。
 一緒にいた父親が「昔は, この実をよく食べていたんだよ。最近, あんまり見ていなかったな」と言いながら, 赤い花托の部分が食べられることを教えてもらった。ブニュとした触感にやや違和感はあったが,甘くて十分に食べられる味であった。ちなみに,青い実は有毒なので間違っても食べないように気をつけなければいけない。

- 2010/11/07
ネイチャーゲームを通して【文化の森総合公園】
 ネイチャーゲーム協会が主催しているネイチャーゲーム大会に,家族で参加させてもらった。簡単なゲームの中にも,子どもたちが伸び伸びと活動し,優しい気もちで自然と触れあえるような工夫が凝らされていた。
 「ジャンケン落ち葉集め」では,参加した他のメンバーとのジャンケンを通して触れあいながら,自然の落ち葉を集めるというシンプルなゲームであった。最後に,集めた落ち葉を大きな台紙に仲間分けする活動が,おもしろかった。春には一番の主役だったサクラ,半分紅葉していたエノキ,茶色になって落葉していたケヤキなど,それぞれが自分らしさを表現していて,冬にむかう寂しさをかき消すような仲間たちの集合であった。
 「ごちそうはどこだ?」は、2グループが相手グループに見つからないように,一定範囲内にマテバシイのどんぐりを隠すゲーム。リスになったつもりで,冬越しするためのえさを隠す設定が,子ども心をくすぐる。相手グループの隠したどんぐりを探した後,見つけられなかった自分たちが隠したどんぐりをもう一度探すが,見つからないのがある。そこで,「見つからなかったどんぐりは,どうなると思う?」と質問。他の動物や虫のえさになる,発芽して木に成長していくなど,命の連鎖・連続性を明確に答える子どもたち。活動を通して考える意義は大きい。
 電子レンジで温めたマテバシイのどんぐりやシイの実(スダジイ・ツブラジイ)を食させていただいたのも貴重であった。稲作が始まる縄文時代,人間がこれを主食にしていたのもうなずける。
 最後に,自分が大好きだと思うものを絵にして,何が大事かを絵に表現した。家族そろって絵が下手でどうしようもないが,妻が描いた『アラカシのどんぐり4人家族』(真ん中の写真)が,妙に心に残った。家族こそ,何よりも大切にすべき幸せの原点であることを、どんなときも忘れてはならないだろう。

- 2010/10/29
越冬していきそうな蛹【卵から飼育しているナミアゲハ】
 卵から飼育しているナミアゲハの蛹に,羽の模様が浮かび出てきた(写真:左)と思ったら,その日のうちに羽化してしまった。残念ながら,羽化する瞬間は見過ごしてしまったが,蛹から羽化までの日数はちょうど2週間ぐらいだった。やはり涼しくなると,羽化までの日数はだいぶかかるようだ。
 その蛹が羽化する少し前ぐらいに,別のナミアゲハの幼虫を見つけ飼育していると,すぐに蛹になった。色は茶色で,蛹になってからもう4週間ほど経つのだが,今のところ羽化する気配は全くない。外温が低すぎるので,羽化せずに越冬していこうとしているのだろうか。
 越冬した蛹が,来年の春の蝶になるのだと思うと,生命をつなげるリレーがしっかり営まれていることを感じる。

- 2010/09/25
5齢幼虫から6日間で蛹に!【卵から飼育しているナミアゲハ】
 5齢幼虫になったナミアゲハの幼虫が6日間で,蛹になった。蛹は,緑色型と茶色型の2種類があり,蛹化した場所の周囲の色によって決まるようだが,私の家の蛹は,採取したみかんの木の枝で蛹になったので,緑色型である。
 蛹の腹部のあたりが緑色の体色に黄色の模様が入っている。これが羽化したときの翅の黄色い部分なのかなと思っている。8月に蛹になったキアゲハは,羽化するまで10日間ほどだったが,9月下旬になり,室温もだいぶ下がってきたので,羽化するまで2週間ほどかかるのではないだろうか。羽化する瞬間を目にできれば,嬉しいのだが・・・。
                                   (※写真は,蛹になって2日目の状態)

- 2010/09/21
5齢幼虫まで見事に育った【卵から飼育しているナミアゲハ】
 8月から9月に,我が家のみかんの木には,ナミアゲハの卵が数えきれないくらい産みつけられている。今年は例年と比べて残暑が厳しく長いため,9月になってもナミアゲハが8月と変わらないほどの数が飛んでいる。
 9月初旬に,ナミアゲハの卵がたくさんついているみかんの木を一枝採り,飼育してみることにした。その一枝にはたくさんの卵がついていたので,当初はたくさんふ化すると思っていたが,1匹しかふ化しなかった。真っ黒になっていた卵のほとんどはタマゴバチの仲間に寄生されていたのかもしれない。若齢幼虫のときは真っ黒で,とてもナミアゲハとは思えなかった幼虫も,日を追うごとに体に白みが出てきて,4齢幼虫の脱皮で,見事な5齢幼虫に育った。
 飼育して初めて分かることは,幼虫の段階においても著しい変化・成長があるということ。このナミアゲハの幼虫を,なんとか成虫まで育ててあげたい。

- 2010/08/30
ナミアゲハの集団【家の畑】
 午前中,整地された家の畑に,ナミアゲハの集団(10頭ほど)が集まっていた。ここの畑は,ちょっと前まで夏野菜を育てていたが,次の野菜を育てる準備として,牛糞を入れて整地したばかりの場所である。
 ナミアゲハの様子を見ていると,その牛糞の部分に降りて,何かを摂取しているようだった。この行動は,牛糞に含まれる栄養分を摂取していたのか,それとも土に含まれる水分を吸水していたのか,私には判断がつかなかった。ただ,これだけの数のナミアゲハが集まるということは,それだけの魅力があるということ。浜辺で集団吸水をすることはあるだろうが,家の畑でこれだけのおびただしい数の蝶を見たのは初めての経験で,驚きの光景だった。