HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

押し葉作り 活動手順 押し葉作り 押し葉作り 活動手順
←準備するもの              〜 活動手順 〜                仕上がり→
   

 1. 「押し葉」にしたい緑の葉や枯れ葉を集める。
   枯れた落ち葉を使う場合は,バケツに入れた水に数時間〜半日ぐらいつけておく。

 2. 葉を,新聞紙と新聞紙の間に置いて挟む。【 写真@参照 】
  挟んだ葉を板と板の間に置いて挟む。
  挟んだ新聞紙の上下に,さらに別の新聞紙を付け加えると,葉の水分が乾燥しやすい。
   板の上に体(全体重)を乗せた状態で,ゴムを巻いていく。体重を乗せたままゴムを巻いて
  いくことに意味がある
ので,少し大変だが,ここで絶対に妥協しない。 【 写真A参照 】
   できたものは日の当たるところに置く。この通りできていれば,板の上におもしは要らない。 
    * 板と板の間に置く葉っぱを挟んだ新聞紙は,5〜6セット置いても大丈夫。
    * 常緑の葉と落ち葉の枯れ葉は,分けて作業する方がよい。

 3. 最初は1日おきに,数日経過したら2日おきぐらいに,新聞紙を新しいものに交換して,
  2の作業を繰り返す。  

 4. 十分に葉の水分が抜けているかどうか確認しながら,枯れ葉であれば1週間程度,
  緑の葉であれば2週間程度経過したら,葉を取り出す。

 5. 4で取り出した葉をスケッチノートに液状のりを使って貼っていく。
   このとき,葉には絶対に液状のりをつけない。画用紙もしくは不要なはがきを,
   できるだけ細く切ったものを,葉先と葉柄(葉柄が短い場合は,葉の基部)に
  液状のりを使って慎重に貼る。【 写真B参照 】
   * スケッチノートは表側のみを使い,裏側は使用しない。

 6. 最後に,それぞれのページの紙の大きさに合ったトレーシングペーパーを保護する意味で,
  丁寧にのりで付けていく。 【 写真C参照 】  


写真@・・・「押し葉」にしたい葉を,新聞紙と新聞紙の間に挟む様子
葉を新聞紙に挟む様子 写真
葉を新聞紙に挟む様子 写真

写真A・・・新聞紙を板に挟んで,ゴムを巻いていく様子
新聞紙を板に挟んでゴムで巻く様子 写真
新聞紙を板に挟んでゴムで巻く様子 写真
新聞紙を板に挟んでゴムで巻く様子 写真
新聞紙を板に挟んでゴムで巻く様子 写真

写真B・・・押し葉をスケッチノートに貼ったもの
押し葉をスケッチノートに付けた写真

写真C・・・それぞれのページに押し葉を保護するトレーシングペーパーを付けたもの
スケッチノートにトレーシングペーパーを付けた写真