HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

葉っぱのシルエット写し 活動手順 葉っぱのシルエット写し 葉っぱのシルエット写し 活動手順
←準備するもの              〜 活動手順 〜                仕上がり→
    

 1. 常緑の葉っぱをコピーする。このとき,葉っぱの裏側を下にしてコピーする。
  こうすることで,鋸歯だけでなく主脈や側脈のラインが出やすくなる。【 写真@参照 】
   コピーは写真設定がある場合,写真設定の方がきれいに出たような気がする。
  濃さについては,葉っぱそれぞれの脈の濃さに応じて臨機応変に設定するのがよい。
    * 同じ種類もしくは脈の濃さが
似ているものを1セットにしてコピーする方がよい。

 2. 1でコピーした紙に,トレーシングペーパーをあてて,2〜3箇所クリップで止める。
   2B〜4Bの鉛筆で,葉っぱのラインを模写するように丁寧になぞっていく。
    * なぞるときは,見えないあやふなラインはなぞらない。それをなぞってしまうと,
     活動そのものがシルエット写しではなく絵画になってしまう。
     あくまでも,はっきり見える範囲でなぞっていくことが大切!【 写真AとB参照 】

 3. 2で写しとったトレーシングペーパーをコピーする。このコピーは,通常設定のままでよい。  

 4. 3でコピーした紙に写っている葉っぱのシルエットを,少し余白をとるような感じでゆっくり
  はさみで切り取る。

 5. 4で切り取った葉っぱのシルエットを,台紙(スケッチブックやノートなど)にスティックのりで
  貼っていく。

葉っぱをコピーした紙の写真
写真@・・・葉っぱをコピーした紙(コピーした後に,葉っぱの名前を書いておくと分かりやすい)
葉っぱをコピーした紙にトレーシングペーパーをあてた写真
写真A・・・写真@に大きさの合ったトレーシングペーパーを当てた状態
葉っぱのラインを鉛筆でなぞる写真
写真B・・・濃いラインになるように,見える線だけをゆっくり丁寧になぞっていく。