HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ 家の庭木 アラゲハンゴンソウ
←アセビ                【 キク科 オオハンゴンソウ属 】                イヌマキ→


 毎年,7月から8月上旬になると,アラゲハンゴンソウの花のがヒマワリのような勢いで家の花畑に登場してくる。大きな花弁をもつ黄色のキク科の花,帰化植物らしく茎や葉に荒々しい毛をつけた姿は,夏を楽しんでいるほどの勢いさえ感じさせる。

 北アメリカ原産で,名前は山野のやや湿り気のある草地に生えるハンゴンソウに似て,茎や葉にかたくて荒々しい毛が生えていることに由来して,アラゲハンゴンソウ(荒毛反魂草)である。
 
ハンゴンソウ(反魂草)は,鋭くとがった縁に鋸歯のある葉の形が,人が手招きする手に見え,死者の魂を呼び戻す意味の「反魂」に重ねたことに由来しているようだ。

 似たものに同じ北アメリカ原産のオオハンゴンソウ(大反魂草)があるが,筒状花が黒紫色のアラゲハンゴンソウに対して,黄緑色をしているので,注意すれば簡単に区別できる。また,オオハンゴンソウの下部の茎の葉には柄があり,深く5〜7裂することも知っておきたい。

 ハンゴンソウの名前の由来を知ったとき,「死者の魂を呼び戻す」というあたりは,やや不気味な感じがしてしまった。しかし,日射病にでもなってしまいそうな暑い夏には,そういった肝を冷やすようなひんやりする話もいいかもしれない。

アラゲハンゴンソウ 写真
アラゲハンゴンソウ 写真
アラゲハンゴンソウ 写真
アラゲハンゴンソウ 写真
アラゲハンゴンソウ 写真
アラゲハンゴンソウ 写真
アラゲハンゴンソウ 写真
アラゲハンゴンソウ 写真