HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 ビワ ビ ワ 家の庭木 ビワ
←ヒノキ                       【 バラ科 ビワ属 】                 フクロナデシコ→


 私の家には,3本ほどビワの木が植えられている。毎年,5月の下旬〜6月ぐらいに実を収穫している。

 5月の下旬,父親からビワの実が鈴なりに成っている知らせを聞き,妻や子どもたちと一緒に駆けつけてみると,数えきれないぐらいの実が成っていた。胸をはずませながら,はしごを持ってきて,日当たりのよい上の方の濃くオレンジに熟している部分から,房ごしに手でもぎって実を採っていった。
 
 私たちが食べているビワは,ほとんどが茂木(もぎ)か田中という品種で,次のような言われがある。
 ○ 「茂木」は,江戸時代に中国から渡来した種子をもとに,長崎県の茂木でさかんに栽培された。
 ○ 「田中」は,明治時代に田中芳男という人が長崎から東京へ持ち帰った種子から育成された。

 私の家のビワが何かは分からないが,家族全員ビワが大好きだ。食べるときには,ビワの実を一口でほおばり,口から大きな種を出す我が家で「ビワの種出し」と呼ぶ行為をいつも楽しんでいる。

 ビワを採りながら思ったのだが,私もいい年を迎えている。定年を過ぎた父親が作っている野菜や果実類を収穫するときだけ,張りきっているようではいけないと。少しずつ教わりながら,野菜作りや果樹栽培の管理に目を向けていってもよい時期なのかもしれない。

ビワ 写真
ビワ 写真
ビワ 写真
ビワ 写真
ビワ 写真
ビワ 写真