HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 フクロナデシコ フクロナデシコ 家の庭木 フクロナデシコ
←ビ ワ                     【 ナデシコ科 シレネ属 】                  ホルトノキ→


 4月下旬,花壇に明るくおもしろい花が姿を見せてくれた。鮮やかなピンクをした切れ込みのある5弁花はプロペラをのようだった。そして,花の萼につける大きくふくれあがった膨らみを花弁と合わせて横から見ると,ヘリコプターのように思えて,おもしろかった。

 遠目から一見すると,いつものようにムシトリナデシコが勢いを見せ始めたなと思いがちだが,花色や花の形,花のつかせ方,葉の様子など,あらゆる面が異なる。花期も1ヵ月ほど早く,それは周りにムシトリナデシコが花をつけてない草本として,背丈を伸ばし始めている事実からも感じられた。

 地中海沿岸原産の植物で,名前は開花後に萼がふくらんで袋状になるところに由来して,フクロナデシコ(袋撫子)である。別名では,サクラのような花をつけ萼に袋をつける特徴をもったマンテマに似ていることから,サクラマンテマとも呼ばれている。ちなみにマンテマとは,帰化植物のマンテマが渡来したときの名称「マンテマン」が省略されたことが語源らしい。

 花言葉は,ムシトリナデシコと似ていて「偽りの愛,未練,しつこさ」のようだが,もう少しプラスの面からフクロナデシコを見てあげたい。「サクラが散り晩春を終え初夏にむかう時期に咲く,どこか春を惜しんでいるフクロナデシコ」というのはどうだろうか。

フクロナデシコ 写真
フクロナデシコ 写真
フクロナデシコ 写真
フクロナデシコ 写真
フクロナデシコ 写真
フクロナデシコ 写真