HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 キバナコスモス ギボウシ 家の庭木 キバナコスモス
←キバナコスモス              【 ユリ科 ギボウシ属 】                   キンカン→


 7月,家の自転車置き場の近くに場所で,花をつけていたギボウシ。卵状で楕円形をした大きな葉が地際に集まって放射状に茂り,その隙間から長い花茎を伸ばして,薄紫色の花をつけていた。花言葉「静かな人」は,心穏やかに過ごすことを目標にしている私には,ぴったり合う言葉だった。

 名前は,花の蕾が橋の欄干(手すりのこと)に付けられている玉ねぎの形に似た装飾物である擬宝珠に似ていることから,ギボウシ(擬宝珠)である。江戸時代の中期から後期にかけて,オランダ商館の医師として日本に滞在していたシーボルトが帰国するときに,この花を持ち帰り,ヨーロッパに紹介したとされている。

 ギボウシは東アジアに20〜40種ぐらいあるようで,山野に生えて葉が大きいとされるオオバギボウシ(大葉擬宝珠),やや細長い葉に白や黄白色の筋模様が不規則に入るスジギボウシ(筋擬宝珠)を始めとして,それなりに知識がないと,見分けができないことを感じさせられる。

 以前から,ギボウシが家にあることは知っていたが,単身赴任をして,カンザシギボウシ(東祖谷ではイヤギボウシと呼ばれる。)のことを学ぶ中で,興味をもって見ることができるようになった。
 カンザシギボウシは,花が花茎の先端に集まる姿が簪(かんざし)に似ていることが由来。花の付き方もギボウシとは異なるが,花色も紫色の濃さがギボウシよりは濃い点が異なる。
 人間,何かのきっかけがなければ学べない弱さがある。そのきっかけを義務と思うか,チャンスと思うか,1つ1つは小さなことだが,それが散り積もっていくと人間としては大きな違いになるだろうなあ・・・。

ギボウシ 写真
ギボウシ 写真
ギボウシ 写真
ギボウシ 写真
ギボウシ 写真
ギボウシ 写真
ギボウシ 写真
ギボウシ 写真
ギボウシ 写真
ギボウシ 写真