HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 ハナスベリヒユ ハナスベリヒユ 家の庭木 ハナスベリヒユ
←パイナップルセージ         【 スベリヒユ科 スベリヒユ属 】              ハナズオウ→


 6月の下旬,母が楽しんでいる園芸植物の花壇にハナスベリヒユが植えられ,花を咲かせ始めた。少し前までは,ハナビシソウナガミヒナゲシムシトリナデシコ等が一面に咲いていた花壇だったが,花を終わらせるころになると,それらを刈り取ってハナスベリヒユを植えている。季節を振り返ってみると,いつも決まった花の移り変わりをしていることがよく分かる。

 名前は,スベリヒユを改良したもので花が美しいことに由来して,ハナスベリヒユである。
 ちなみにスベリヒユは,小さな黄色い花を咲かせる野草で,葉や茎は昔から食用にされていたようで,茹でるとぬめりが出ることから名前が付けられている。ハナスベリヒユは,一般的にはポーチュラカとして覚えられていて,ポーチュラカは「乳をもつ」という意味のラテン語に由来し,茎や葉を切ると乳汁が出ることに由来している。ポーチュラカも,やはりスベリヒユ属らしいネーミングだと感じさせられる。

 原産地は南アメリカで,乾燥に強くて真夏の花壇やプランターを覆うように広がって育ち,白・黄・オレンジや赤,赤紫など様々な花色で楽しませてくれるハナスベリヒユ。花言葉の「いつも元気」は,夏の暑さにも負けずに育つこの花にぴったりの特徴を表していると感じる。

ハナスベリヒユ 写真
ハナスベリヒユ 写真
ハナスベリヒユ 写真
ハナスベリヒユ 写真