HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 イヌマキ イヌマキ 家の庭木 イヌマキ
←アラゲハンゴンソウ             【 マキ科 マキ属 】                     ウコン→


 10月に入ると,剪定バサミを手にイヌマキの剪定の仕事を行う父親・母親の姿が,恒例になっている。私も当然手伝ったことはあるが,本腰を入れると骨が折れる作業だ。年老いてきた両親の活動ぶりを見るにつけ,もうそろそろこの作業もやっていかなければと思いつつ,できていないのが現状である。

 名前は,同じスギ科のコウヤマキを「本槇」としていて,そのコウヤマキに比べると,材が劣るため「犬」をつけイヌマキ(犬槇)と言われる。しかし,樹木の名前を調べていると,イヌ〜という名前が非常に多い。そして,いつもその説明を読んでいると,「〜に比べ,〜が劣っているため,犬をつけ・・・」という文言。昔,犬はそんなに毛嫌いされていたのだろうか。疑問の1つだ。

 イヌマキは雌雄異種で,雌株しか実をつけない。雌株についていた実は,球形をした青い実と細長い赤い実が1組の串団子になっていた。正確には,青いのが実,赤い方は花托(花柄の先端)になる。
 父親から「昔は,この実をよく食べていたんだよ。最近、あんまり見ていなかったな」と,赤い花托の部分が食べられることを教えてもらった。ブニュとした触感に違和感はあったが,甘くて十分に食べられる味だ。ちなみに,青い実は有毒なので間違っても食べないように気をつけなければいけない。

  私の家には,一本木としてそびえ立つものもあるが,垣根として植えているものも多い。ちなみに,玄関に通じる入り口には,道路側から見て左側にイヌマキの垣根,右側にイヌマキに比べると葉っぱがひと回り小さいラカンマキの垣根が植えられている。

イヌマキ 写真
イヌマキ 写真
イヌマキ 写真
イヌマキ 写真
イヌマキ 写真
イヌマキ 写真