HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 カキノキ カキノキ 家の庭木 カキノキ
←オランダカイウ               【 カキノキ科 カキノキ属 】               カラタチバナ→


 言わずと知れたカキノキ。庭や畑などによく植えられ,果実は秋の味覚を代表する1つに挙げられる。私の家にも,父親が育てているカキノキが何本か植えられている。幼少時に,この木で木登りをしたのだが,枝が折れ落ちてしまった経験がある。カキノキの枝が折れやすいことを印象づける苦い経験だ。

 日本原産の果樹と思われがちだが,日本では化石が知られておらず,奈良時代以前の遺物も少ないため,古くに中国から渡来したものだという説が有力である。一般には,実が甘いものを「甘柿」,渋いものを「渋柿」と呼び,渋柿は干し柿にして食べられる。ただ,カキは本来渋く,甘柿は日本に導入されてから品種改良されて作り出されたもので,本家の中国には甘柿はないようだ。

 柿渋(渋柿の汁を発酵させたもの)は,防腐用の塗料に使われるらしい。また,葉は「柿の葉茶」や「柿の葉ずし」などに使われ,果実と同様に人々に親しまれている。
 カキノキは田舎に行けばどこにでも見られ,人間の生活と深く密着している。この果樹を見ると,人のぬくもりのようなものを感じる。私が県外で暮らしているときに,よく両親がカキノキを段ボールにどっさり入れ,送ってくれていた優しさを昨日のことのように思い出した。

カキノキ 写真
カキノキ 写真
カキノキ 写真
カキノキ 写真
カキノキ 写真
カキノキ 写真