HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 キンモクセイ キンモクセイ 家の庭木 キンモクセイ
←キンカン                 【 モクセイ科 モクセイ属 】                 クロマツ→


 キンモクセイは,私の家に3本ある。金と言う名前の通り,秋に金色の花を咲かせ,香水のような素晴らしい香りを漂わせてくれる。芳香で言えば,早春のジンチョウゲ・初夏のクチナシ,そして,秋のキンモクセイというところだ。特にキンモクセイは,小さな花冠が枝いっぱいにつくので,香りがまわり一面に広がっていく感じがある。

  モクセイとは“木犀”と書き,淡灰褐色の樹皮が動物のサイの肌に似ているからと言われている。かつては,キンモクセイが西日本の木,ギンモクセイが東日本の木と言われたそうだ。

  以前は,花の色の違いがキンモクセイとギンモクセイの区別点だったが,葉っぱのシルエット写しをしたときに,葉っぱの違いが歴然としていた。ギンモクセイは,キンモクセイよりも葉っぱの幅があり,細かな鋸歯が葉柄近くまであった。それに比べ,キンモクセイは,葉っぱの幅が狭く,形としては細長い感じである。また,鋸歯のある葉とない葉に分かれ,鋸歯のある葉は先の方に少し出る程度であった。
 同科・同属でも,どこかに樹木の個性が出ているものだなと印象深い思い出がある。

キンモクセイ 写真
キンモクセイ 写真
キンモクセイ 写真
キンモクセイ 写真
キンモクセイ 写真
キンモクセイ 写真