HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 ムギセンノウ ムギセンノウ 家の庭木 ムギセンノウ
←マンリョウ               【 ナデシコ科 ムギセンノウ属 】                モッコク→


 5月の中旬,花壇には毎年ながらヒメキンギョソウが咲き乱れていた。その隙間をかいくぐるように,ムギセンノウが優雅な感じで濃いピンクの花を咲かせ始めた。花には上品さもある。
 茎葉はやわらかなうぶ毛でおおわれて銀色がかった緑色をしていて,全体的に線が細くてやわらかい草姿だ。草丈を伸ばして成長する強健さは,ワイルドフラワーのもつ野趣的な雰囲気も彷彿とさせる。

 ヨーロッパ原産の草丈の高い植物。名前は,麦畑に生える雑草で,センノウに似ている花を咲かせることに由来して,ムギセンノウ(麦仙翁)である。ちなみにセンノウとは,かつて京都嵯峨の仙翁寺で栽培されていたことにちなんでいる。和名では,葉が麦に似て花がナデシコに似ていることに由来して,ムギナデシコ(麦撫子)の別名もある。花の色合いは,撫子の雰囲気が漂っている。
 別名としてのアグロステンマ・ギタゴは,ギリシア語の「agros(畑)」「stemma(王冠)」をもとに付けられた名前である。意味としては,「畑に美しく咲く花」になる。

 日本では切り花として普及しているが,原産地のヨーロッパでは畑に生える雑草としての扱いが強く,園芸的にはあまり栽培されていないという実情は,ヨーロッパに憧れをもつ日本人の気質が出ているように思えて仕方がない。

ムギセンノウ 写真
ムギセンノウ 写真
ムギセンノウ 写真
ムギセンノウ 写真
ムギセンノウ 写真
ムギセンノウ 写真