HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 ナガミヒナゲシ ナガミヒナゲシ 家の庭木 ナガミヒナゲシ
←トウジュロ                    【 ケシ科 ケシ属 】                      ナ ギ→


 3月下旬から5月,家の玄関を出たすぐの花畑や階段のコンクリートのすき間から,花をつける姿が目立っていた。道路のアスファルトの際のような入り込む隙がない場所にも生え,生育力は旺盛である。

 晩秋に発芽しロゼットで冬を越すナガミヒナゲシは,春になると花茎を伸ばしてくる。おもしろいのは,つぼみの時には下を向いているのだが、開花すると伸びあがって元気に上向きに咲く姿である。

 地中海沿岸からの帰化植物で,分布範囲を急速に広げているように思う。ヒナゲシにも似ているが,花の色が肌色を感じさせるようなサーモン色をしている。また,花弁にはしわが多い。
 名前は,長い花茎を伸ばして実をつけること,もしくは縦に長い実をつけることに由来して,ナガミヒナゲシ(長実雛罌粟)と呼ばれている。ヒナゲシの「雛」は小さくてかわいい様子を表し,「罌粟」は罌(もたい)と言われる液体をいれる口のつぼんだ甕(かめ)に似ていることを意味しているようだ。

 アグネスチャンの『ひなげしの花』という歌があることを教えてもらったので,実際に歌を聴いてみた。
「丘の上 ひなげしの花が うらなうの あの人の心〜」 純粋な歌詞と清らかな張りのある声は,懐かしい感じがする。ヒナゲシが一面に咲く丘の光景は,青春の場所をイメージさせるのかもしれない。

ナガミヒナゲシ 写真
ナガミヒナゲシ 写真
ナガミヒナゲシ 写真
ナガミヒナゲシ 写真
ナガミヒナゲシ 写真
ナガミヒナゲシ 写真