HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 ナワシログミ ナワシログミ 家の庭木 ナワシログミ
←ナ ギ                     【 グミ科 グミ属 】                   ナンテン→


 この辺りでグミ科の中では,最もよく見られる。苗代(苗を育てる田んぼのこと)を作る春から初夏にかけてのころに果実が熟すので,ナワシログミと言われる。
  グミ科のものは,葉っぱも果実も特徴的だ。このナワシログミの葉っぱは細長く,表面はざらつきがあり葉縁は波打っている感じがある。裏面は銀白色になっているのが個性的だと言える。私が見た経験があるグミ科の葉っぱと比較するならば,ツルグミは葉っぱの表面のざらつきや葉縁の波打ちがほとんどなく,裏面の銀白色に少し赤みがかっている感じ。(それ以前にツルが出ているので,そこで分かります)マルバグミ(別名:オオバグミ)は,名の通り大形で丸みがある。果実は楕円形のものが多く,つぶすとぶにゅぶにゅした粘りのある液を出す。
  お菓子で「○○グミ」と言うものを見たことがあるが,きっとあの粘液の様子から菓子名がつけられているのではないかと思う。

ナワシログミ 写真
ナワシログミ 写真
ナワシログミ 写真
ナワシログミ 写真