HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 オランダカイウ オランダカイウ 家の庭木 オランダカイウ
←オモト                  【 サトイモ科 オランダカイウ属 】                カキノキ→


 私の家の敷地には,毎年5月下旬くらいからオランダカイウが花をつける場所が2箇所ある。
 1つは,我が家ではお馴染みのホルトノキの幹の横,もう1つは,数本あるカキノキの幹の横だ。いずれもが,樹木の陰になるような場所に生育していて,湿地を好む栽培植物になる。

 原産地は南アフリカで,この花がヨーロッパに紹介されたのは,1761年という記録が見られた。名前は,オランダから伝わった海芋(「海外の芋」という意味)ということに由来して,オランダカイウ(オランダ海芋)である。
 園芸用語としては,カラーという言葉で馴染まれている。カラーという名前は,「美」「美人」を意味するギリシャ語からきている。
葉の斑入りのものや種類も豊富で,オーソドックスな花色は白だが,花色がやや黄色味をしているキバナカイウというのもあり,キバナカイウは畑地性という違いもある。

 白い部分は花を包んでいるもので,サトイモ科特有の「仏炎苞(ぶつえんほう)」という部分である。花茎を伸ばし出し,純白の仏炎苞をラッパ状に上向きにつける。真ん中にある直立した黄色い部分は,小花の密生する肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)である。
 純白なオランダカイウの花言葉は「乙女のしなやかさ」で,その清楚な美しさには多くの人が魅了されている。切り花やブーケにも使われ,年々人気が高まっているのではないかと感じている。

オランダカイウ 写真
オランダカイウ 写真
オランダカイウ 写真
オランダカイウ 写真
オランダカイウ 写真
オランダカイウ 写真