HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 シモツケ シモツケ 家の庭木 シモツケ
←シキミ                   【 バラ科 シモツケ属 】                    シラン→


 発見地である下野国(しもつけのくに→現在の栃木県)に,名前が由来しているようだ。日当たりの良い場所に稀に見られる低木である。
 初夏に一斉に,淡紅色の小花を数多くつける。5枚の花弁に長く突き出た雄しべが印象的である。
「花が霜のようにつくからシモツケ」と言う馴染みやすい由来も聞いたことがある。きめ細かにびっしりとついている小花の様子は,確かに霜をイメージさせる。
 近縁種では,シモツケソウ(下野草)とトサシモツケ(土佐下野)がある。シモツケソウは,シモツケより大型で山野に生えるらしい。文献の写真を見ると,葉っぱが掌状に分裂している点がシモツケとは異なる。トサシモツケは白い花で,文献の写真で見ると,少しコデマリに似ているように思えた。高知県や徳島県の川岸に自生するようなので,またどこかで出会いたいと思う。
 このシモツケの花の色を見て思ったのだが,全体として季節によって花の色の移り変わりがあるのではないだろうか。初春にはマンサクやミツマタの黄色,春にはコブシやユキヤナギの白色,そして初夏にはシモツケのようにうすい赤。花の色合いに季節を感じることで,豊かな顔や表情を見せてくれる樹木たちに改めて感謝の気持ちが生まれてくる。
 「休みの日に,娘と一緒にシモツケの花を手に取り花瓶に飾ってあげよう。」
花が好きな娘の喜んだ顔が,目に浮かぶ。

シモツケ 写真
シモツケ 写真
シモツケ 写真
シモツケ 写真
シモツケ 写真
シモツケ 写真