HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 シレネ・カロリニアナ シレネ・カロリニアナ 家の庭木 シレネ・カロリニアナ
←シラン                     【 ナデシコ科 シレネ属 】                   スイセン→


 4月下旬,花壇に毎年どこかで見かけるような花だが,名前が分からない花が咲いていた。印象としては,小さめのニチニチソウといった感じ。調べてみると,シレネ・カロリニアナという名前。私には,この花がサクラソウムシトリナデシコを足して2で割ったような花に思えて仕方がない。
 サクラソウは花弁の雰囲気,ムシトリナデシコは細長い萼の雰囲気がそれぞれ似ている。

 北アメリカ東・中部原産の植物らしい。名前のシレネは,ギリシア語のシャロン(sialon:唾液)に由来する説とギリシア神話のシレヌスが泥酔して泡を吹いた様子に由来する説があるが,いずれもねばねばした分泌物を茎から出すことを表現している。
 カロリニアナの由来は全く不明だが,個人的な推測でカロリン諸島(西太平洋 ミクロネシア南部にある諸島)にあるカロリニアナ人が日本に持ちこんだとしておきたい。


 雄花・雌花・両性花の3種類があるらしく,確かに花をよく見ると,雄花は花先に葯をつけ,雌花は短くすっきりした雌しべをつけ,両性花は綿をつけたモールのような花をつけていて,違いがよく分かる。
 3種類の花をつける特徴はおもしろく,中でも雄花が少なかったのは印象的だった。

シレネ・カロリニアナ 写真
シレネ・カロリニアナ 写真
シレネ・カロリニアナ 写真
シレネ・カロリニアナ 写真
シレネ・カロリニアナ 写真
シレネ・カロリニアナ 雄花 写真
特徴的な細長い萼
雄 花(葯をつける)
シレネ・カロリニアナ 雌花 写真
シレネ・カロリニアナ 両性花 写真
雌 花(短くすっきりした雌しべ)
両性花(綿をつけたモールのような花)