HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 ウバメガシ ウバメガシ 家の庭木 ウバメガシ
←ウコン                    【 ブナ科 コナラ属 】                      オモト→


 背たけがあまり高くならないので庭木として,よく植えれるのを目にする。同じブナ科コナラ属のアラカシやシラカシの葉と比べると,葉は一番小さい。

  名前は,芽だしの色が茶褐色になることに由来して,姥芽(うばめ)である。
 バーベキューをするときに使われる備長炭には,火持ちのよいとされるウバメガシの材が使われているようで,こんな身近な樹木がそんなところで使われているとは,大変驚いた。

 アラカシやシラカシと同じカシ類と分類している本を見たが,どんぐりの形が決定的に違うのを覚えている。ウバメガシのどんぐりは,堅果(いわゆる実)の先の方に薄い毛が生えていて,ゆるやかに傾斜しながら尖っていたのをよく覚えている。また,殻斗(子どもたちが,どんぐりのぼうしと呼んでいる部分)が石畳状になっている点も,横じまが入るアラカシやシラカシと全く違っている。樹形や葉を見て,種を区別する自信がなかったときに,どんぐりを見て種を確認することもよくあった。
 ちなみに,幼稚園や小学生で,殻斗のことを「どんぐりのぼうし」と呼んでいるのを聞くが,「どんぐりの靴」と呼んだ方がいいような気がしてしまうのは,私だけだろうか。

ウバメガシ 写真
ウバメガシ 写真
ウバメガシ 写真
ウバメガシ 写真