HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 ワスレナグサ ワスレナグサ 家の庭木 ワスレナグサ
←ラカンマキ               【 ムラサキ科 ワスレナグサ属 】               アジサイ→


 4月中旬,色とりどりの花が庭を彩ってくれるこの時期,精神的な余裕のある休みの日には,花好きの母が言う園芸種の花の話に耳を傾ける。その中で,「これ何だったかな!?」と指さしながら,言った花に私の目が釘付けになった。すぐに,ワスレナグサだと分かった!
 それは,キュウリグサを子どもたちに教えるときには,同じ科でどの文献でも同じページに載っているということから,いつもワスレナグサの花を引き合いに出しながら,説明しているからだ。
 初めて知ったことは,ピンク色や白色の花色をしたワスレナグサもあるということ。

 名前は,ドイツの伝説に由来して,ワスレナグサ(勿忘草)である。その伝説とは,次の通り。
 『騎士ルドルフと恋人ベルタがドナウ川のほとりを散策していたとき,ベルタは川岸にかわいらしい花を見つけた。それに気付いたルドルフは手を伸ばしてその花を採ったが,足を滑らせて川に落ちてしまった。急流に流されるルドルフは花をベルタに向かって投げ,彼女に「私を忘れないで(forget-me-not )」と叫んで水中に没した。その花というのが,今日のワスレナグサである。』
 その後ベルタはその言葉を忘れず,ワスレナグサを一生髪に飾り続けたらしい。

 命を落とすことは,現代ではあってはならない悲しさを含んだ伝説である。しかし,花言葉の「真実の愛」からも分かるように,人を愛する気持ちの大きさを教えてくれるロマンチックな花である。

 植物学的な視点からは,ひとまわり大きい背丈をしたシノグロッサムの別名がシナワスレナグサ(支那勿忘草)であることを押さえておきたい。シノグロッサムも,どこか不思議な印象を与えてくれる花だ。

ワスレナグサ 写真
ワスレナグサ 写真
ワスレナグサ 写真
ワスレナグサ 写真
ワスレナグサ 写真
ワスレナグサ 写真
ワスレナグサ 写真
ワスレナグサ 写真