HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家の庭木 ヤツデ ヤツデ 家の庭木 ヤツデ
←モッコク                   【 ウコギ科 ヤツデ属 】                 ヤブコウジ→


 お風呂場から見えるイヌマキの下が,私の家のヤツデさんの住み処である。花は11月ごろから咲き,花序は花柄から見ると円錐形を成している。花に雄花と雌花の区別はないが,最初は雄花(雄性期)で,時間が経つと雌花(雌性期)に変わるのがおもしろいところだ。

 名前は,掌状に分裂する葉の形を見立てて,八手(ヤツデ)としことに由来する。実際には,7〜11ぐらいに分裂している方が多い。別名は“天狗の羽団扇”(はうちわ)で,顔が赤く,鼻が高く,翼を持つ天狗の神通力の象徴とも言うべき羽団扇に似ていることに由来するのだと思われる。
  同じウコギ科のカクレミノも若木のうちは分裂する。こちらは「隠れ蓑」と言う身につけると姿を消すことができる天狗や鬼が使う想像上の蓑(昔の雨具の一種)のことで,その形が葉っぱに似ていることに由来しているようだ。

 このたぐいの葉は,難しい理屈をこねずに「天狗が手に持つ葉っぱだよ」「天狗が着ている服の葉っぱだよ」とか言って,子どもたちと一緒に遊びたい。
 
私の娘たちは,ヤツデの葉っぱが好きで,上の娘は「天狗の葉っぱだ!」と言って喜んで手にし,下の娘は「雨が降ったら,この葉を傘にしようかな!?」と言って頭の上にかぶせていた。

ヤツデ 写真
ヤツデ 写真
ヤツデ 写真
ヤツデ 写真
ヤツデ 写真
ヤツデ 写真
ヤツデ 写真
ヤツデ 写真
おしべが成熟して花粉を出す雄性期(ゆうせいき)の花