HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家から一歩出ると マツバゼリ マツバゼリ 家から一歩出ると マツバゼリ
【 セリ科 オランダミツバ属 】


 2012年の5月上旬ごろ,小学3年生の子ども何人かに尋ねられて,「たぶんそれは,秋に咲くコスモスの細い葉でしょう」と,誤った解釈で返答をしてしまったマツバゼリ。
 マツバゼリは,私の手持ちの本でよく使うものには載っておらず,ある方からいただいた『日本帰化植物』(北隆館)にのみ載っていた。まさに知っている人のみ知っているという草花ではないかと思っている。

 名前は,糸状の葉が松の葉に似ていて,セリ科の仲間であることに由来して,マツバゼリ(松葉競り)である。茎や葉を揉むと「セロリ」のような臭いがするらしく,実際に試してみると,確かに野菜のセロリに似た香りがした。
 熱帯アメリカ原産の帰化植物で,本州中部以西にかなり広く見られるらしい。その分布に漏れることなく,南国徳島の学校の校庭には所々に見られ,生育分布を毎年広げているのではないかと思われた。

 花はごくごく小さな白い花で,線香花火のように10個ぐらいが固まってつく散形花序といった感じ。ちなみに私は,この花を見て初めてコスモスではないと判断することができた。
 熱帯アメリカ原産とのことで,徳島では4月中旬すぎぐらいから見られたが,沖縄では2〜3月ぐらいに花を咲かせるらしい。地球温暖化が進み,マツバゼリが群生したり開花が早くなったりすれば,危機意識をもつべきだと感じている。

マツバゼリ 写真
マツバゼリ 写真
マツバゼリ 写真
マツバゼリ 写真
マツバゼリ 写真
マツバゼリ 写真
マツバゼリ 写真
マツバゼリ 写真