HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

家から一歩出ると ヤマボウシ ヤマボウシ 家から一歩出ると ヤマボウシ
モミジバフウ                 【 ミズキ科 ミズキ属 】                    ヤマモモ


 山や林に多く自生している。庭木や公園に植わっている木としては,同じミズキ科のハナミズキの方がよく見られるが,人気が高いのはヤマボウシだと思う。秋に熟した実は赤く,食べられるらしい。

 4枚の白い花弁のように見えるものは,花弁ではなく総苞(花の基部に生じる小型の葉)と言われる。このヤマボウシは,総苞の先が尖っていることや中央部にある花の集まった部分が,ハナミズキに比べると数が多く詰まっていることなどが特徴的である。また,どちらも葉は波打っていたが,波打ち方はこのヤマボウシの方が大きく,裏面に白っぽさがない(ハナミズキの葉の裏面はやや白っぽさが見られる)感じがした。
 ハナミズキに比べると,花が咲く時期はヤマボウシの方が少し遅い。

 花が白い頭巾(総苞)をかぶった坊主(法師)に似ていることから,山法師(ヤマボウシ)と呼ばれる。確かに,中央部の花の集まりは,縦に長くて坊主の頭をイメージさせるおもしろい形をしている。

ヤマボウシ 写真
ヤマボウシ 写真
ヤマボウシ 写真
ヤマボウシ 写真
ヤマボウシ 写真
ヤマボウシ 写真