HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

県外に目をやると 明石海峡公園 兵庫県淡路市 明石海峡公園(2010.6.6) 県外に目をやると 明石海峡公園


 2度めの明石海峡公園だったが,入場口に行ったときにはじめて,この日は特別なイベントがあることを知った。とても樹木を観察する雰囲気ではなかったので,やむなく行き先を淡路島公園に変更した。
 引き返す残念な気持ちを,入場口付近にあったフェイジョアとサラサウツギの花が癒してくれた。

                  フェイジョア 【 フトモモ科 フェイジョア属 】

 ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部など南米を原産とする実が食べられる食用の果樹。10〜11月に熟す実はパイナップルのような味と香があり,生で食べたり、ジャムやゼリーにして食べられるようだ。
 名前は,スペインの植物学者D.S. Feijoaの名前にちなんでつけられた。印象的だったのは,真っ赤な糸を束ねたように放射状に伸びたきれいな花の雄しべ。白みを帯びた紫色の花弁が地味だったためか,雄しべが非常に目立って鮮やかに感じられた。
 また,葉の裏面は柔らい短毛が密生していて,驚くほどくっきりとした銀白色であった。
フェイジョア 写真
フェイジョア 写真
フェイジョア 写真
フェイジョア 写真
                   サラサウツギ 【 ユキノシタ科 ウツギ属 】

 山野や庭木に見られる日本原産の八重咲のウツギ(空木)。
 名前のサラサ(更紗)とはインドの上質な布「sarsa」が語源で,鳥や花,人などの抽象的な連続模様のことを意味し,ここでは花の薄紅色と白が交じっている様子を表現していると思われる。
 鼻を近づけると,わずかに甘い香りがした。花弁の外側の薄紅紫色は,内側の白さを飾りつけしているようで,上品で美しい。また,花が下向きにつく姿は,しっとりとした落ちつきのある花に感じられた。
サラサウツギ 写真
サラサウツギ 写真
サラサウツギ 写真
サラサウツギ 写真
サラサウツギ 写真
サラサウツギ 写真