HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

県外に目をやると 淡路島公園 兵庫県淡路市 淡路島公園(2011.4.30) 県外に目をやると 淡路島公園


 2度目の淡路島公園。ヤマモモやマルバアオダモなどが花をつけているかと思えば,ノダフジは花序の基部付近だけが開花しているものが一部見られるぐらいで,残りのほとんどは蕾の状態であった。
 今回は,5月にむけて開花しようとしているムラサキハシドイ,冬芽が大きくなり新葉を出し始めているイヌエンジュが気になった。どちらも「やっと私の出番がきた」と,自分らしさが発揮できることを待ちに待っていたように思えた。

 ヨーロッパ原産の落葉中木であるムラサキハシドイ。
 名前は,日本に自生するハシドイ(丁香花)に似た紫色の花を咲かせることに由来している。ちなみに,ハシドイとは枝先に花が集まって咲く様子を「ハシツドイ(端集い)」と言い,そこから転訛したという説がある。別名の「ライラック」の方が親しみがあって,一般的にはよく知られている。
 
穂状の紅紫色の花は気品があって美しく,鼻を近づけると甘くてうっとりする芳香を漂わせていた。

 イヌエンジュ(犬槐)は初めて目にしたので,興味は強く抱いたが,やや戸惑ってしまった。
 一般的に「イヌ」が付くと,「役に立たないもの」の意味合いだが,イヌエンジュの場合は,中国から渡来したエンジュ(槐)に似ているが,別の樹木であることから「否ぬエンジュ」の意味合いとの説が強い。
 光に照らされ,金色がかって見える冬を越えふっくらとして膨らんだ冬芽。その冬芽から展開される銀白色の新葉の姿は神秘的で,生命の息吹の素晴らしさを感じるような美しさであった。
 
イボタノキに囲まれるムラサキハシドイ 写真
ムラサキハシドイ 写真
ムラサキハシドイ 写真
 紅紫色の花が気品があって美しく,よい香りのするムラサキハシドイ【 モクセイ科 ハシドイ属 】
イヌエンジュ 写真
イヌエンジュ 写真
イヌエンジュ 写真
イヌエンジュ 写真
新葉を展開するイヌエンジュ 写真
新葉を展開するイヌエンジュ 写真
ふっくら膨らんだ冬芽から銀白色の美しい新葉を展開するイヌエンジュ【 マメ科 クララ属 】