HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

県外に目をやると 北海道 札幌市・旭川市・美瑛・富良野 北海道 札幌市・旭川市・美瑛・富良野(2013.8.5〜8.8) 県外に目をやると 北海道 札幌市・旭川市・美瑛・富良野


 初めての北海道。最も印象的だったのは,徳島では全く目にしないシラカンバやナナカマド。
 シラカンバは,真っ白な樹皮でカバノキ属の樹木であることに由来するが,この樹木ほど北海道の涼しい高原のイメージを表現しているものはない
ナナカマドは,北海道では当たり前の街路樹で,樹形は背丈の低いケヤキのような感じがする。生木が堅くて燃えにくく,竈(かまど)に7度入れても炭にならないという名前の由来は,インパクトがある。

 他にも,アキニレの兄貴分のような存在で東日本の樹木を代表するようなハルニレ,ウラジロハコヤナギ(裏白箱柳)というポプラの仲間の別名をもったギンドロ(旭山動物園)などが見られた。カエデ類も多彩で,別名のネグンドカエデと樹名板に表示されていたトネリコバノカエデ(旭山動物園),天狗の持つ羽団扇に見立てたハウチワカエデ(旭山動物園),日本海側に自生し,翼果がブーメラン形かU字状となるヤマモミジ(富良野ファーム)など,興味がつきることはなかった。

 最終日に訪れた羊ケ丘展望台で見たシナノキやオオバボダイジュ,ミズナラなどの高さには驚いた。土地の広さから許されるのだろうが,高木が多くて樹木の規模の豪快さには圧倒される思いがした。そんな中でも,樹高のあるポプラ並木は,運手していると,道路がどこまでも続いていくような気持ちにさせられて,非常に心地よかった。
 
 草花では,北海道では当たり前らしいノラニンジンの花の白さが,暑い中でも涼しげな雰囲気を醸し出していた。8月だというのに今だにムラサキツメクサの花が見られたことは信じがたい事実であった。
 さらに,徳島ではギシギシが基本なのだが,エゾノギシギシが多く見られたことは,さすがに北海道の風土を感じずにはいられなかった。

 北海道への家族旅行を通して,たった4日間だけでも樹木や草花を通して,驚くほど自然や風土の違いを感じることができた。東日本の樹木や草花に対する憧れは高まるばかりだ・・・。
 
シラカンバの群生林 写真
シラカンバの群生林
シラカンバ 写真
ナナカマド 写真
シラカンバ【 カバノキ科 カバノキ属 】
ナナカマド【 バラ科 ナナカマド属 】
実をつけながら紅葉し始めるナナカマド 写真
実をつけながら紅葉し始めるナナカマド
 ハルニレ 写真
ハルニレ 写真
ハルニレ【 ニレ科 ニレ属 】
ギンドロ 写真
トネリコバノカエデ 写真
ギンドロ【 ヤナギ科 ハコヤナギ属 】
トネリコバノカエデ【 カエデ科 カエデ属 】
ハウチワカエデ 写真
ヤマモミジ 写真
ハウチワカエデ【 カエデ科 カエデ属 】
ヤマモミジ【 カエデ科 カエデ属 】
シナノキ 写真
オオバボダイジュ 写真
シナノキ【 シナノキ科 シナノキ属 】
オオバボダイジュ【 シナノキ科 シナノキ属 】
ポプラの並木 写真
ポプラの並木
ミズナラ 写真
ミズナラ 写真
ミズナラ【 ブナ科 コナラ属 】
ノラニンジン 写真
ノラニンジン 写真
ノラニンジン【 セリ科 ニンジン属 】
ムラサキツメクサ 写真
エゾノギシギシ 写真
ムラサキツメクサ【 マメ科 シャジクソウ属 】
エゾノギシギシ【 タデ科 ギシギシ属 】
家族写真
家族写真
時計台,羊ケ丘展望台,旭山動物園,富良野や美瑛の花畑を楽しみました!