HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

県外に目をやると 京都府立植物園 京都府京都市 京都府立植物園(2010.2.27) 県外に目をやると 京都府立植物園


 初めて京都府立植物園に行き,樹木の種類の多さには感激した。
 この植物園の素晴らしいところは,同じ科の樹木を,意図的に並べているところだ。キンモクセイの近くには,ギンモクセイ・ウスギモクセイ・ヒイラギモクセイ。シナレンギョウの近くには,チョウセンレンギョウなど。歩いて観察していくと,植樹を計画した方の学問的な見識が伺える。
 また,ブナ科の樹木も豊富であった。私が見ただけでも,アラカシ・クヌギ・アベマキ・マテバシイ・シリブカガシ・アカガシ・ナラガシワなどがあった。どんぐりが成るころは,必見の場所である。

 私が訪れたときにはウメ,カンザクラ,アンズ,シナマンサクなどが開花していた。
 最も心に残った樹木は,ナナミノキ(モクセイ科)である。雌雄異株で,ここにあったのは雄株だった。一見すると,葉がシラカシのように見える浅い鋸歯をもつが,厚さは無く薄っぺらい。花の時期になると,紫色の小さな花をつけるようだ。

 名前は,たくさんの美しい果実をつけることを美称した「七実の木」,実の形が他のモチノキ科に比べると細長いことから「長実の木」,枝を折ると斜めに裂けることをたとえた別名「ナナメノキ」など,由来の諸説がいくつもあり混乱してしまう。
 私が一番信頼したいのは,上の3つとは別の説で,美しい実が評判なことからついた「ナノミノキ(名の実の木)」が転訛した説だ。筑前国福岡藩の第10代藩主である黒田斉清(くろだなりきよ)の植物学の本に,そのように記されているらしい。江戸時代の教養人の考えだからこそ,信じてみたくなる。
 
ナナミノキ 写真
ナナミノキ 写真
ナナミノキ 写真
ナナミノキ 写真
シラカシに似た感じの葉をもつナナミノキ(樹皮は白っぽく平滑で,モチノキ科らしさがある)
アンズ 写真
アンズ 写真
開花し始めたアンズの花 (花がつくと赤いがく片が反り返る)
イスノキ 写真
イスノキ 写真
独特の虫えいをつけるイスノキの葉(昔,穴の開いたイスノキの実の笛で神を呼んだとか)
イチゴノキ 写真
イチゴノキ 写真
スズランやアセビに似た花をつけるイチゴノキ(白い花と赤い実が同時に楽しめる)
イチゴノキ 写真
ナラガシワ 写真
イチゴノキの実
ナラガシワの冬芽
ナラガシワ 写真
ナラガシワ 写真
ナラガシワの葉(長い葉柄・鈍角の鋸歯をもち,葉身の上部は底辺の長い二等辺三角形
カギカズラ 写真
カギカズラ 写真
葉腋【葉が茎に付着している部分】に,1個と2個の鉤(かぎ)が交互につくカギカズラ
カンザクラ 写真
カンザクラ 写真
早咲きのカンザクラ 【オオシマザクラとカンヒザクラ(寒緋桜)の交雑種】
シナマンサク 写真
シナマンサク 写真
黄色い4本の糸のような花弁をもつシナマンサク