HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

県外に目をやると 道の駅うずしお 兵庫県南あわじ市 道の駅うずしお(2010.12.4) 県外に目をやると 道の駅うずしお


 徳島という場所に住みながら,淡路島側から大鳴門橋の景色を見れる場所に行ったことがなかった。
  1度は行ってみたいと思う場所だが,「高速道路で大鳴門橋を渡ってまで,見に行く場所でもないか。」という思いと,いつでも見に行けるという安心感から,今まで足を運ぶに至らなかった。

 海岸沿いに植えられていた樹木は,アベリアトベラハマヒサカキシャリンバイサザンカなどだ。
 その中でも,私の目を引いたのはトベラの実であった。黄色い実から顔を出した赤い種子は,水飴をぬったような粘液でネバネバしていて,互いにひっつき合っているようで,特徴的だった。

 トベラは愛媛県のある地方では,イイムギシバと呼ばれているようだ。葉のついている小枝をとって,節分の晩に「いい麦,いい麦」と言いながら燃やす。トベラの葉は,ばりばりと音をたてて燃える。麦の豊作を祈って行われるその地方独特の伝統行事。戦後しばらくしてからは,米が主食になり,葉がほとんどなくなるぐらいのトベラを見ることもなくなったらしい。

 トベラは,節分の日に様々な地域で使われていて,人々の祈願がこめられた樹木だと感じる。


展望台から見た播磨灘 写真
 展望台から見た播磨灘(はりまなだ)には,風車とホテルのような建物が見えました!

夕日に照らされた淡路島 写真
 大鳴門橋の下側から見た淡路島は,夕日に照らされて美しかったです。

うずしお観潮船 写真
うずしお観潮船が,ちょうど大鳴門橋の下で旋回していました!

「道の駅うずしお」にあった案内図 写真
「道の駅うずしお」にあった案内図
トベラの実 写真
トベラの実 写真
トベラの実 写真
トベラの実 写真
海岸沿いにびっしり植わっていたトベラ(黄色い実から顔を出したネバネバした赤い種子)