HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

県外に目をやると 六甲山 兵庫県神戸市 六甲山(2010.6.27) 県外に目をやると 六甲山


 初めて足を運んだ六甲山。山頂にあるホテルに宿泊し,次の日,駐車場に行こうとすると,霧もや(前日は大雨)の中ではあったが,ヤマボウシが植わっており,びっしりと白い花をつけていた。
 庭木としてしか見たことのなかった私からは,山林の中にあるヤマボウシの花はたいへん幻想的で美しく感じられた。
 
 ハナミズキに比べると,花が咲く時期は遅いとは言え,もう6月も下旬になって,ヤマボウシの花が見れるとは思っていなかった。標高の高さから,ずいぶん涼しくはあったが,場所により花期が違うことをつくづく感じさせられる。

 「花が白い頭巾(総苞)をかぶった坊主(法師)に似ていることから,山法師(ヤマボウシ)」という名前の由来は,こういった山林で見てこそ,言葉が生きたものとして心の内面で感じられるものだ。

ヤマボウシ 写真
ヤマボウシ 写真
ヤマボウシ 写真
ヤマボウシ 写真
和の雑木として人気のあるヤマボウシ(樹皮は所々がうろこ状)