○ 8/25(金) 自由研究の広場徳島県の樹木【小6の自由研究作品を掲載。理科の自由研究に対してのサポートは,今年が最後。感慨深いもがあります。】
○ 8/ 1(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木ナツメを追加。淡い黄色の小花が終わり,かわいいどんぐりに似た実を付け始めていて,愛らしかったです。】
☆ 新年明けまして,おめでとうございます。2017年は,自分が樹木を学び始めたころの気持ちに立ち返って,謙虚に学びたいです。
○ 10/10(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木クズを追加。秋の七草の1つで,生命力があります。光の奪い合いに負けない生育力の強さには感心します。】
○ 8/21(日) 自由研究の広場徳島県の樹木【小5と中1の自由研究作品を掲載。今年は無理をせずにゆったりとした気持ちで,サポートしていきました。】
○ 8/21(日) 自由研究の広場徳島県の樹木【小5と中1が自由研究へ取り組む様子を掲載。子どもと共に過ごす少しくたびれる夏休みの思い出です。】
○ 8/19(金) 自由研究の広場徳島県の樹木【小学5年生の次女の「理科の自由研究」計画案,中学1年生の長女の「理科の自由研究」計画案です。】
○ 6/25(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ニワフジを追加。庭で咲かせる姿が美しく,フジの花に似ていることが由来です。イワフジとも呼ばれます。】
○ 5/ 5(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木クサノオウを追加。以前見たタケニグサの特徴に似ていたことから分かりました。愛嬌のある黄色の花です。】
○ 5/ 5(木) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ウワミズザクラを追加。晩春に,初夏が近づいてくれることを知らせてくれます。雄しべが長く突き出ています。】
○ 5/ 5(木) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ヤマブキを追加。ミツマタの花から黄色の開花のリレーを受け継ぐかのように,見事な花を咲かせていました。】
○ 4/25(月) 三好市 東祖谷徳島県の樹木オオバヤシャブシを追加。おびただしい数の雄花序が,枝に気持ちよさそうにぶら下がっていました。】
○ 4/17(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ミツマタを追加。冬の間,春を待つ姿がしおらしく,黄色の花弁を開いたときの喜びが大きく感じられます。】
○ 3/31(木) 樹木Topics徳島県の樹木【まんのう公園で見つけた,黄色い鮮やかなトサミズキの花。2016年の私の春の観察は,トサミズキが始まりです。】
○ 1/ 3(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ホウキイヌツゲを追加。ほうき状に枝が上に伸びていく性質が,名前の由来です。イヌツゲの園芸品種です。】
○ 1/ 3(日) 文化の森総合公園徳島県の樹木イヌツゲを追加。ツゲと識別する視点をまとめました。科や属が異なるので,植物学的には全くの別物です。】
☆ 新年明けまして,おめでとうございます。2016年はこれまでの山野での学びを土台にし,発見や驚きを大切にしていきたいです。
○ 12/20(日) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木スイカズラに,実の写真を4枚追加。花の咲き方と同じで,実も左右に2個ずつ仲よく並んでいました。】
○ 12/13(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ヌルデを追加。枝先に付いた黄赤色に完熟した実は東祖谷の山々の景色と調和して,まばゆい美しさでした。】
○ 11/21(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木チカラシバを追加。穂が試験管のブラシのようなユニークな形をしていて,程よく田舎道を演出してくれます。】
○ 11/15(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カラムシを追加。その昔,衣服の重要な繊維の材料でした。古くから人間と歴史を共にしてきた草花です。】
○ 11/ 7(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ベニバナボロギクを追加。花が下向きにうなだれる姿は,しょげた人間の様子を表現したように感じられます。】
○ 11/ 7(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ノコンギクの写真を1枚差し替え。花弁や総苞を削いで,冠毛の長さが4〜6mm程度あることを確認しました。】
○ 11/ 7(土) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ススキの写真を4枚差し替え。東祖谷小中学校近くの堤防沿いに,黄金色の輝きが!長い芒も見られました。】
○ 11/ 3(火) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ススキを追加。中上峠近くで見られる群生地は,日本が既に失ってしまった古きよき時代の風情を感じます。】
○ 11/ 3(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木【以前ススキと掲載していたページをオギに修正。調べ直すと,しっかりとした分類の視点がありました。】
○ 10/31(土) 三好市 東祖谷徳島県の樹木アキグミを追加。遠くから見ても赤く見えるたくさんの果実。白色の鱗片が,この果実の神秘性だと思います。】
○ 10/24(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ノコンギクを追加。これまでヨメナとの違いから目を反らしていましたが,ようやく腰を据えて学べました。】
○ 10/18(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ノブドウを追加。蔓の一面に野生感のある実をたくさん付け,秋になると急に存在感を示す蔓植物です。】
○ 10/17(土) 三好市 東祖谷徳島県の樹木マユミを追加。ピンクに色づいた美しいマユミの実をじっくりと堪能できた秋。東祖谷で過ごす幸せの1つです。】
○ 10/12(月) 樹木Topics徳島県の樹木【見ノ越峠や川井峠を越える帰路には,山々の素晴らしい景色があり,ゆったりと自然を堪能することができます。】
○ 10/11(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木イタドリの実の写真を2枚追加。雌花の花被片が翼状に張り出し,痩果を包む姿を見ることができました。】
○ 10/11(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ミゾソバを追加。ピンク色に着色した米粒のようなかわいらしさです。葉の形から,別名はウシノヒタイです。】
○ 10/10(土) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ガマズミの実の写真を4枚差し替え追加。赤く熟した実は,山の神様からの授かり物という雰囲気があります。】
○ 10/ 4(日) 山林や浜辺徳島県の樹木三好市 東祖谷の写真を1枚差し替え。 中上展望所から見た落合集落(重要伝統的建造物群保存地区)を掲載。】
○ 9/26(土) 葉や実の学び方徳島県の樹木2015年度に集めたどんぐり徳島県の樹木を追加。ブナの実ミズナラのどんぐりが,標本箱に新しく加わりました!】
○ 9/25(金) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ブナを追加。まだ,堅果が殻斗から顔を出していない実でした。水に浸すと,半日で殻斗が割れ始めました。】
○ 9/24(木) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木ミズナラの写真を3枚追加。堅果の大きさや殻斗の屋根瓦状になった突起の幅が,非常に力強いです。】
○ 9/24(木) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ミズナラの写真を2枚追加。7月下旬には小さかったどんぐりが,9月中旬過ぎには立派に成長したどんぐりに!】
○ 9/24(木) 三好市 東祖谷徳島県の樹木マタタビの実を追加。春から初夏に,不思議な白い葉を見せてくれたマタタビ。今回は,その実を探しました。】
○ 9/24(木) 三好市 東祖谷徳島県の樹木サルナシを追加。かずら橋の材料である蔓,宮沢賢治の作品「やまなし」と関係深い果実が目を引きました。】
○ 9/23(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木オトコエシに花の写真を2枚追加。5年前に見たグリーンの実との色の違いから,花の白さが新鮮でした。】
○ 9/13(日) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木ブナを追加。実が熟すと,柔らかい刺のある殻斗が割れて,稜をもった三角型の堅果が顔を出します。】
○ 9/13(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木キンミズヒキを追加。痩果はかぎ状の毛をもつ“引っ付き虫”です。自分の生育分布を広げる作戦の1つです。】
○ 8/30(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木クサアジサイを追加。にぎやかな両性花と可憐な装飾花が,散房状の花序を形成。山野草の1つになります。】
○ 8/25(火) 黒沢湿原徳島県の樹木キキョウを追加。言わずと知れた秋の七草の1つ。短歌や俳句から,昔から人々に愛されてきたことが分かります。】
○ 8/23(日) 黒沢湿原徳島県の樹木ヒメガマを追加。ガマに比べると,葉が細いことが名前の由来。花のイメージを覆す存在感のある草本だと感じます。】
○ 8/19(水) 黒沢湿原徳島県の樹木ミソハギを追加。旧暦のお盆に,この枝に水を浸して仏前の供物に禊ぎをした習慣が,名前の由来になっています。】
○ 8/18(火) 自由研究の広場徳島県の樹木【小学校4年生と6年生の自由研究作品を掲載。この時期になると,子どもたちの夏休みの終わりを感じます。】
○ 8/18(火) 自由研究の広場徳島県の樹木【小学校4年生と6年生が自由研究へ取り組む様子を掲載。親としての役目が終わっていくことを感じました。】
○ 8/15(土) 黒沢湿原徳島県の樹木サギソウを追加。左右に開いた切れ込みのある純白の花びらが美しいです。花の構造の複雑さも感じました。】
○ 8/13(木) 山林や浜辺徳島県の樹木三好市 黒沢湿原徳島県の樹木を追加。後世に残していくべき素晴らしい湿原。何度も通いたい場所だと感じました。】
○ 8/ 9(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ミズナラを追加。「ナラ」の由来の諸説が,興味深いです。ブナ科の樹木を知る貴重な経験になりました。】
○ 8/ 7(金) 樹木Topics徳島県の樹木【東祖谷の山林で出会った,個性を輝かせる生き物たち。素晴らしい夏の思い出の1ページになりました。】
○ 8/ 5(水) 三好市 東祖谷徳島県の樹木アキノタムラソウを追加。見たのは2回目ですが,立派な花穂の姿から,初めて見た気持ちになりました。】
○ 8/ 3(月) 三好市 東祖谷徳島県の樹木クルマバナを追加。最初は,背丈の高いトウバナだと思いこんでいました。草花というよりは,山野草です。】
○ 8/ 2(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ダイコンソウを追加。名前の由来が,根生葉の小葉が大小交互になっている姿だということに驚きました。】
○ 8/ 1(土) 自由研究の広場徳島県の樹木【小学4年生の次女の「理科の自由研究」計画案です。昨年度の科学経験発表の経験を生かしていきます。】
○ 7/31(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ミズヒキの写真を2枚追加。花序を意識して下から観察しました。赤みはありますが,確かに白色です。】
○ 7/31(金) 三好市 東祖谷徳島県の樹木フサフジウツギを追加。園芸品種だと思っていた花の見識を改めさせてくれました。素晴らしい風景に感動!】
○ 7/31(金) 神社やお寺徳島県の樹木三好市西祖谷 素盞鳴神社を追加。吾橋(あわし)小学校の子どもたちを見守っているイチイガシに出会えました。】
○ 7/26(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オカタイトゴメを追加。松茂小学校の運動場の片隅で見ました。似た仲間の草花が多く,分類に迷いました。】
○ 7/19(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ハンゲショウを追加。東祖谷で見たマタタビをきっかけにして学んだ草花です。大きな憧れと出会えました。】
○ 7/18(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木シマスズメノヒエを追加。普段,心にも留めないイネ科の草花に目を向けてみると,感じることがあります。】
○ 7/12(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木タケニグサを追加。有毒植物ですが,白い花糸が爽やかです。別名のササヤキグサには,日本人を感じます。】
○ 7/ 4(土) 家の庭木徳島県の樹木ギボウシを追加。名前の由来は,花の蕾が橋の欄干に付けられている装飾物である擬宝珠に似ていることです。】
○ 7/ 4(土) 蝶を追い求めて徳島県の樹木ナミアゲハが蛹から羽化する瞬間(2015.7.4)を追加。ナミアゲハが羽化する瞬間に立ち会えました。】
○ 7/ 4(土) 蝶を追い求めて徳島県の樹木アオスジアゲハの成虫(2015.7.4)を追加。アオスジアゲハの幼虫が羽化して,美しい姿を見せてくれました。】
○ 6/28(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木アリウム・ギガンチウムを追加。別名では,「ハナネギ(花葱)」と呼ばれています。非常にユニークな花です。】
○ 6/27(土) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ジギタリスを追加。ラテン語のdigitus(手袋の指)が,語源です。和名「狐の手袋」は,愛着のある名前です。】
○ 6/27(土) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ニゲラを追加。「花びらに見えますが,じつは萼片なんです。」そんな説明をする自分に,ふと気が付きました。】
○ 6/21(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ナツグミを追加。調べたり尋ねたりする経験を通して,ダイオウグミやトウグミとの違いを学ぶことができました。】
○ 6/21(日) 蝶を追い求めて徳島県の樹木アオスジアゲハの幼虫(2015.6.20)を追加。「三つ子の魂百まで。」幼虫のときから動きは速いようです。】
○ 6/21(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木アルストロメリアを追加。花弁の濃い斑点が,南国を強くイメージさせます。花言葉の「持続」が,大好きです。】
○ 6/20(土) 三好市 東祖谷徳島県の樹木コモチレンゲを追加。名前の由来は,子株を付けるので「子持ち」,葉が重なり合っている姿から「蓮華」です。】
○ 6/15(月) 樹木Topics徳島県の樹木【小島峠を超える菅生伊良原線には,驚きや感動が・・・。私にとっては,家族との架け橋のような大切な道です。】
○ 6/15(月) 三好市 東祖谷徳島県の樹木マタタビを追加。葉が白く変化しているので,驚きました。『猫にまたたび』ということわざにも使われています。】
○ 6/15(月) 三好市 東祖谷徳島県の樹木スイセンノウを追加。尋ねられて,名前を答えられなかった花。この花の名前を調べることが,私の生き方です。】
○ 6/13(土) 三好市 東祖谷徳島県の樹木クレマチスを追加。職場の方に質問されて,探し回った花。質問していただけるうちが,花(だじゃれ!?)です。】
○ 6/13(土) 三好市 東祖谷徳島県の樹木フランスギクを追加。マーガレットだと思って見ていた白い花です。東祖谷の山野の斜面に野生化しています。】
○ 6/ 7(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ソバを追加。東祖谷の山里の風情を肌で感じられます。この風景を見れば,松尾芭蕉の俳句も共感できます。】
○ 6/ 7(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ガマズミを追加。久しぶりに見たガマズミの花が,今までさぼってきた私のことを,指摘しているようでした。】
○ 5/31(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木イタチハギを追加。花の姿とは裏腹に,名前にハギが付くので驚きました。山の斜面の保護に役立ちます。】
○ 5/31(日) 三好市 東祖谷徳島県の樹木ガクウツギを追加。以前,大川原高原で見たノリウツギを思い出しました。萼片は,白いハンカチのようです。】
○ 5/31(日) 山林や浜辺徳島県の樹木三好市 東祖谷徳島県の樹木を追加。秘境の地と言われる東祖谷が,醸し出す四季折々の姿を紹介していきます。】
○ 5/30(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ニョイスミレを追加。1cmにも満たないスミレの中でも小さい花。白い唇弁の赤紫色の脈が,美しいです。】
○ 5/24(日) 大川原高原徳島県の樹木コガクウツギを追加。初夏の山野を真っ白に彩る装飾花。花弁のように見えるのは萼ということが,驚きです。】
○ 5/23(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ユキノシタを追加。3枚の花弁の模様,左右対称になっているシンメトリックな花の姿が非常に神秘的です。】
○ 5/17(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オニノゲシを追加。「ありそうで無い。」ノゲシとの比較を通して,そんな印象を与える荒々しい草花です。】
○ 5/17(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木コウゾリナを追加。最初はノボロギクの仲間と思いました。東祖谷ののどかな風土と、程よく合っています。】
○ 4/27(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木アマドコロを追加。白い筒状の花をだらんと下げて咲くかわいらしさは,初夏の趣がほどよく感じられます。】
○ 3/31(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木フラサバソウを追加。毛の多さと実の形が,個性的でした。私にとっては,春の別れの草花となりました。】
○ 3/24(火) 樹木Topics徳島県の樹木【とくしま植物園で,自分らしい花をつけていたコブシとアオモジの美しさに,確かな春の訪れを感じました。】
○ 1/18(日) とくしま植物園徳島県の樹木フユザクラを追加。冬の花と春の花に違いが見られる二季咲き性品種。その違いを見つめていきたいです。】
☆ 新年明けまして,おめでとうございます。2015年は原点回帰の気持ちで,家族の支えを感じながら樹木や草花を学んでいきたいです。
○ 11/24(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒレタゴボウの写真を差し替え追加。草本全体が艶のある赤色になっていて,存在感がありました。】
○ 10/18(土) フィールドワークや研修徳島県の樹木【2014年度の研修『身近などんぐりについて知ろう!』の資料を追加。聞いてくださった方に感謝です。】
○ 10/ 5(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木キツネノマゴを追加。穂状の花序の中に,遠慮深そうに咲く淡紅色の花がかわいらしく感じられました。】
○ 9/22(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木アレチヌスビトハギを追加。果実の形が,盗人の忍び足に似ていることに由来。花も実も見られました!】
○ 8/31(日) 自由研究の広場徳島県の樹木【姉妹2人で科学経験発表作品に取り組んだ作品です。9枚の模造紙に,秋からの苦労が詰まっています。】
○ 8/31(日) 発芽実験徳島県の樹木結果に,マテバシイやイチイガシやスダジイのどんぐりが7月下旬から8月下旬にかけて発芽した様子を追加掲載。】
○ 8/12(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木ナツフジを追加。お墓参りで,水汲み場から見えた蔓を伸ばして花を付ける姿が,とてもさわやかでした。】
○ 7/26(土) 発芽実験徳島県の樹木結果に,シラカシのどんぐりが7月に発芽した様子を追加掲載。もう発芽しないと思っていたので,感激しました。】
○ 7/13(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ジャンボニンニクを追加。別名は無臭ニンニク。ソフトボールぐらいの大きさで,紫色の球形をした花です。】
○ 6/23(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木キカラスウリの花の写真を1枚差し替え。朝の6時くらいに,土手沿いで雨水を受けながら咲いていました。】
○ 6/10(火) 発芽実験徳島県の樹木【鉢に蒔いたどんぐりが,どうなったかの結果を掲載。発芽しなかったどんぐりの原因も,自分なりに分析しました。】
○ 5/25(日) 発芽実験徳島県の樹木【2013年の秋に採ったどんぐりを蒔いた鉢に,水やりをしている様子を掲載。最初は,水をあげ過ぎていました。】
○ 5/18(日) 葉や実の学び方徳島県の樹木発芽実験徳島県の樹木を追加。2013年の秋に様々な種類の採ったどんぐりを,鉢に蒔いた種まきの様子を掲載。】
○ 4/27(日) 葉や実の学び方徳島県の樹木【どんぐりの標本作りの仕上がりを追加。2013年度の秋に採取したどんぐりを,種類ごとに瓶に入れました。】
○ 4/13(日) 葉や実の学び方徳島県の樹木【どんぐりの標本作り徳島県の樹木を追加。どんぐりの標本作りの準備するものと活動手順を掲載。新しい試みです。】
○ 3/20(木) 樹木Topics徳島県の樹木【藤川八幡神社にイチイガシのどんぐりやシイノキの実,とらまる公園にアベマキのどんぐりを集めに行きました。】
○ 3/10(月) 樹木Topics徳島県の樹木【あすたむらんど徳島にシラカシのどんぐりを集めに行きました。駐車場にある群生したシラカシの姿は見事でした。】
○ 3/ 1(土) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木アラカシの写真を3枚追加。まだまだ青い色をした,実になり始めて間もない新鮮などんぐりの写真です。】
○ 2/11(火) 樹木Topics徳島県の樹木【徳島中央公園にウバメガシのどんぐりを集めに行きました。「堅果と殻斗が離れないように」を合言葉にしながら。】
○ 2/ 2(日) 樹木Topics徳島県の樹木【とくしま植物園でアラカシコナラクヌギのどんぐりを集めました。帰りには,トノサマオンブバッタを見つけました。】
○ 1/26(日) 樹木Topics徳島県の樹木【徳島市の幸町公園にマテバシイのどんぐりを集めに行きました。どんぐりを集める目的,改めて考えてみました。】
○ 1/13(月) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木ウバメガシを追加。小さくて丸い形だが,アラカシのどんぐりとはひと味違う個性的な丸みをしています。】
○ 1/ 2(木) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木シバグリを追加。食用として見られる栽培品種のクリの原種。実の大きさは,ひとまわり小さいです。】
☆ 新年明けまして,おめでとうございます。2014年は,樹木や草花を共に語れる相手との気持ちのつながりを大切にしてきたいです。
○ 12/25(水) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木クリの写真を差し替え追加。知り合いの方からいただきました。色,光沢,その形に心が惹かれます。】
○ 12/15(日) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木アベマキの写真を4枚追加。11月上旬に,東かがわ市の「とらまる公園」で拾ったどんぐりです。】
○ 12/ 3(火) 上勝町 高丸山徳島県の樹木シコクブシを追加。徳島県内で一番多く見られるトリカブトの仲間。花の上唇が,鳥のような形をしています。】
○ 11/24(日) 上勝町 高丸山徳島県の樹木ワチガイソウを追加。無名の印として,ワチガイソウがある盆栽に輪違いの符号を着けたことが名前の由来。】
○ 11/17(日) 上勝町 高丸山徳島県の樹木コミヤマカタバミを追加。野に咲くカタバミ類とは違い,大自然の中で命を宿らせているという感じがしました。】
○ 11/10(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヤクシソウを追加。「とらまる公園」の遊歩道の脇に咲いていました。茎や枝をちぎると,白い乳液が出ます。】
○ 11/ 4(月) 上勝町 高丸山徳島県の樹木ヤシャブシを追加。眉山オオバヤシャブシよりも樹高があり,驚きました。雄花をたくさん付けていました。】
○ 10/27(日) 上勝町 高丸山徳島県の樹木ヤドリギを追加。他の樹木に宿り,養分を吸収して生育します。宿主は,ブナエノキなどの落葉樹木です。】
○ 10/20(日) 徳島中央公園徳島県の樹木ニシキギの写真を差し替え追加。5月の初旬に,淡緑黄色の花が咲いていました。非常に小さい花です。】
○ 10/15(火) とくしま植物園徳島県の樹木カリンを追加。アジサイ小道の登り口に,黄色の実をつけていました。香りの成分に,様々な効用があります。】
○ 10/ 6(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オオニシキソウを追加。茎が立ち上がり,存在感を表現しているようでした。花から実になり始めていました。】
○ 10/ 4(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヨモギの写真を差し替え追加。紫褐色の頭花が咲いていて,白い蕾は非常にかわいく感じられました。】
○ 9/23(月) 上勝町 高丸山徳島県の樹木ヤマヤナギを追加。雌雄異種。白色の毛を密生させた雌花,黄色の葯を付けた雄花,どちらも見られました】
○ 9/22(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒロハホウキギクを追加。海岸沿いに生育していて,波風に揺られている姿は非常に存在感がありました。】
○ 9/17(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ホソネズミムギを追加。ホソムギとネズミムギの中間種。小花によって芒の長いものと短いものがあります。】
○ 9/ 5(木) 文化の森総合公園徳島県の樹木【レッドロビンと記載していたものをセイヨウベニカナメモチに訂正し,花の写真を3枚差し替え追加しました。】
○ 8/29(木) 自由研究の広場徳島県の樹木小学校2年生の長女の自由研究作品です。2月の後半から草花とかかわり続けてきた研究の成果です。】
○ 8/28(水) 自由研究の広場徳島県の樹木小学校4年生の長女の自由研究作品です。似ている草花の「違う!」を押し草花や写真で表現しています。】
○ 8/25(日) 自由研究の広場徳島県の樹木【小学校4年生の長女の自由研究に取り組む様子です。3年間の積み重ねが生かされた場面がありました。】
○ 8/25(日) 自由研究の広場徳島県の樹木【小学校2年生の次女の自由研究に取り組む様子です。草花に対して科学的な見方をするときがありました。】
○ 8/19(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ハイミチヤナギを追加。徳島でも見られそうな草花を,北海道で見たところに運命的なものを感じました。】
○ 8/13(火) 県外に目をやると徳島県の樹木北海道 札幌・旭川・美瑛・富良野(2013.8.5〜8.8)を追加。徳島県の自然や風土との違いを感じました。】
○ 8/ 2(金) 山林や浜辺徳島県の樹木弁天山の文面に,日蓮上人(にちれんしょうにん)の言葉を追加。私の尊敬する方から教えていただきました。】
○ 7/30(火) 樹木Topics徳島県の樹木【第2回 “夏の自由研究”を親子で学ぶ会,徳島市南井上小学校で開催。午後に行われた活動の様子です。】
○ 7/30(火) 樹木Topics徳島県の樹木【第2回 “夏の自由研究”を親子で学ぶ会,徳島市南井上小学校で開催。午前中に行われた活動の様子です。】
○ 7/25(木) 自由研究の広場徳島県の樹木【小学校4年生の長女の「理科の自由研究」計画案、小学校2年生の次女の「理科の自由研究」計画案です。】
○ 7/18(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ブタナを追加。香川県のNEWレオマワールドの敷地で見られました。「豚のサラダ」が名前の由来です。】
○ 7/11(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木シロタエギクを追加。茎と葉が灰白色の綿毛で覆われています。花言葉「あなたを支える」が,素敵です。】
○ 7/ 2(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木コアカザを追加。アカザに似て小さいことに由来するが,葉に赤い粉は付かない。茎は,赤紫色が見られる。】
○ 6/30(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヤブタビラコを追加。身近な場所に生育していました。私にとっては,ずっと思い続けた憧れの草花です。】
○ 6/23(日) とくしま動物園徳島県の樹木メグスリノキを追加。樹皮や葉を煎じて洗眼に用いたことが名前の由来。樹皮には薬用成分が多く含まれます。】
○ 6/23(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木ハゴロモジャスミンを追加。群れるように咲く白い花が羽衣の軽さを感じさせることが,名前の由来です。】
○ 6/17(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ノボロギクを追加。人目にふれず目立たない花ですが,野原を彩ろうと頑張っているように感じられました。】
○ 6/16(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木スイレンを追加。「睡る蓮」を意味していることに由来して,睡蓮。水面に花を咲かせる姿が魅力的です。】
○ 6/15(土) とくしま動物園徳島県の樹木メギを追加。枝や茎を煎じた液が目薬になることに由来して,目木。赤い葉のものは,アカバメギと呼ばれます。】
○ 6/ 9(日) とくしま動物園徳島県の樹木カラタチを追加。唐橘の略で,中国や朝鮮から渡来した橘という意味に由来。枝には,鋭い刺があります。】
○ 6/ 8(土) とくしま動物園徳島県の樹木ヤブウツギを追加。人目を引くタニウツギに比べると派手さはありませんが,野生感がある自然体の花です。】
○ 6/ 8(土) 家の庭木徳島県の樹木オランダカイウを追加。湿地を好む栽培植物で,園芸用語ではカラーと呼ばれます。清楚な美しさがある花です。】
○ 6/ 8(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヘラオオバコを追加。細長い葉が粘土遊びに使う竹べらに似ていることに由来。背丈の高いオオバコです。】
○ 6/ 3(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ベニカタバミを追加。イモカタバミに似ていますが,花弁の紅色が濃いカタバミです。紅色をした萼は印象的。】
○ 6/ 2(日) とくしま動物園徳島県の樹木タニウツギを追加。淡い紅色をした花が,初夏の心地よさを届けてくれました。谷間に植わっていることが由来。】
○ 6/ 2(日) 家の庭木徳島県の樹木ナガミヒナゲシの実の写真を2枚追加。ヒナゲシより縦に細長い実で,やはりこれが名前の由来だと思いました。】
○ 6/ 2(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木タチアオイを追加。初夏の葵と言えば,立葵のこと。線路沿いに咲いている花の姿が,なぜか大好きです。】
○ 6/ 2(日) 家の庭木徳島県の樹木ヒナゲシを追加。虞美人草(グビジンソウ)という別名は印象的。ナガミヒナゲシの名前の由来にもなっています。】
○ 6/ 1(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ゼニアオイを追加。花が江戸時代の古銭ぐらいの大きさであることが由来。初夏を表現する可憐な花です。】
○ 5/26(日) 家の庭木徳島県の樹木ムギセンノウを追加。麦畑に生え,センノウに似ているので“麦仙翁”です。アグロステンマという呼び名もあります。】
○ 5/25(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ハナイバナを追加。茎の上部の葉と葉の間に花が咲くので“葉内花”。キュウリグサとの違いを記しました。】
○ 5/25(土) 樹木Topics徳島県の樹木【第1回 樹木・草花観察会(親子フィールドワーク),徳島中央公園で開催。子どもも保護者も意欲的で,感動しました。】
○ 5/22(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ツメクサを追加。アスファルトの隙間でも生育できる強い草花。爪草は,葉の形が鳥の爪に似ることに由来。】
○ 5/20(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オヤブジラミを追加。果実が大きくて付き方もまばらなので,雄と付きます。“ひっつき虫”の愛称もあります。】
○ 5/18(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木チチコグサを追加。牟岐町でしか見たことがなかったのですが,身近な場所にあることが分かりました。】
○ 5/18(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木アレチノギクを追加。鉄道線路わきのような荒地にも平気で生育するキク科の草花というのが由来です。】
○ 5/18(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木シロヤマブキを追加。白い花をつけ,全体の姿がヤマブキに似ていることが由来。花弁の数は,4枚です。】
○ 5/18(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木アークトセカを追加。南アフリカ地方原産の帰化植物。地上近くを這って伸びる茎で繁殖するのが特徴です。】
○ 5/18(土) 公園や植物園徳島県の樹木とくしま動物園徳島県の樹木観覧車からの見晴らし徳島県の樹木掲載。動物園を下支えする樹木を見つめていきます。】
○ 5/18(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ノヂシャを追加。娘が発見した草花。親のような包葉に包まれているごく小さな花は,非常に愛らしいです。】
○ 5/12(日) とくしま植物園徳島県の樹木ハクウンボクを追加。白い花が空一面にたなびく白雲のように咲いている姿が,清楚で美しく感じられます。】
○ 5/12(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カラスノエンドウの実の写真を4枚追加。カスマグサスズメノエンドウに比べると,たくましく感じられます。】
○ 5/12(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カスマグサスズメノエンドウの実の写真を2枚ずつ追加。毛の有無,種子の数の違いがよく分かります。】
○ 5/11(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木エニシダを追加。英名 broom,学名 scopariusは「箒」の意味。ホオベニエニシダはいじらしい花でした。】
○ 5/ 6(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ミヤコグサを追加。グランドカバーのように一面に咲いていました。京の都に多く見られたことに由来します。】
○ 5/ 3(金) 家から一歩出ると徳島県の樹木【“野に咲く草花たち”の総ページを3から6に増加しました。童心に返った感じで,草花を楽しんでいます。】
○ 4/29(月) 上勝町 高丸山徳島県の樹木ブナを追加。自然林の高丸山を代表する樹木です。長年生きてきた樹皮からは,勲章のようなものを感じます。】
○ 4/28(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ニワゼキショウの写真を3枚差し替え。スイバの写真を1枚差し替え。吉野川市川島町で撮影したものです。】
○ 4/28(日) 樹木Topics徳島県の樹木【あこがれと思いを馳せて訪れた場所には,生育場所の違いを感じさせる大きなケキツネノボタンが見られました。】
○ 4/21(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ノミノツヅリを追加。綴りとは粗末なつなぎ合わせの衣のこと。葉を蚤の衣にたとえたことに由来しています。】
○ 4/20(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木アリアケスミレを追加。アスファルトの隙間から生育していました。白色に鮮やかな紫色の筋の入る花です。】
○ 4/20(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木イヌノフグリの写真を5枚差し替え追加。家の敷地で発見したイヌノフグリの実の写真を中心に掲載しました。】
○ 4/14(日) 樹木Topics徳島県の樹木【家の敷地,しかも裏玄関というあまりにも身近な場所で,イヌノフグリを発見。大切に守りたいと心から思いました。】
○ 4/14(日) 家の庭木徳島県の樹木ワスレナグサを追加。花言葉は「真実の愛」。ドイツの伝説はあまりにも有名。人を愛する気持ちを教えてくれます。】
○ 4/13(土) 家の庭木徳島県の樹木ノジスミレを追加。道端に自生し,肩肘はらずに付き合える親しみやすさがあります。スミレよりも,花色は薄いです。】
○ 4/ 6(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ノミノフスマを追加。フスマとは蒲団で,葉を蚤の寝る蒲団にたとえています。花弁は,萼片より長いです。】
○ 3/30(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木オオカンザクラを追加。オオシマザクラカンヒザクラが交配された早咲き品種。萼片や萼筒が特徴的です。】
○ 3/24(日) 上勝町 高丸山徳島県の樹木タチツボスミレを追加。国語の教科書にも載るほど,親しみやすいスミレ。地上茎が伸びていく有茎種です。】
○ 3/17(日) 上勝町 高丸山徳島県の樹木シハイスミレを追加。地下茎が発達せずに葉や花柄が根元から出る無茎種。花の距は,上に曲がっています。】
○ 3/10(日) 上勝町 高丸山徳島県の樹木ヨゴレネコノメを追加。葉にある灰白色の斑紋の汚れが,名前の由来です。雄しべや雌しべは,暗紫色です。】
○ 3/ 3(日) 上勝町 高丸山徳島県の樹木ツルシキミを追加。シキミに似て,茎の下部が地を這っています。有毒なので,野生動物の食害を受けません】
○ 2/24(日) 上勝町 高丸山徳島県の樹木シロモジを追加。樹皮が黒っぽいクロモジに比べて白っぽいことが,名前の由来。春に黄色い小花をつけます。】
○ 2/17(日) 上勝町 高丸山徳島県の樹木スノキを追加。果実や葉に酸味があることから,酢の木です。実の様子から,“コウメ”という別名もあります。】
○ 2/11(月) 上勝町 高丸山徳島県の樹木キブシを追加。登山口周辺で見られます。ヌルデから採れる五倍子の代用品になることが,名前の由来です。】
○ 2/ 3(日) 大川原高原徳島県の樹木オンツツジを追加。木本としての男性的な姿に由来して,雄躑躅と言います。群生すると,眺めは美しいようです。】
○ 1/27(日) 眉山病院付近徳島県の樹木アオモジの蕾の写真を4枚を追加。3月に咲く花の準備がゆっくりと着実に進んでいて,季節感を感じました。】
○ 1/20(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木フヨウカタバミを追加。花が大きくフヨウに似ているところが名前の由来です。株は小さく,花は上品です。】
○ 1/14(月) 家から一歩出ると徳島県の樹木マサキに,実の写真を2枚追加。緑の葉の茂みの中で赤々としていて,朱色の種子は光っていました。】
○ 1/ 7(月) 樹形や樹皮による見分け方徳島県の樹木ニレ科の御三家とクスノキの樹形と樹皮を追加。この4種の樹形や樹皮が基本と思っています。】
○ 1/ 7(月) 葉や実の学び方徳島県の樹木樹形や樹皮による見分け方徳島県の樹木を追加。樹木は,樹形や樹皮も特徴があることを表現したいと思います。】
○ 1/ 3(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木セイタカアワダチソウに,実の写真を2枚追加。黄色い花とは違って,どこか優しさが感じられる綿毛です。】
☆ 新年明けまして,おめでとうございます。2013年は,ちょっとした発見や喜びも大切にしながら,樹木や草花を見つめていきます。
○ 12/26(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木コノテガシワを追加。小学校の校庭の樹木です。園芸品種のセンジュとは違い,野性的な感じがします。】
○ 12/19(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木【コノテガシワを,コノテガシワ(センジュ)と修正変更しました。正確には,コノテガシワの園芸品種でした。】
○ 12/ 8(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木イモカタバミを追加。根の状態がイモのような塊茎で増えることに由来。花弁は,濃紅色の脈が目立ちます。】
○ 11/27(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ホソアオゲイトウを追加。細長くて青い花穂をつけ,花のつき方がケイトウ(鶏頭)に似ているのが由来です。】
○ 11/17(土) 眉山公園付近徳島県の樹木ヒヨドリバナを追加。もてはやされたフジバカマに比べると名も知れない野草ですが,力強く生き残っています。】
○ 11/11(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木アメリカセンダングサを追加。頭花のまわりを大きく取り囲んだ総苞片が特徴的。痩果は扁平な形です。】
○ 11/ 4(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木アキノノゲシを追加。ノゲシに似て秋に花を咲かせるので「秋の野芥子」。淡黄色の花が,上品な感じです。】
○ 10/29(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒロハフウリンホオズキを追加。葉が広く風鈴のように実が下がることに由来。夢のある実だと思います。】
○ 10/21(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木ホソボヒイラギナンテンの花の写真を2枚追加。花が咲くと,たくさんのハチが吸蜜に集まるのが特徴です。】
○ 10/21(日) フィールドワークや研修徳島県の樹木【2012年度の研修『附属小学校の校庭の樹木から〜フィールドワークを通して〜』の資料を追加。】
○ 10/14(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木コセンダングサに実の写真を3枚追加。“ひっつき虫”の正体をはっきり知ったのは,大人になってからです。】
○ 10/14(日) 樹木Topics徳島県の樹木【見晴らしのよい眉山公園で,コセンダングサの実を発見!“ひっつき虫”で遊ぶのは,子どもの得意技です。】
○ 10/14(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木フサフジウツギを追加。花が房状,フジ(藤)の花に似て,ウツギ(空木)のように葉が対生しているのが由来。】
○ 10/14(日) 家の庭木徳島県の樹木ホルトノキに実の写真を2枚追加。江戸時代,平賀源内がこの実をオリーブの実と間違えたのが,名前の由来です。】
○ 10/13(土) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木クリを追加。人間にも野生動物にも大人気のクリ。その実が,日本の歴史を下支えしていたのです。】
○ 10/12(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木マツバギクを追加。だれもが目にするお馴染みのピンク色の花です。花期が長く,とっても忍耐強い花です。】
○ 10/11(木) 樹木Topics徳島県の樹木【初めての阿波史跡公園。どんぐりがいっぱいのコナラ林,風にたなびくススキ等から,秋の深まりを感じました。】
○ 10/ 7(日) きつい傾斜道徳島県の樹木アケビに実の写真を2枚を追加。今度は,野生の赤みがかった実をほうばり,味わってみたいと思います。】
○ 10/ 7(日) 樹木Topics徳島県の樹木【初めてアケビの実を食べました。薄紫色ではなく,白色の品種改良された実です。苦みがあることに驚きました。】
○ 10/ 6(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木コセンダングサの花や葉の写真を5枚差し替え追加。秋も深まると,「ひっつき虫」の季節がやってきます。】
○ 10/ 6(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木コミカンソウの実の写真を4枚追加。葉をめくると葉腋にびっしりと小粒の実がついていて,かわいいです。】
○ 10/ 6(土) フィールドワークや研修徳島県の樹木【2011年度の研修『樹木から何を学ばせるか!?』の資料を追加。自分の足跡も整理していきたいです。】
○ 10/ 5(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オオアレチノギクの写真を3枚差し替え。トックリ型の頭花がふくらんできました。綿毛も増えてきました。】
○ 10/ 2(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒメムカシヨモギを追加。「鉄道草」「維新草」の別名は,明治維新,鉄道と共に普及したことに由来します。】
○ 9/29(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木コミカンソウを追加。赤褐色の実を小さなミカンに見立てたことが由来。葉には生命の息吹きを感じます。】
○ 9/29(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木コニシキソウを追加。びっしりと地面に張り付いて繁殖。葉の表面にある茶褐色の斑紋が目立っています。】
○ 9/29(土) 上勝町 高丸山徳島県の樹木トゲアザミを追加。四国特産のアザミです。花の蜜を吸おうと,ツマグロヒョウモンが数多く飛んでいました。】
○ 9/24(月) わが町の通りには徳島県の樹木コブシの実の写真を2枚を追加。名前の由来である赤紫色をした実の形は,強い生命感を表現しています。】
○ 9/23(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木ホソボヒイラギナンテンを追加。ヒイラギナンテンに似ていますが,葉の細さや花をつける時期が違います。】
○ 9/17(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒレタゴボウを追加。雨上がりの畑で花を咲かせていました。茎が鰭(ひれ)のように張り出しています。】
○ 9/16(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木アメリカタカサブロウを追加。8月の中旬に畑で見た白い頭花。名前のおもしろさが印象深い草花です。】
○ 9/ 9(日) 家の庭木徳島県の樹木キバナコスモスを追加。「野生美」という花言葉をもち,ピンクのコスモスと対照的。夏に見栄えのするコスモスです。】
○ 9/ 8(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オオアレチノギクを追加。花が終わった後の冠毛は,花よりも美しく感じられました。草丈は1mを超します。】
○ 8/30(木) 小学校3年生の長女の自由研究作品徳島県の樹木【自由研究で取り扱った娘の小学校の樹木リスト(pdf)を追加。私の母校でもあります。】
○ 8/30(木) 自由研究の広場徳島県の樹木小学校3年生の長女の自由研究作品小学校1年生の次女の自由研究作品です。やっと仕上がりました。】
○ 8/29(水) 家の庭木徳島県の樹木アラゲハンゴンソウを追加。筒状花の色で,オオハンゴンソウと区別できます。夏にぴったりな勢いのある花です。】
○ 8/23(木) 自由研究の広場徳島県の樹木【小学校3年生の長女の自由研究に取り組む様子、小学校1年生の次女の自由研究に取り組む様子です。】
○ 8/22(水) 自由研究の広場徳島県の樹木【小学校3年生の長女の「理科の自由研究」計画案、小学校1年生の次女の「理科の自由研究」計画案です。】
○ 8/21(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木スベリヒユを追加。光沢のある肉質で厚い茎葉が地面を這って伸びます。小さな黄色の花を咲かせます。】
○ 8/14(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木ゴモジュを追加。先に嘴がついたような球形の実をつけます。ゴマの香りをさせることが,名前の由来です。】
○ 8/13(月) 家から一歩出ると徳島県の樹木ブルーベリーを追加。名前は,果実(berry)が青紫色(blue)に熟します。目に良いと,ブームになりました。】
○ 8/11(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ハキダメギクを追加。牧野富太郎氏に“掃き溜め”で発見されたました。“まどみちお”の詩にも登場します。】
○ 8/ 8(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オニユリを追加。人里のある田舎道に咲くこの花の姿を見ると,“古きよき日本の姿”を感じてしまいます。】
○ 8/ 7(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木メマツヨイグサを追加。全体の姿や大きさに比べて,花の大きさが小さいことに由来して,雌待宵草です。】
○ 8/ 3(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ハマナデシコを追加。7月,学校の駐車場の片隅に咲いていました。花弁の縁が鋸歯状になっています。】
○ 7/30(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木エゾノギシギシを追加。果実を含む花被の翼に刺状の鋸歯がありました。ギシギシとの違いを強く感じます。】
○ 7/27(金) 家から一歩出ると徳島県の樹木シマトネリコを追加。どんな場所にもほどよく調和し,洋風な感じがします。最近,人気がある樹木です。】
○ 7/26(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ネジバナを追加。たくさんの花を,らせん状に咲かせます。その花のつけ方に,大いなる知恵を感じます。】
○ 7/25(水) 眉山公園付近徳島県の樹木タラノキを追加。幹や枝,葉など全面に鋭い刺があります。春の若芽は“タラの芽”と呼ばれ,山菜の王様です。】
○ 7/21(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒメイワダレソウを追加。川沿いの岡一面が白いグランドカバーになっていました。ランタナに似ていました。】
○ 7/17(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒナキキョウソウを追加。キキョウソウに似た小さな草花。多くの蕾の中で開花するのは,最上部だけです。】
○ 7/16(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ジャイアントブルーアイリスを追加。大きい青色の花。ルイジアナアイリスの原種ということが分かりました。】
○ 7/16(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ホタルブクロを追加。袋形の花を下向きに咲かせ,素朴な愛らしさを感じます。方言名の多い草花です。】
○ 7/15(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ガマの写真を差し替え追加。ソーセージのような生き生きとした茶色の花穂は,夏の到来を感じさせます。】
○ 7/15(日) 家の庭木徳島県の樹木ハナスベリヒユを追加。野草のスベリヒユを改良した花の美しさが,名前の由来。夏の暑さに負けない花です。】
○ 7/ 8(日) 家の庭木徳島県の樹木ヒエンソウを追加。『飛燕草』は,花がツバメの飛ぶ姿に似ていることに由来。チドリソウ(千鳥草)とも呼ばれます。】
○ 7/ 1(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木クサヨシを追加。遠目から見たときに,小穂が風に揺れてたなびく姿は心地よい印象を与えてくれます。】
○ 7/ 1(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ツルヨシを追加。近所の川の半分近くを,このツルヨシが覆っています。水生昆虫の住み処になっています。】
○ 6/25(月) 家から一歩出ると徳島県の樹木クリを追加。落ちた実が石のようであることから,小石を意味する古語「くり」に由来して,名前が栗です。】
○ 6/16(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木コマツヨイグサを追加。今まで曖昧だったマツヨイグサ(4種類)の仲間の特徴や違いを,まとめてみました。】
○ 6/16(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ムラサキツユクサを追加。雄しべの毛は放射線の影響を受けると,突然変異でピンクに変化するようです。】
○ 6/13(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ユウゲショウを追加。夕方から紅色の花を咲かせることが名前の由来。花粉がずい分,糸を引いています。】
○ 6/ 2(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カキツバタを追加。“いずれが あやめ かきつばた”は,あまりにも有名。「書き付け花」が名前の由来です。】
○ 6/ 2(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ハナショウブを追加。ノハナショウブの変わり咲きを改良した花。「菖蒲湯」に使うショウブではありません。】
○ 6/ 2(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木キショウブを追加。花の色だけでなく,ヨーロッパ原産のたくましい姿からもハナショウブと区別しています。】
○ 5/26(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ルイジアナアイリスを追加。花弁が2〜3段と重層的に咲きます。アメリカのルイジアナ州が名前の由来。】
○ 5/26(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ジャーマンアイリスを追加。西洋風でボリュームのある花です。内花被片には,ひげ状の突起があります。】
○ 5/25(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ツボミオオバコを追加。ここ数十年で,ずい分と増えました。校庭のオオバコの主流かもしれません。】
○ 5/22(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オオバコを追加。葉が広くて大きいことから,大葉子。相撲遊びとして草花遊びによく紹介されています。】
○ 5/20(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木マグワに実の写真を4枚追加。果実に花柱が長く残ります。実をほおばると,すっぱさが口に広がります。】
○ 5/20(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木セイヨウタンポポを追加。頭花が大型で,総苞外片が下に反り返っています。1年中花をつけるのが特徴。】
○ 5/19(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木マツバゼリを追加。花がつくまでは,コスモスの葉だと思っていました。ごく小さな白い花をつけます。】
○ 5/19(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木トウバナを追加。何段も重なる塔を連想させるので,塔花。少しずつ花をつかせる姿が奥ゆかしく感じます。】
○ 5/19(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ノアザミを追加。聖母マリアの言い伝え,自家受粉しにくい仕組み等,調べるとおもしろい草花です。】
○ 5/19(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ノラニンジンを追加。背丈の高いヨーロッパ原産の帰化植物。ニンジンの原種ですが,根は食べられません。】
○ 5/16(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ウシハコベを追加。ありふれたものを見る目を,大切にしたい。そんなことを強く感じさせられる経験でした。】
○ 5/14(月) 樹木Topics徳島県の樹木【草花を探索した帰り,車道脇に花を咲かせていたシャリンバイ。私には,思い出がいっぱい詰まった樹木です。】
○ 5/13(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木マメグンバイナズナの写真を2枚追加。徳島市では生育場所が限られ,ありふれた草花ではありません。】
○ 5/13(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヤエムグラの写真を2枚差し替え。実は球の形です。カギ状の刺があるので,よく衣服に引っかかります。】
○ 5/13(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木メキシコマンネングサを追加。一面に黄色の花を咲かせると,黄金のじゅうたんのようで大変まばゆいです。】
○ 5/13(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木シャリンバイの写真を4枚追加。白くてしっかりした花が,車の通り沿いの垣根から顔を出し始めました。】
○ 5/13(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ギシギシの写真を4枚差し替え追加。果実を包む花被は三角形で,翼の下部のみに鋸歯が見られました。】
○ 5/13(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カタバミの写真を4枚追加。オクラのようなロケット状の実をつけます。熟した実を触ると,種が散布されます。】
○ 5/13(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カワヂシャを追加。湿地帯で見られる在来植物。環境省のレッドデータブックに選定されている植物です。】
○ 5/13(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ハハコグサの写真を4枚差し替え。花の毛がほうけ立っているので,「ホオケグサ」と呼んだのが由来です。】
○ 5/12(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヘビイチゴを追加。ヤブヘビイチゴよりも明るい草地に生育。ヘビイチゴには,ほろ苦い思い出があります。】
○ 5/12(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヤブヘビイチゴの写真を5枚追加。果実以外の花や葉,生育場所からもヘビイチゴとの違いを整理しました。】
○ 5/12(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木イヌガラシを追加。花や果実がカラシナ(芥子菜)に似ていますが,食用にならないことが名前の由来です。】
○ 5/11(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ナヨクサフジを追加。牧草用の家畜の飼料として輸入されたものですが,見ごたえのある華やかな花です。】
○ 5/10(木) 家の庭木徳島県の樹木シランを追加。花言葉は,「美しい姿」です。半開きで下向きにつける花の咲かせ方は,慎ましく清楚な感じがします。】
○ 5/ 8(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ハナダイコンを追加。田舎沿いの野原一面を紫色で覆っていました。切花として飾られることもあります。】
○ 5/ 7(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カキドオシを追加。淡紫色の唇型の花は,斑紋と白い毛が印象的でした。別名は,「疳取り草」です。】
○ 5/ 6(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ギシギシを追加。他の草花を圧倒する生育力の強さです。しっかり見ると,スイバとの違いが分かります。】
○ 5/ 6(日) 家の庭木徳島県の樹木シレネ・カロニアナを追加。雄花・雌花・両性花の3種類の花をつけ,それぞれが特徴的でおもしろい花です。】
○ 5/ 5(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ムシクサを追加。草花観察で子どもに尋ねられて答えられなかった草花。フグリの形をした実をつけます。】
○ 5/ 5(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ジシバリを追加。茎から根を下ろし増える姿が地面を縛っているように見えることが,“地縛り”の由来です。】
○ 5/ 5(土) 家の庭木徳島県の樹木フクロナデシコを追加。萼の大きな膨らみを切れ込みのある花弁と合わせて見ると,ヘリコプターのように思えました。】
○ 5/ 4(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オニタビラコを追加。タビラコに似て,大きいので鬼田平子。幼少のころは,タンポポだと思っていました。】
○ 5/ 4(金) 家の庭木徳島県の樹木ネモフィラを追加。ギリシャ語のネモス(森)とフィレオ(愛する)の2語から成り,森の周辺に自生することが由来です。】
○ 5/ 3(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オオツルボを追加。青紫色をした星形の小花がたくさん傘状につくと,一足早いガクアジサイのようでした。】
○ 5/ 3(木) 家の庭木徳島県の樹木サクラソウを追加。春の喜びを表現する花姿の美しさには,日本人の憧れが詰まっているような気がしてなりません。】
○ 4/30(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カンサイタンポポを追加。ほっそりで,舌状花の花数は少なめ。控えめで日本人にぴったりのタンポポです。】
○ 4/28(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木タチイヌノフグリを追加。茎が立っています。葉腋の上に乗っかかったように咲く小さな花が,愛らしいです。】
○ 4/22(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木イヌノフグリを追加。やっと出会えた草花。子どもたちとの草花の観察会で,この小さな花を見つけました。】
○ 4/20(金) 文化の森総合公園徳島県の樹木シャガの写真を2枚追加。日陰にシャガの群生地があります。気遣いなく休めるいい場所だと思います。】
○ 4/17(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木ゲッケイジュに花の写真を2枚追加。春先に,黄白色の小さな花を葉のつけ根に集めて咲かせます。】
○ 4/17(火) 文化の森総合公園徳島県の樹木オモイガワ(思川)を追加。ほどよいピンクの色合いの小さくてかわいい花弁が印象的なサトザクラです。】
○ 4/15(日) 文化の森総合公園徳島県の樹木コトヒラ(琴平)を追加。四国に縁のあるサトザクラが公園に春の彩りを飾る姿が,うれしく感じられました。】
○ 4/15(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オランダミミナグサの写真3枚を差し替え。子どもには,なぜかオランダという言葉だけが耳に残るようです。】
○ 4/15(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オッタチカタバミの写真を差し替え。近所に,茎を伸ばした晴れ晴れしいオッタチカタバミを見つけました。】
○ 4/ 7(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木アメリカを追加。日本からアメリカに渡ったソメイヨシノから選抜された栽培品種。ピンク色が濃いサクラです。】
○ 3/28(水) 蔵元公園へ続く道徳島県の樹木スギを追加。眉山にも他の山々に例外なく植林されています。日本の再生の一端を担ってきた樹木です。】
○ 3/20(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木蜂須賀桜(原田家)を追加。圧倒的な貫禄と美しさでした。徳島市の自然遺産の1つとも言うべき樹木です。】
○ 3/19(月) 蔵元公園へ続く道徳島県の樹木ノキシノブを追加。西部公園にあるクスノキやソメイヨシノの幹から,所狭しとびっしりと葉を出していました。】
○ 3/11(日) 蔵元公園へ続く道徳島県の樹木モミを追加。西部公園近くの階段を登った付近にありました。植わっている場所から,風情を感じました。】
○ 3/ 4(日) 蔵元公園へ続く道徳島県の樹木コクサギに晩冬に見られた果実の写真を2枚追加。中にある種子がはじき出され,果皮だけの状態でした。】
○ 2/28(火) 眉山病院付近徳島県の樹木テーダマツ(忌部神社)を追加。忌部神社に改めて足を運んでみると,大木のテーダマツがあって驚きました。】
○ 2/19(日) 文化の森総合公園徳島県の樹木スダジイを追加。文化の森総合公園内のちょっとした森林。その森林の主役は,スダジイだと感じました。】
○ 2/13(月) 蔵元公園へ続く道徳島県の樹木【ダイオウショウと掲載していたマツは,テーダマツの誤りでした。樹木の名前と文面を,訂正いたしました。】
○ 2/ 6(月) 山林や浜辺徳島県の樹木モラエスのお墓と旧遺跡徳島県の樹木を追加。晩年を徳島で過ごしたモラエスのお墓や旧遺跡に足を運びました。】
○ 1/29(日) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木アオキに実の写真を2枚追加。楕円形の真っ赤な実は,濃い緑の葉とのコントラストを強く感じます。】
○ 1/19(木) とくしま植物園徳島県の樹木シナサワグルミを追加。春に,垂れさがった雄花を見ました。成長が速いので,毎年見ていきたいと感じました。】
○ 1/ 8(日) とくしま植物園徳島県の樹木ジュウガツザクラを追加。春と秋の10月ごろから花をつけるのが名前の由来。ピンクの小皿のような花でした。】
○ 1/ 1(日) 大川原高原徳島県の樹木クサコアカソを追加。約1年半に出会った草花。消去法で,名前にたどりつきました。穂状の花は,個性的です。】
☆ 昨年は,日本にとって苦難の年でした。2012年は,自分が学べる幸せに感謝し,謙虚な気持ちで,樹木や植物に触れあっていきます。
○ 12/29(木) 樹木Topics徳島県の樹木【倉敷市の美観地区の町並みを支えるようにそびえ立つセンダン。大きくてどっしりした姿に,力強さを感じました。】
○ 12/21(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ムラサキツメクサを追加。明治時代に,日本に渡来しました。花色がほのぼのとして絵心を彷彿させます。】
○ 12/11(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ガマを追加。神話や「蒲」という漢字の多くがガマが由来であったこと等,知るほどにその価値を感じます。】
○ 12/ 4(日) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ヤブムラサキに,実の写真を4枚追加。実の下についている萼におびただしい密毛が生えていました。】
○ 11/27(日) 家の庭木徳島県の樹木ヤツデに花の写真を2枚追加。雄性期の小花がついた球状の花序です。意外と,今まで見ていませんでした。】
○ 11/20(日) 樹木Topics徳島県の樹木【紅葉・黄葉まじりのケヤキ並木の美しさに,心を奪われました。ケヤキ並木を見ると,昔の自分を思い出します。】
○ 11/16(水) 大川原高原徳島県の樹木オミナエシを追加。すらっと伸びた背丈の先にまとまって咲く黄色の小花が,お母さんトロフィーに思えました。】
○ 11/10(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木セイタカアワダチソウを追加。花粉アレルギーの元凶と言われますが,風評に過ぎないのが事実です。】
○ 11/ 3(木) 文化の森総合公園徳島県の樹木ジャヤナギを追加。枝葉を斜めに茂らせた樹形が名前の由来ですが,高野山では別の由来もあります。】
○ 10/30(日) 樹木Topics徳島県の樹木【季節外れのソメイヨシノの開花。嬉しい気持ちの反面,どこか季節感が曖昧になっているようで,憂いの思いも・・・】
○ 10/29(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヨメナを追加。名前の「嫁」は,花の淡い青紫色や姿がやさしく見えることに由来しています。】
○ 10/22(土) 大川原高原徳島県の樹木モミジカラスウリを追加。カラスウリの葉をモミジのように5〜9個程度に深く裂いたような姿が,名前の由来です。】
○ 10/17(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木アメリカツノクサネムを追加。草本なのに2mを超える背丈です。緑肥植物としての位置づけがあるようです。】
○ 10/12(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヤブヘビイチゴを追加。藪や日陰に多く,蛇の出そうな場所に生育するヘビイチゴに似るのが名前の由来。】
○ 10/ 8(土) 家の庭木徳島県の樹木イヌマキに実がついている写真を2枚追加。父親に,子ども時代に実をよく食べていたことを教えてもらいました。】
○ 10/ 8(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ツルボを追加。飢饉のとき食料として役立つ救荒植物に,ヒガンバナとツルボが入っていて驚きました。】
○ 10/ 1(土) 大川原高原徳島県の樹木ヒメヤブランを追加。直径5〜7mm程度の上向きに咲く小さな花が,精一杯に生きる姿を表現していました。】
○ 9/25(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木シナアブラギリを追加。中心が朱色の美しい花。種子から良質の桐油が採れることが、名前の由来です。】
○ 9/19(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木セイバンモロコシを追加。「西洋から伝来したモロコシ」が,名前の由来。背丈が高くて,存在感があります。】
○ 9/17(土) 大川原高原徳島県の樹木ウツボグサを追加。毛ばだった花穂がお姫様,紫色の唇型の花がお姫様を守る武将たちのように感じられました。】
○ 9/12(月) 大川原高原徳島県の樹木アキノタムラソウを追加。淡青紫色の唇弁花が数段になり下から咲き上がった様子が,しっとりしていました。】
○ 9/ 5(月) 大川原高原徳島県の樹木オトギリソウを追加。花弁や萼片に付いた黒い点や線が,名前の由来の説と関係があったことに驚きました。】
○ 9/ 3(土) 大川原高原徳島県の樹木フキを追加。食用のフキは,大型の秋田フキの葉柄です。「フキの煮物」を食べると,なぜかホッとさせられます。】
○ 8/29(月) 大川原高原徳島県の樹木ヤマコウバシを追加。初冬から翌春に,枯れ葉を枝いっぱいつけるのが特徴。クスノキに似た実をつけていました。】
○ 8/20(土) 自由研究の広場徳島県の樹木2011年 理科の自由研究 仕上がりです。採った葉のほとんどを,スケッチブックにまとめるのが大変でした。】
○ 8/20(土) 自由研究の広場徳島県の樹木【理科の自由研究へ取り組む様子です。娘が押し葉に取り組むのは,2年目。昨年より手際がよくできました。】
○ 8/19(金) 大川原高原徳島県の樹木コガンピを追加。長さ1センチぐらいの細い筒状の萼から出る小さい花がたくさんついていて,かわいいです。】
○ 8/14(日) 大川原高原徳島県の樹木アキグミを追加。果実が秋に熟すことに由来して,秋茱萸です。葉の裏面は,たいへん鮮やかな銀白緑色でした。】
○ 8/10(水) 大川原高原徳島県の樹木ケヤマハンノキを追加。造成地や山崩れ跡などの緑化樹として活躍する樹木。ミドリシジミの食草にもなります。】
○ 8/ 6(土) 大川原高原徳島県の樹木ノリウツギを追加。ウツギの仲間としては,最も遅い7〜8月に開花します。普通花の周りに装飾花があります。】
○ 8/ 6(土) 眉山病院付近徳島県の樹木リョウブの花の写真を追加。7月になって,眉山に足を運ぶと,リョウブの白い花を見かけることが多いです。】
○ 8/ 3(水) 山林や浜辺徳島県の樹木大川原高原徳島県の樹木を追加。7月末のイベント「キャンプ場祭り」は,家族の楽しみ。樹木や植物の発見もあります。】
○ 7/27(水) 自由研究の広場徳島県の樹木【小学校2年生の長女の「夏の理科の自由研究」計画案です。徳島市にある4本の巨樹をまとめる予定です。】
○ 7/25(月) 樹木Topics徳島県の樹木【娘の夏休みの理科の自由研究で,徳島市にある4本の巨樹を調べに行きました。充実感いっぱいの1日でした。】
○ 7/24(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木ナンキンハゼの写真を差し替え追加。花序の基部(雄花の下)につく雌花が,実になり始めていました。】
○ 7/18(月) 県外に目をやると徳島県の樹木兵庫県神戸市 六甲山(2010.6.27)を追加。約1年前の内容。山頂で見たヤマボウシの白さが印象的です。】
○ 7/ 9(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木マメグンバイナズナの写真を差し替え追加。大阪城の駐車場で,かわいい花と実を見つけました。】
○ 7/ 2(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オッタチカタバミを追加。愛嬌のあるネーミング。「おっ!今日も立っているねぇ!」と言いたくなる草花です。】
○ 6/26(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木オニグルミを追加。名前は,堅果の表面の深い溝を鬼に見立てたのが由来。日本固有の樹木です。】
○ 6/23(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヤナギハナガサを追加。柳のように細い葉と花笠のようなかわいい花の姿が,名前の由来です。】
○ 6/17(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒルザキツキミソウを追加。与謝野晶子の短歌に詠われた月見草とは異なり,昼間にも咲く美しい花です。】
○ 6/11(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木キツネアザミを追加。伝承「猟師に追われた狐がアザミに化けたが,慌てて刺をつけ忘れた」が好きです。】
○ 6/ 6(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カラスムギを追加。古い時代に麦と一緒に渡来した1〜2年草。整地していない畑一面に広がっていました。】
○ 6/ 3(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木イヌムギを追加。南アメリカ原産で牧草として渡来した帰化植物。春の終わりの夕暮れによく合う草花です。】
○ 5/29(日) 県外に目をやると徳島県の樹木兵庫県淡路市 淡路島公園(2011.4.30)を追加。ムラサキハシドイの開花,イヌエンジュの芽吹く姿を掲載。】
○ 5/26(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木アカメヤナギを追加。日当たりのよい河畔に生育。名前は,新葉が赤褐色を帯びることに由来しています。】
○ 5/22(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木スカシタゴボウを追加。花と実を同時につけるアブラナ科特有の姿は,理科の教科書に載るだけの器です。】
○ 5/22(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木タビラコを追加。葉が田に平らに広がる様子が,名前の由来。春の七草では,ホトケノザで知られています。】
○ 5/21(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木コメツブツメクサを追加。米粒みたいに小さい草花です。群生すると,黄色いじゅうたんのように思えます。】
○ 5/15(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木シノグロッサムを追加。桃色はミステリーローズ,鮮青色はブルーシャワー。落ち着いた雰囲気の花です。】
○ 5/15(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木ハリエンジュを追加。枝には,針のような刺があります。人間の勝手都合から,別名はニセアカシアです。】
○ 5/14(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ウラジロチチコグサを追加。葉の裏が白く,チチコグサに似ていることが由来。葉の表は,つやがありました。】
○ 5/11(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ムラサキサギゴケを追加。薄紫色の花の形が鷺に似て,枝が苔のように地面を這うことが名前の由来です。】
○ 5/ 8(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木セイヨウミザクラの実の写真を差し替え追加。園児が楽しみにしているさくらんぼの実が赤く熟し始めました。】
○ 5/ 8(日) 家の庭木徳島県の樹木スパラキシスを追加。花弁全体が白で,花弁の付け根が黄色の爽やかな花。別名は,スイセンアヤメです。】
○ 5/ 5(木) 家の庭木徳島県の樹木ダッチアイリスを追加。青紫色に黄色のラインが入った外花被片が特徴的。明るくて軽い感じの球根アイリスです。】
○ 5/ 3(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒメキンギョソウを追加。こぼれ種でふえ,見る人を楽しませてくれる花です。唇型の花に,心が癒されます。】
○ 5/ 1(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木スズメノテッポウを追加。小笛として遊びが楽しめる草花。花序を鉄砲の形に見立てたことが,名前の由来。】
○ 4/29(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木トキワハゼを追加。トキワ(常磐)は花期が長い,ハゼは種子を飛ばしハゼル姿に,それぞれ由来します。】
○ 4/27(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木スミレを追加。紫色(古代からの高貴な色)のかわいらしい花。名前は,距(きょ)の形に由来しています。】
○ 4/24(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木スズメノエンドウを追加。同じソラマメ属の3種の中で,一番小さい草花。花は白くて涼しげに感じられます。】
○ 4/23(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木キュウリグサを追加。見過ごしてしまいそうなぐらい小さな草花。青色の花弁が清楚で,かわいいです。】
○ 4/20(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヤエムグラに花の写真を2枚追加。ごく小さなクリーム色の花が,つつましげな春を表現していました。】
○ 4/17(日) とくしま植物園徳島県の樹木フサアカシアを追加。黄金色を思わせるほどの鮮やかな黄色です。雄しべが突き出た形がかわいい花です。】
○ 4/15(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木スイバの写真を差し替え追加。茎をぐんぐんと伸ばして,淡紅紫色のたくましい穂状の花をつけていました。】
○ 4/12(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木セイヨウカラシナを追加。「菜の花」と呼ばれるものの1つです。芥子を採る菜草が,名前の由来です。】
○ 4/ 9(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木セイヨウアブラナを追加。「菜の花」と呼ばれるものの1つです。種子から油を採る菜草が,名前の由来です。】
○ 4/ 5(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヤエムグラを追加。葉や茎に刺があって,衣服に引っかかることから,別名は「勲章草(くんしょうぐさ)」です。】
○ 4/ 2(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒメオドリコソウを追加。花が小さく,傘をかぶった踊り子のシルエットに似ていることが名前の由来です。】
○ 3/31(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木タガラシを追加。用水路の縁で,黄色の花を咲かせていました。花の中央にある緑色の玉が,目立ちます。】
○ 3/29(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カスマグサを追加。カラスノエンドウとスズメノエンドウの中間的な性質をもつことが,名前の由来です。】
○ 3/27(日) とくしま植物園徳島県の樹木ヤマザクラを追加。植樹して7〜8年ぐらいしか経っていないような若木があります。樹皮の美しさに感動します。】
○ 3/25(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木スイバを追加。オオイヌノフグリの花に囲まれながら,赤みがかったスイバの根生葉が広がっていました。】
○ 3/25(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木イタドリの写真を追加。秋に,近所の堤防沿いで見た花の写真を掲載。小花をたくさんつけていました。】
○ 3/24(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木サンシュユを追加。中国名「山茱萸(やまぐみ)」の音読みに由来があり,秋に茱萸に似た実をつけます。】
○ 3/23(水) 樹木Topics徳島県の樹木【もうヤマザクラが咲き始めていました。花びらの鮮やかさには,同時に展開する若葉の赤さに秘密がありました。】
○ 3/21(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オオイヌノフグリの写真を差し替え追加。春の野原を一面に覆う澄みきった青色は,いつ見ても鮮やかです。】
○ 3/20(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木スズメノカタビラを追加。小さいこと,花序を帷子に見立てたことから,雀帷子(すずめのかたびら)です。】
○ 3/17(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木タネツケバナを追加。種もみを水につけ田植えの準備を始めたころに花が咲くことに由来して,種漬花です。】
○ 3/15(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ホトケノザを追加。春の雑草の代名詞。葉が段々につく様子から,三階草(さんかいぐさ)の別名もあります。】
○ 3/13(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木レンゲソウの写真を4枚差し替え追加。3月中旬で,もう花を咲かせていました。紫の色合いは,薄めでした。】
○ 3/11(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オランダミミナグサの写真を4枚差し替え追加。花は,路傍や畑から初春を知らせているように感じます。】
○ 3/ 9(水) 弁天山徳島県の樹木アラカシを追加。どこでも目にしますが,弁天山の頂上で存在感があります。表舞台で活躍させたいアラカシです。】
○ 3/ 7(月) 家の庭木徳島県の樹木コウバイの写真を7枚差し替え追加。まだまだ四分咲きぐらいのコウバイ。まるっとしたピンクの蕾が,愛らしいです。】
○ 3/ 3(木) 弁天山徳島県の樹木ヒトツバを追加。樹木や岩の上に着生する乾燥に強いシダ植物。名前の由来は,文字通り「一つ葉」にあります。】
○ 3/ 1(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ムシトリナデシコの写真を2枚差し替え追加。河原で咲く花の姿は,やはりナデシコ属の美しさがあります。】
○ 2/27(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ナズナの写真を4枚差し替え追加。茎を成長させながら花を咲かせるので,新しい花の下に実がつきます。】
○ 2/25(金) 文化の森総合公園徳島県の樹木マンサクを追加。日差しに照り返る透き通るようなレモン色を帯びた黄色の花弁が,風情を感じさせます。】
○ 2/22(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ハコベの写真を4枚追加。春の到来が近づいています。思わず「春を運べ!」と,心の中で願いました。】
○ 2/20(日) 山林や浜辺徳島県の樹木弁天山徳島県の樹木を追加。徳島市南部にあり,自然の山では日本一低い山。標高6.1mで,登山に1分かかりません。】
○ 2/17(木) 頂上付近徳島県の樹木ムクノキの実の写真を2枚追加。田舎育ちの年配の方に,「小さい頃はこの実をおやつに食べていた」と伺いました。】
○ 2/15(火) とくしま植物園徳島県の樹木家から一歩出るとに掲載していたハマボウヨウシュヤマゴボウを,とくしま植物園のコーナーに移動しました。】
○ 2/11(金) 文化の森総合公園徳島県の樹木コクマザサを追加。石垣の上で寒さにも負けず,存在感を示しています。ヒメシノ(姫篠)とも呼ばれます。】
○ 2/ 8(火) 文化の森総合公園徳島県の樹木ムベを追加。花はアケビよりもスマートで,実が裂開しません。名前の由来に,興味深い逸話があります。】
○ 2/ 4(金) 文化の森総合公園徳島県の樹木オカメザサを追加。和の趣を感じさせる竹。名前は,このササ竿に阿亀を下げて売っていたことに由来。】
○ 2/ 1(火) 文化の森総合公園徳島県の樹木クマザサを追加。熊の字が当てられた熊笹。名前の由来は,葉の縁に白い隈取りができることにあります。】
○ 1/29(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木オトコエシを追加。秋の七草の1つオミナエシ(女郎花)より大きくて強そうなことに由来する男郎花です。】
○ 1/25(火) 『土石流危険看板』地点徳島県の樹木ツルウメモドキを追加。裂開したオレンジ色の殻と朱色の実のコントラストに,趣と美しさを感じます。】
○ 1/20(木) 樹木Topics徳島県の樹木【久しぶりに訪れた城南高校の敷地に,イヌマキの実がなっていました。実の下につく赤い花托は,食べられます。】
○ 1/17(月) ササが群生する付近徳島県の樹木ネザサを追加。名前を聞くと,「寝笹」に由来しているのかと思っていましたが,「根笹」が正解です。】
○ 1/14(金) ササが群生する付近徳島県の樹木眉山の新たな観察ポイント。眉山の頂上にたどりつくための最後の目印は,ササだと思っています。】
○ 1/12(水) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木イボタノキに,実の写真を2枚追加。黒紫色の実は,ネズミモチに瓜二つ。すっかり落葉していました。】
○ 1/ 9(日) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木サルトリイバラに,熟したピンク色の実の写真を2枚差し替え追加。1箇所から複数の実がつきます。】
○ 1/ 6(木) 『土石流危険看板』地点徳島県の樹木カラスウリに実の写真を2枚追加。カラスウリの赤い実は,どこか夢をもっているような美しさです。】
○ 1/ 4(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木クロマツを追加。海浜近くの沖州公園にあり,立派な樹形です。潮風に強い防風林としての特徴があります。】
○ 1/ 1(土) 県外に目をやると徳島県の樹木香川県東かがわ市とらまる公園(2010.12.25)を追加。アベマキの群生地を発見できたことが,喜びです。】
☆ 2011年も,どうぞよろしくお願いします!本年は,樹木や植物が歴史・文化とどのようにかかわっているか探りたいと思っています。
○ 12/28(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒメツルソバを追加。地面に這いつくばって生育します。1年間を通して,金平糖のような花が見られます。】
○ 12/24(金) とくしま植物園徳島県の樹木シラカシを追加。くねくね坂を登ったところのお気に入りの1本。どの視点からもシラカシらしさが感じられます。】
○ 12/21(火) とくしま植物園徳島県の樹木コナラを追加。とくしま植物園のくねくね坂を登っていく右側には,コナラを中心とした雑木林が見られます。】
○ 12/19(日) とくしま植物園徳島県の樹木クヌギを追加。とくしま植物園で,クヌギと言えばこの樹木を思い出すほど,秋にたくさんどんぐりをつけます。】
○ 12/17(金) とくしま植物園徳島県の樹木クサツゲを追加。シンボル花壇の通路縁の彩り豊かな緑として,自分の役目をしっかり果たしていました。】
○ 12/14(火) 『土石流危険看板』地点徳島県の樹木カラスウリを追加。黒い種は,打ち出の小槌に似ているので,「大黒様」と呼ばれています。】
○ 12/11(土) とくしま植物園徳島県の樹木ハクチョウゲを追加。12月だというのに,小さな花が濃い緑色の葉の上に,満点星のように浮かんでいました。】
○ 12/ 7(火) 県外に目をやると徳島県の樹木兵庫県南あわじ市 道の駅うずしお(2010.12.4)を追加。トベラの粘りのある赤い種子が,特徴的でした。】
○ 12/ 4(土) 公園や植物園徳島県の樹木とくしま植物園の見晴らし徳島県の樹木を掲載。晩秋の夕映えに照った景色を見て,調べ直してみたいと感じました。】
○ 12/ 2(木) 公園や植物園徳島県の樹木とくしま植物園徳島県の樹木を掲載。見たことのない樹木と出会ったときは,この植物園でよくヒントをもらいます。】
○ 11/30(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木【掲載していたクサツゲは,セイヨウツゲの誤りでした。ヨーロッパ南部原産で,別名はボックスウッドです。】
○ 11/27(土) 眉山公園付近徳島県の樹木オニドコロに実の写真を2枚追加。縦長の楕円形の翼が3つつき,下から見ると翼のプロペラは閉じていました。】
○ 11/25(木) 眉山病院付近徳島県の樹木ヤマノイモに実の写真を2枚追加しました。丸みがある横長の翼が3つついていて,特徴的な形をしていました。】
○ 11/23(火) 眉山病院付近徳島県の樹木ヒオウギを追加。実が,「射干玉(ぬばたま)」と呼ばれ,万葉集では枕詞としてたびたび登場してきます。】
○ 11/20(土) 神社やお寺徳島県の樹木神山町 左手宮(さでのみや)八幡神社(2010.11.14)を追加。意外にもイチイガシのどんぐりが見つかりました!】
○ 11/16(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オオベニタデを追加。観賞用の植物ですが,野生化しています。雨水に濡れた姿が,色っぽく思えました。】
○ 11/14(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒナギキョウを追加。秋の七草のキキョウに似ていて,雛のように小さいことからヒナギキョウと呼ばれます。】
○ 11/11(木) 眉山病院付近徳島県の樹木イヌビワにイシガケチョウの幼虫の写真を2枚追加。南国にある石垣のような翅をしたチョウの成虫になります。】
○ 11/ 9(火) 樹木Topics徳島県の樹木【ネイチャーゲームに家族で参加させてもらいました。活動を通して,何が大事かを見つめ直すことができました。】
○ 11/ 7(日) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木シラカシの写真を3枚差し替えました。あすたむらんど徳島に,新鮮なシラカシのどんぐりがありました。】
○ 11/ 6(土) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木シラカシを追加。堅果の先に環状型のくぼみがあります。アラカシと対比させて見つめたいどんぐりです。】
○ 11/ 3(水) 県外に目をやると徳島県の樹木兵庫県淡路市 淡路島公園(2010.6.6)を追加。白い蝶に由来しているハクチョウソウの花が,神秘的でした。】
○ 10/31(日) 神社やお寺徳島県の樹木上勝町 藤川神社(2010.10.31)を追加。他のどんぐりと比べると,イチイガシのどんぐりの素晴らしさが分かります。】
○ 10/31(日) 『かんぽの宿徳島』まで1.6km地点徳島県の樹木ツクシハギを追加。秋の七草の1つに挙げられるハギ(萩)。秋のさわやかさを感じます。】
○ 10/29(金) 樹木Topics徳島県の樹木【新たに飼育し始めたナミアゲハの幼虫は蛹になってから羽化する気配がなく,越冬していきそうな雰囲気です。】
○ 10/26(火) 『かんぽの宿徳島』まで1.6km地点徳島県の樹木ノグルミの実を追加。松かさ状に立っています。眉山の秋を表現する象徴的な実です。】
○ 10/24(日) 墓苑-ふれあいの丘徳島県の樹木ゴンズイに,実の写真を2枚追加。名前と裏腹に感じるのは,この実の配色の素晴しさ・美しさです。】
○ 10/23(土) 県外に目をやると徳島県の樹木兵庫県淡路市 明石海峡公園(2010.6.6)を追加。フェイジョアとサラサウツギの花に,心が癒されました。】
○ 10/20(水) 徳島中央公園徳島県の樹木ヤブランを追加。藪に自生して,葉がランに似ているから藪蘭。ほどよいアクセントになる名脇役の草花です。】
○ 10/18(月) 葉や実の学び方徳島県の樹木フィールドワークや研修徳島県の樹木自由研究の広場徳島県の樹木 研究的な視点から樹木や植物を見つめていきます。】
○ 10/17(日) 徳島中央公園徳島県の樹木ヤマモモを追加。古代のモモと言えば,ヤマモモでした。昔話『桃太郎』との関係は,非常に興味深いです。】
○ 10/13(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヨモギを追加。どこにでも普通に生える宿根草。草餅を作るときに若葉を用いるので,別名は餅草です。】
○ 10/10(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木イヌタデを追加。萼が紅色なので,蕾や咲き終わりの花でも群生していると,美しく見ごたえがあります。】
○ 10/ 7(木) わが町の通りには徳島県の樹木マテバシイを追加。雌花は翌年の秋にどんぐりになります。虫食いに合いにくく,飾り物に適しています。】
○ 10/ 6(水) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木マテバシイの写真を差し替えました。マテバシイのどんぐりは,どこか勇ましくて男らしさを感じます。】
○ 10/ 5(火) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木コナラを追加。堅果が縦長で丸みのあるロケット型どんぐり。殻斗から堅果が落ちやすいのが特徴です。】
○ 10/ 3(日) 蝶を追い求めて徳島県の樹木キアゲハが蛹から羽化する瞬間(2010.8.20)を追加。羽化する神秘的なシーンを見ることができました。】
○ 10/ 2(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木コゴメカヤツリを追加。小花が稲のモミに似て小穂がカヤツリグサより小さいので,小米蚊帳吊です。】
○ 9/28(火) 樹木Topics徳島県の樹木【家で飼育しているナミアゲハの幼虫が,蛹になりました。5齢幼虫から蛹になるまでの日数は,6日間でした。】
○ 9/27(月) 眉山公園付近徳島県の樹木メドハギを追加。奈良時代から平安時代にかけ,占い用の棒として使われていた草花。キチョウの食草です。】
○ 9/25(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木コセンダングサを追加。センダングサ属の中では,最も目にする草花です。種子は,「ひっつき虫」です。】
○ 9/23(木) 樹木Topics徳島県の樹木【みかんの木に産みつけられたナミアゲハの卵を飼育しています。ふ化した幼虫は,5齢幼虫まで成長しました。】
○ 9/22(水) 眉山公園付近徳島県の樹木ヘクソカズラを追加。花は名前とは裏腹の美しさがあり,別名の早乙女花の方が似合っていると感じました。】
○ 9/20(月) 眉山公園付近徳島県の樹木オニドコロを追加。眉山のあらゆる場所で,目にするツル植物。ヤマノイモより,ふっくらとした葉をしています。】
○ 9/17(金) 眉山病院付近徳島県の樹木デュランタを追加。紫色のすがすがしい花色が,藤に似ています。名前は,植物学者の人名に由来しています。】
○ 9/14(火) 『土石流危険看板』地点徳島県の樹木メハジキを追加。子どもが茎をまぶたにはさみ目を開かせて遊んだことから,目弾きと言われます。】
○ 9/12(日) 『土石流危険看板』地点徳島県の樹木眉山の新たな観察ポイント。あと少しで頂上という地点で,『土石流危険』の表示看板があります。】
○ 9/10(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木コバンソウを追加。黄褐色の実を小判に見立てたことが,名前の由来です。ヨーロッパの帰化植物です。】
○ 9/ 8(水) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木【コウゾと掲載していたものは,ヒメコウゾの誤りでした。訂正しておきます。写真を4枚,追加しました。】
○ 9/ 6(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ツユクサを追加。花の造りに,構成の美を感じます。昆虫の訪問がなくても,自家受粉することができます。】
○ 9/ 4(土) わが町の通りには徳島県の樹木コヒルガオを追加。野原や道端に普通に見られる草花です。葉の基部の形から,ヒルガオと区別できます。】
○ 9/ 1(水) 樹木Topics徳島県の樹木【整地したばかりの家の畑に,ナミアゲハの集団がいました。10頭ほどの蝶が集まっていて,驚きの光景でした。】
○ 8/31(火) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ヒメヒオウギズイセンを追加。明治時代に渡来してきた園芸植物が,ずいぶんと野生化しています。】
○ 8/30(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木マメグンバイナズナを追加。徳島市内で初めて見ました。小さくて丸い実が,非常にかわいい草花です。】
○ 8/28(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オヒシバを追加。夏の日照りを気にすることなく,アスファルトの割れ目からでも生えてくる力強い草花です。】
○ 8/26(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木メヒシバを追加。どこにでも育つ雑草こそ,名前を知ったときに感動が大きい。そんなことを感じる草花です。】
○ 8/25(水) わが町の通りには徳島県の樹木イヌホオズキを追加。役に立たない(=イヌ)ホオズキに由来しますが,道端ではよく目にする草花です。】
○ 8/23(月) 樹木Topics徳島県の樹木【2匹の蛹のキアゲハが,2頭の蝶に羽化しました。2頭目は,羽化するシーンを一部始終見ることができました。】
○ 8/23(月) 樹木Topics徳島県の樹木【幼虫だったキアゲハが動かなくなったと思うと,口からはいた糸を体にかけて,蛹になっていました。】
○ 8/22(日) 『かんぽの宿徳島』まで1.6km地点徳島県の樹木センニンソウの花の写真を4枚追加。4枚の萼と雄しべが真っ白で,お化粧のようでした。】
○ 8/20(金) 眉山病院付近徳島県の樹木ヤマノイモを追加。眉山のあらゆる場所で,目にします。文字通り,山地に生える芋に名前の由来があります。】
○ 8/17(火) 眉山公園付近徳島県の樹木エビヅルを追加。ノブドウとは違って,果実は黒く熟すと甘くて食べられます。巻きひげは,3節に2回つきます。】
○ 8/15(日) 葉や実の学び方徳島県の樹木【長女と一緒に汗をかいた「夏の生活科の自由研究」。親が子どもにしてやれることは,本当にささやかです。】
○ 8/15(日) 葉や実の学び方徳島県の樹木【押し葉作りの活動手順に,葉を新聞紙に挟んだり,板をゴムで巻いたりする様子を,写真で掲載しました。】
○ 8/12(木) 何気ない樹木(ホルトノキ)からを左メニューから外しました。新メニュー『蝶を追い求めて』では,蝶と植物の関係を探っていきます。
○ 8/12(木) 樹木Topics徳島県の樹木【キアゲハの幼虫の食欲の多さに驚きました。腹足の吸盤をうまく使って動いている姿には,感心させられます。】
○ 8/10(火) 樹木Topics徳島県の樹木【家の畑のにんじんに,鮮やかな黄緑色に黒とオレンジの模様をしたキアゲハの5齢幼虫がいました。】
○ 8/ 9(月) 眉山公園付近徳島県の樹木タブノキの春の新芽の写真を3枚差し替え追加。肌色がかった新葉が,春の息吹きを感じさせてくれます。】
○ 8/ 9(月) 上勝町 高丸山徳島県の樹木ヤマグルマを追加。タブノキのような花芽に,ユズリハのような輪生状の葉をつけます。葉柄が長かったです。】
○ 8/ 8(日) 樹木Topics徳島県の樹木【こげ茶色のアサガオの実の中に,黒い種がついていました。小さくてかわいい種が,たくさん詰まっています。】
○ 8/ 6(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木セリの花の写真を4枚追加。7月下旬から,開花しています。湿りぎみの畑に,白くて小さい花が咲きました。】
○ 8/ 5(木) 上勝町 高丸山徳島県の樹木ヤマフジを追加。つる性では,春の終わりを告げる花として有名です。アサガオの蔓と同じ巻き方をしています。】
○ 8/ 4(水) 上勝町 高丸山徳島県の樹木アケボノツツジを追加。高丸山のブナの山肌をほんのりと染め出したピンク色が,心に残る美しさでした。】
○ 8/ 2(月) 樹木Topics徳島県の樹木【何気なく部屋の窓から目をやると,ヤブガラシの花にナミアゲハが止まっていました。心に残る1シーンです。】
○ 7/31(土) 山林や浜辺徳島県の樹木上勝町 高丸山徳島県の樹木を追加。秋と春に1度ずつ登山。素晴らしい見識をもった方との出会いがありました。】
○ 7/30(金) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ハマユウの写真を1枚差し替え。眉山の登山口近くにあるハマユウの花に,1年ぶりに再会しました。】
○ 7/28(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木キカラスウリを追加。縁の裂けた白い花をつけます。昔は,実をすり潰した粉がベビーパウダーでした。】
○ 7/26(月) 樹木Topics徳島県の樹木【支柱の最上まで登りつめてしまったアサガオの蔓。行き場のなくなった蔓は,横に誘引して遊ばせています。】
○ 7/23(金) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木ネジキの若い枝を追加。冬芽が終わり,新葉をつけようとした若い枝。ささやかな春を感じます。】
○ 7/21(水) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木ネズミサシを追加。アカマツ林で見られる針葉樹。輪生する葉は,触ると予想通りの痛さです。】
○ 7/19(月) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木シャシャンボを追加。枝にたくさんつく小さな果実を子どもに見立てたのが,名前の由来です。】
○ 7/17(土) 樹木Topics徳島県の樹木【らせん状に屋根まであがるアサガオのツル。竹の支柱を使ったことが,アサガオカーテンが失敗した原因です。】
○ 7/17(土) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ヤブソテツを追加。外形がソテツに似て,藪に生えることが由来。葉の裏には包膜がいっぱいです。】
○ 7/15(木) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木マルバアオダモの冬芽を追加。頂芽の左右に側芽が対生し,丸みのある卵形の冬芽でした。】
○ 7/13(火) 文化の森総合公園徳島県の樹木イヌムラサキシキブを追加。ムラサキシキブとヤブムラサキの雑種。葉の裏や萼に星状毛がありました。】
○ 7/11(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ドクダミを追加。毒や痛みに効くことから「毒痛み」が転訛したのが由来。日陰の湿った場所によく咲きます。】
○ 7/10(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木セリを追加。春の七草の一つで,湿地によく見られます。競り合って群生しているのが,名前の由来です。】
○ 7/ 8(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木チチコグサモドキを追加。アスファルトの隙間から,茎を伸ばし花をつけていました。力強さを感じる花です。】
○ 7/ 6(火) 樹木Topics徳島県の樹木【色とりどりのアサガオの花が咲き始めました。薄めの水色や紫色の花は涼しげで,暑い夏の日にぴったりです。】
○ 7/ 4(日) 蔵元公園へ続く道徳島県の樹木ナガバモミジイチゴを追加。葉が紅葉のように分裂し,中央の裂片が伸びていることに,由来があります。】
○ 7/ 3(土) 家の庭木徳島県の樹木ハナビシソウを追加。カリフォルニアの州花で,こぼれ種から草丈を伸ばし,色鮮やかなオレンジ色の花をつけます。】
○ 7/ 2(金) 蔵元公園へ続く道徳島県の樹木ダイオウショウを追加。北アメリカ原産で,松葉が長いことから大王松です。3本の松葉が,特徴的です】
○ 6/30(水) 蔵元公園へ続く道徳島県の樹木コクサギを追加。殺菌作用のアルカロイドを含み,昔から今日まで,人間の生活に密着してきた樹木です。】
○ 6/28(月) 樹木Topics徳島県の樹木【アサガオの花が咲き始めました。しっかりとした漏斗状の紫色と赤紫色の花が,すがすがしく咲いていました。】
○ 6/26(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ノゲシを追加。野に咲き,葉がケシの葉に似ているのが名前の由来。春を彩るキク科の代表的な草花です。】
○ 6/24(木) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木コウヤボウキを追加。白い花を咲かせます。枝を束ねて高野山で箒に使ったのが由来です。】
○ 6/22(火) 美波町 大浜海岸徳島県の樹木コマツヨイグサを追加。夕日が差しこむころ花を開き始め,朝方近くまで咲いている姿が切なく感じます。】
○ 6/20(日) 美波町 大浜海岸徳島県の樹木ハマヒルガオを追加。海岸の砂地に生育します。ヒルガオよりも開花が早く,ピンク色が少し濃いめです。】
○ 6/19(土) 樹木Topics徳島県の樹木【アサガオの本葉が,すくすくと成長してきました。梅雨に入って,どんどんツルを伸ばしていくのが楽しみです。】
○ 6/19(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ニワゼキショウを追加。花被の基部にある光に透けたような黄色がとてもきれいで,心を奪われました。】
○ 6/18(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ケキツネノボタンを追加。茎や葉が有毛で,実が狐のように化かし,葉が牡丹に似ていることが由来です。】
○ 6/17(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木ビヨウヤナギを追加。噴水のように見える花の雄しべが,個性的です。中国では金糸桃と呼ばれています。】
○ 6/16(水) 文化の森総合公園徳島県の樹木キンシバイを追加。雄しべが金の糸のようで,梅の花に似ているので金糸梅です。優しい感じの花です。】
○ 6/15(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ハコベを追加。春の七草の一つです。意識して見ないと分からないぐらい,小さくてかわいい花をつけます。】
○ 6/14(月) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木カナメモチを追加。レッドロビンより野性味があり,材は扇の要の部分に用いられたようです。】
○ 6/13(日) 文化の森総合公園徳島県の樹木レッドロビンを追加。春に情熱的な赤い新葉をつけます。病気や乾燥に強く,生垣によく植えられています。】
○ 6/13(日) サイトのURLが次のように変更! http://tokushimazyumoku.la.coocan.jp/ 中断した間の更新も掲載しました。
○ 6/12(土) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ミミズバイを追加。ミミズの頭のように見える長卵形の実はおもしろく,名前の由来にもなっています。】
○ 6/11(金) 文化の森総合公園徳島県の樹木シバザクラを追加。サクラが終わった寂しさを足元から癒してくれる花。一面に咲いた美しさは見物です。】
○ 6/10(木) 文化の森総合公園徳島県の樹木シャクナゲを追加。低木の女王バラに対して,シャクナゲは王です。花が多数集まった姿が,豪華です。】
○ 6/ 9(水) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木ハチクを追加。マダケやモウソウチクと並び三大有用竹の1つ。淡竹と記し,食用にも好まれる。】
○ 6/ 8(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木アメリカフウロを追加。道ばたや畑など,どこにでもある帰化植物。名前負けするほどかわいらしい花です。】
○ 6/ 7(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒエガエリを追加。名前も見た目も,どことなく昔の日本を感じさせてくれる懐かしい雰囲気の草花です。】
○ 6/ 6(日) 山林や浜辺徳島県の樹木蔵元公園へ続く道徳島県の樹木を追加。ソメイヨシノで有名な西部公園が途中にあります。一度は登ってみたい道です。】
○ 6/ 5(土) 山林や浜辺徳島県の樹木美波町 大浜海岸徳島県の樹木を追加。ついつい立ち寄ってしまう海岸です。景色が素晴らしくて,心が晴れ晴れします。】
○ 6/ 5(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒメコバンソウを追加。果実が黄褐色のコバンソウ(小判草)に比べると小さいので,姫小判草と呼ばれます。】
○ 6/ 4(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カワラナデシコを追加。細かく裂けたピンク色の花弁が,我が子を撫(な)でるようにかわいいので,撫子です。】
 ※ プロバイダ提供のWeb容量制限を越えたため,更新不能に。新しいプロバイダと契約して,URLを変更してサイト運営を継続します。
○ 6/ 3(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ムシトリナデシコを追加。茎の節の下から粘液が出て虫がくっつくことから,虫捕り撫子と呼ばれています。】
○ 6/ 2(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木マツバウンランを追加。ウンラン(海蘭)の近縁種で,葉が松葉のように細いので,松葉海蘭と呼ばれます。】
○ 6/ 1(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ヒメジョオンを追加。ハルジオンに似ていますが,1ヵ月ほど花が咲くのが遅く,やや背丈の低い草花です。】
○ 5/31(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ハルジオンを追加。夏の終わりに咲くシオン(紫苑)に似て,春に咲くことから春紫苑と命名されました。】
○ 5/30(日) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ニガナを追加。5枚の黄色い舌状花をもつ小さな花です。葉や茎を切ると苦みがあるので,苦菜です。】
○ 5/30(日) 野に咲く草花たち徳島県の樹木チガヤを追加。堤防沿いの車道脇に群生して,花穂をつけていました。風に揺れる姿が,涼しげに感じます。】
○ 5/29(土) 家の庭木徳島県の樹木ビワを追加。家にあるビワの木に実がたくさん成りました。我が家では,食べるときに「ビワの種出し」をしています。】
○ 5/29(土) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オオキンケイギクを追加。北アメリカ原産の帰化植物で,堤防沿いの一面に咲くと,黄金色で美しいです。】
○ 5/29(土) わが町の通りには徳島県の樹木サツキツツジを追加。花や葉が,他のツツジに比べると小型です。ツツジの中では,遅い開花が特徴です。】
○ 5/29(土) 文化の森総合公園徳島県の樹木ヒラドツツジを追加。街路樹としては,親しみのある花です。初夏に色とりどりの大輪の花を咲かせます。】
○ 5/28(金) 文化の森総合公園徳島県の樹木キリシマツツジを追加。ヤマツツジとミヤマキリシマの交配種です。4月中旬ぐらいに,小さな花をつけます。】
○ 5/27(木) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オランダミミナグサを追加。対生した小さな葉が左右に垂れて出た姿が,あどけなくてかわいらしいです。】
○ 5/26(水) 文化の森総合公園徳島県の樹木エビネを追加。人間の「採取」により,山野では見かけなくなった花です。和の心と味わい深さがあります。】
○ 5/25(火) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木ナナミノキを追加。美しい実が評判なことのナノミノキ(名の実の木)による説を信頼しています。】
○ 5/24(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木キランソウを追加。別名のジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)は,一度聞いたら忘れない印象深い名前です。】
○ 5/23(日) わが町の通りには徳島県の樹木スイカズラを追加。街中の花壇に,スイカズラがツルを伸ばして白色と黄色の花を咲かせていました。】
○ 5/22(土) 樹木Topics徳島県の樹木【娘と一緒にまいたアサガオの種が,双葉をつけました。そのアサガオの苗を,家の花壇にお引っ越しです。】
○ 5/22(土) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木オオバヤシャブシを追加。窒素を空気中から取りこみ,土地を肥やす生育力の強い樹木です。】
○ 5/22(土) 文化の森総合公園徳島県の樹木クロバイを追加。花序を伸ばして,白い小花をたくさんつけます。勢いのある雄しべが,印象的でした。】
○ 5/21(金) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ハハコグサを追加。母子草と書かれることが多いですが,実際の名前の由来は「ホオケグサ」にあります。】
○ 5/20(木) 徳島中央公園徳島県の樹木マユミを追加。材が弾力があってよくしなり,昔,この木で弓を作ったことから真弓と呼ばれるようになりました。】
○ 5/19(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木アカカタバミを追加。カタバミより葉が小さくて濃赤紫色です。葉の下に隠れるようにダンゴムシもいました。】
○ 5/18(火) 徳島中央公園徳島県の樹木【ノウセンカズラと掲載していたものは,ノウゼンカズラの誤りでした。油断すると,間違える名前だと感じました。】
○ 5/18(火) 徳島中央公園徳島県の樹木ニシキギを追加。枝につけるコルク質の翼が大きな特徴です。秋に見せる紅葉とはじけた果実が,美しいです。】
○ 5/18(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カラスノエンドウを追加。豆果の黒く熟した姿がカラスに似たマメ科の植物なので,烏野豌豆と呼ばれます。】
○ 5/17(月) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ナズナを追加。春の七草の1つで,実の形が三味線に似ているのでペンペングサの別名で知られています。】
○ 5/16(日) 徳島中央公園徳島県の樹木カルミアの写真を差し替え追加。花を咲かせる前の蕾の形がおもしろく,ケーキのデコレーションに見えました。】
○ 5/16(日) 文化の森総合公園徳島県の樹木ハナカイドウを追加。中国で愛される花です。酒に酔った楊貴妃の姿から,「眠れる花」の異名をもちます。】
○ 5/15(土) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ウツギマルバウツギの写真を差し替え追加。雲のような鮮やかな花の様子には,初夏を感じました。】
○ 5/15(土) 家の庭木徳島県の樹木ヤツデの葉で遊ぶ娘の写真を2枚追加。】 野に咲く草花たち徳島県の樹木シロツメクサの冠をかぶる娘の写真を2枚追加。】
○ 5/15(土) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木アオキを追加。葉柄をぴんと伸ばして,ぴかぴかと照り輝く新葉の姿がまばゆくて,心に残りました。】
○ 5/14(金) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ヤマコウバシを追加。春になっても枝に枯れ葉をつけたままの姿が勇ましくて,目立っていました。】
○ 5/13(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木モッコウバラを追加。コデマリの花が咲く時期に見られる木本のバラです。花色が金色のように見えました。】
○ 5/12(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木シロツメクサを追加。白くて,日本に輸出物を送る際に詰める草として使われたので,白詰草と呼ばれます。】
○ 5/11(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木レンゲソウを追加。春の代名詞に挙げられる草花で,野原一面に咲く姿は『赤紫じゅうたん』に見えます。】
○ 5/10(月) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木マルバアオダモに,花の写真を差し替え追加。細い糸のような花弁には,繊細さを感じました。】
○ 5/10(月) 樹木Topics徳島県の樹木【東かがわ市から大坂峠を走っていくと,崖沿いにそびえ立ったキリの花がありました。一瞬で,心を奪われました。】
○ 5/ 9(日) 家の庭木徳島県の樹木ナガミヒナゲシを追加。長い茎を伸ばして実をつけることから,長見雛罌粟の由来があります。花はサーモン色です。】
○ 5/ 8(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ヤマボウシの花の写真を3枚追加。名前の由来通り,総苞と花の集まりがそれぞれ頭巾と法師に見えます。】
○ 5/ 8(土) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にスイセン(5種類)を追加。水辺を好んで繁殖する清らかな植物「水の仙人」が,水仙の名前の由来です。】
○ 5/ 7(金) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ハランを追加。大きなランを意味するバラン(馬欄)に由来があります。料理の仕切りにも使われます。】
○ 5/ 6(木) 『かんぽの宿徳島』まで1.6km地点徳島県の樹木テリハノイバラを追加。葉に光沢がありピカピカしているので,照葉野薔薇と呼ばれます。】
○ 5/ 5(水) 眉山公園付近徳島県の樹木シダレザクラを追加。エドヒガンが変異した枝が垂れるサクラ。風にたなびく枝から,イトザクラとも呼ばれます。】
○ 5/ 5(水) 頂上付近徳島県の樹木【頂上の駐車場付近に咲くサクラの風景写真を,3枚追加しました。眉山のサクラの美しさは,徳島の大きな財産です。】
○ 5/ 5(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木オオデマリを追加。コデマリの仲間ではなく,野生のヤブデマリが装飾花に変わった園芸品種です。】
○ 5/ 5(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木コデマリを追加。白い小花を半球状につけた花序を,小さい手毬に見立てたことが名前の由来です。】
○ 5/ 4(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木ナニワイバラを追加。家の壁面に張りついていました。難波商人が輸入して広めたのが,名前の由来です。】
○ 5/ 3(月) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木ムスカリを追加。春のガーデニングでよく見られます。ブドウの房に似たかわいい花をつけます。】
○ 5/ 2(日) 『かんぽの宿徳島』まで1.6km地点徳島県の樹木オオバヤシャブシを追加。松かさ状の球果が不気味で恐ろしいので,夜叉と言われます。】
○ 5/ 1(土) 眉山公園付近徳島県の樹木【写真を5枚,サクラの入った春が感じられる写真に差し替えました。花見の季節,多くの人でにぎわう公園です。】
○ 4/30(木) 眉山公園付近徳島県の樹木カンヒザクラを追加。早咲き品種のサクラの交配親として有名。花弁が平開せず,下向きに咲くのが特徴です。】
○ 4/29(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木ムラサキカタバミを追加。私の近所の野原で一番見かけるカタバミ属の草花は,このムラサキカタバミです。】
○ 4/29(水) 徳島中央公園徳島県の樹木ノダフジの写真を修正・追加。藤棚の下に行ったときの甘い香りは,自然な感じの甘さで心が癒されます。】
○ 4/28(水) 野に咲く草花たち徳島県の樹木カタバミを追加。「片喰」と書かれ,閉じた葉が食べ取られたように見えることに,名前の由来があります。】
○ 4/27(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オオイヌノフグリを追加。春にどの野原や畑にも見られる青く澄み切った小花。名前の由来が残念ですが・・・】
○ 4/26(月) 文化の森総合公園徳島県の樹木ドウダンツツジの写真を変更。白い壺型の花が咲きほころび,「満天躑躅」の名にふさわしい光景でした。】
○ 4/25(日) わが町の通りには徳島県の樹木トウモクレンを追加。丸みのある花弁をしたシモクレンに比べると,小型で細身な花弁をしています。】
○ 4/25(日) 『かんぽの宿徳島』まで1.6km地点徳島県の樹木センニンソウを追加。萼片が目立つ白花,ひげのような羽状毛をもつ実は特徴的です。】
○ 4/24(土) きつい傾斜道徳島県の樹木アオモジの花を追加。3月下旬,眉山にこれから登りだそうという地点に,アオモジの花が咲き乱れていました。】
○ 4/23(金) 文化の森総合公園徳島県の樹木ヤマブキを追加。名前の通り「やまぶき色」を思わせるような花です。古くから日本人に愛されてきました。】
○ 4/21(水) 文化の森総合公園徳島県の樹木オオシマザクラを追加。白くて大型のサクラです。若葉は塩漬けされて,桜餅を包む葉として使われます。】
○ 4/20(火) 文化の森総合公園徳島県の樹木コヒガンを追加。エドヒガンとマメザクラの雑種です。春彼岸あたりに開花する小高木のサクラです。】
○ 4/20(火) 文化の森総合公園徳島県の樹木【ツルニチソウと掲載していたものは,ツルニチニチソウの誤りでした。名前を訂正しておきます。】
○ 4/18(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木【メニュー画面を作り,分かりやすくさせました。】 野に咲く草花たち徳島県の樹木【草花を紹介するページです。】
○ 4/17(土) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木スズランスイセンを追加。スイセンのような茎,スズランのような白い花が名前の由来です。】
○ 4/16(金) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木ハナニラを追加。野原一面に咲く姿に感動しました。別名は,セイヨウアマナ(西洋甘菜)です。】
○ 4/15(木) 徳島中央公園徳島県の樹木クサイチゴを追加。背丈の低さと名前に反して,木本です。つぶつぶの実ができるのが,待ち遠しいです。】
○ 4/13(火) わが町の通りには徳島県の樹木カロライナジャスミンを追加。ジャスミンに似た香りをもつ有毒植物。サウス・カロライナ州の州花です。】
○ 4/11(日) 公園や植物園徳島県の樹木花見の景色のサクラを掲載。市役所から見る中央公園のサクラ,中央公園の花見の様子などを載せました。】
○ 4/11(日) 文化の森総合公園徳島県の樹木ヒメウズを追加。直径4〜5mmの赤ちゃんの小指くらいのかわいい花。葉形にもかわいらしさがあります。】
○ 4/11(日) 文化の森総合公園徳島県の樹木タチツボスミレを追加。タチ(立)は茎を伸ばすこと,ツボ(坪)は身近な所で見られることが名前の由来です。】
○ 4/10(土) 徳島中央公園徳島県の樹木ソメイヨシノを追加。最も一般的でありながら,人気が高く日本人の心を引き寄せる親しみやすいサクラです。】
○ 4/ 8(木) 鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木シデコブシを追加。細長い花びらを,玉串やしめ縄につける紙垂(しで)に見立てたのが由来。】
○ 4/ 6(火) 文化の森総合公園徳島県の樹木タムシバを追加。コブシよりも花の純白感が強く,「カムシバ(噛む柴)」が転訛したことが名前の由来です。】
○ 4/ 4(日) 眉山病院付近徳島県の樹木ヤマザクラを追加。山の中に咲く原生種のサクラ。豊臣秀吉が,奈良の吉野でこよなく愛したサクラです。】
○ 4/ 3(土) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ウラシマソウを追加。花序の付属体が糸状に伸びる姿が,浦島太郎の釣り糸に見立てられました。】
○ 4/ 1(木) 『かんぽの宿徳島』まで1.6km地点徳島県の樹木ジュウニヒトエを追加。重なり合って咲く花を十二単の着物に見てたことが名の由来です。】
○ 3/30(火) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木フウトウカズラを追加。江戸時代に,シーボルトが名づけたツル植物。岩にびっしりと絡んでいました。】
○ 3/28(日) 眉山病院付近徳島県の樹木ムラサキケマンを追加。仏像の装飾品(華鬘)に由来したケマンソウに似た紫色の花として知られています。】
○ 3/26(金) 眉山病院付近徳島県の樹木シナレンギョウを追加。春の黄色い花の代名詞。立ち上がるように勢いがある枝に,細長い花弁がつきます。】
○ 3/24(水) きつい傾斜道徳島県の樹木【ゴヨウアケビと掲載していたものは,アケビの誤りでした。春に咲く紫色の雄花と雌花の写真を追加しました。】
○ 3/23(火) 山林や浜辺徳島県の樹木鳴門市大麻山(2010.03.22)徳島県の樹木を追加。大麻山の植物や樹木たちの春の鮮やかさをまとめていきます。】
○ 3/20(土) 徳島中央公園【それぞれの樹木や植物のページを前後でリンクさせました。季節が変わるたび,足を運びたい素晴らしい公園です。】
○ 3/19(金) わが町の通りには徳島県の樹木コブシを追加。名前の由来は,果実の形が手を握りこめた拳に似ていること。「田打ち桜」とも呼ばれます。】
○ 3/18(木) 樹木Topics徳島県の樹木【トウオガタマの花が開花し始めていました。辺り一面に漂わせるバナナの香りに似た芳香が,花の特徴です。】
○ 3/16(火) 文化の森総合公園徳島県の樹木ミツマタを追加。枝が3本ずつ分岐して出ている姿が,名前の由来です。樹皮は,和紙の原料になります。】
○ 3/15(月) 文化の森総合公園徳島県の樹木ツルニチソウを追加。風に揺られて回る風車のような形の花です。花の淡青色は,すがすがしく感じます。】
○ 3/14(日) 樹木Topics徳島県の樹木【米粒ほどの小さな花があふれるように咲いているジャノメエリカ。薄紫色のかわいい花が,目を引きます。】
○ 3/13(土) 文化の森総合公園徳島県の樹木トサミズキを追加。1つの房にたくさんの薄黄色の花をつけ,下に向いて咲く姿がシャンデリアのようです。】
○ 3/10(水) 文化の森総合公園徳島県の樹木ユキヤナギを追加。雪が降り積もったように白さで,足元ふきんから初春を感じさせてくれる花です。】
○ 3/ 8(月) わが町の通りには徳島県の樹木ハクモクレンを追加。新町川にむかって歩く線路沿いのハクモクレン。清楚な白い花は,風情を感じます。】
○ 3/ 6(土) 県外に目をやると徳島県の樹木京都府京都市 京都府立植物園(2010.2.27)を追加。植えられている樹木の種類の多さに感激しました。】
○ 3/ 5(金) 樹木Topics徳島県の樹木【赤いがく片が反り返ったピンク色のアンズが咲き始めていました。アンズには,敬愛すべき話が詰まっています。】
○ 3/ 3(水) 家の庭木徳島県の樹木コウバイの写真を変更しました。初春を知らせるウメですが,赤くて反り返らないがく片は意外と知られていません。】
○ 3/ 1(月) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木【それぞれのどんぐりのページを前後でリンクさせました。個性あふれるどんぐりたちを,ぜひご覧ください。】
○ 2/27(土) 樹木Topics徳島県の樹木【室内で花瓶にさしているコブシの花芽が,花びらを見せ始めました。白いコブシが咲く季節も近づいています。】
○ 2/25(木) 文化の森総合公園徳島県の樹木シナマンサクを追加。前年の枯れ葉が多く残っていました。ひも状の黄色い花弁は,陽気な感じがします。】
○ 2/23(火) 樹木Topics徳島県の樹木【吉野川遊園地に花をつけていたシダレモモ(枝垂れ桃)。枝々につくピンクの花は,女性のかんざしのようでした。】
○ 2/21(日) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木アラカシを追加。小さくてふっくらした堅果が,チャームポイントです。普段,最も目にするどんぐりです。】
○ 2/19(金) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木ウラジロガシを追加。シラカシのどんぐりの堅果をスマートに,殻斗を穏やかにしたようなどんぐりです。】
○ 2/17(水) 文化の森総合公園徳島県の樹木オウバイを追加。「迎春花」と言われ,春の訪れを告げる花。花冠が6裂で,鮮やかな黄色の花です。】
○ 2/15(月) 文化の森総合公園徳島県の樹木オタフクナンテンを追加。お多福難転と書きます。真っ赤に紅葉した姿は,目が覚めるような美しさでした。】
○ 2/13(土) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木ピンオークを追加。ピンは牧場の杭のことです。小さくて,横にふっくらとしたかわいいどんぐりです。】
○ 2/11(木) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木シリブカガシを追加。堅果のお尻にくぼみがあってへこんでいるので,尻深(シリブカ)と呼ばれます。】
○ 2/ 9(火) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木マテバシイを追加。街路樹としてよく見かける樹木で,どんぐりの堅果はおしりの底がくぼんでいます。】
○ 2/ 7(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木【オウバイと掲載していたものはウンナンオウバイの誤りでした。花がオウバイより大きく,くっきりしています。】
○ 2/ 5(金) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木イチイガシを追加。堅果の先におびただしくつく黄褐色の毛は,優しさに満ちあふれ,魅力を感じます。】
○ 2/ 3(水) 文化の森総合公園徳島県の樹木ヤブツバキを追加。サザンカに遅れて紅色の花をつけます。花びらは平開せず,つつましい感じがします。】
○ 2/ 1(月) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木ミズナラを追加。コナラをひと回り大きくしたどんぐり。殻斗の微毛や模様には,野生味を感じます。】
○ 1/31(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木ロウバイを追加。ソシンロウバイとの花の色や形の違いから,ロウバイには大人の美しさを感じました。】
○ 1/30(土) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木アベマキを追加。クヌギのどんぐりに比べるとやや細長いものが多く,堅果の先にうっすら毛があります。】
○ 1/29(金) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木クヌギを追加。大きくて真ん丸い堅果やもさもさした殻斗が親しみやすいので,大人気のどんぐりです。】
○ 1/28(木) 文化の森総合公園徳島県の樹木ソシンロウバイを追加。花弁の外側から内側まですっきりとした黄色で,どことなく純粋さを感じる花です。】
○ 1/28(木) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木オオツクバネガシを追加。どんぐりはツクバネガシに似ていますが,堅果の先の方がやや異なります。】
○ 1/26(火) 『かんぽの宿徳島』まで1.6km地点徳島県の樹木クロバイを追加。丸みのある花芽,小さくて黒い斑点模様をつけた新枝が印象的でした。】
○ 1/24(日) きつい傾斜道徳島県の樹木【傾斜道を登り側から見た写真を,2枚追加。冬の夕日が差しこんでいる風景が,ほのぼのと心に残りました。】
○ 1/24(日) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木ツクバネガシを追加。堅果の先から走る隆起した縦走線や殻斗の切れこみの模様が大きな特徴です。】
○ 1/23(土) 『かんぽの宿徳島』まで1.6km地点徳島県の樹木コシダを追加。林縁や明るく乾燥した場所に見られます。ウラジロより小型の葉です。】
○ 1/22(金) ブナ科のどんぐりたち徳島県の樹木アカガシを追加。多毛で厚みのある殻斗は,毛布のような手触りで,どこか自然の温もりを感じます。】
○ 1/21(木) 『かんぽの宿徳島』まで1.6km地点徳島県の樹木モチツツジを追加。名前は,花柄や萼に腺毛が生え,触ると粘ることに由来しています。】
○ 1/19(火) 葉や実の学び方徳島県の樹木ブナ科のどんぐりたちを追加。今年採取して,まだ大切に保存してある個性的などんぐりたちを掲載します。】
○ 1/18(月) 眉山公園付近徳島県の樹木ヒサカキを追加。山林の低い場所から高い場所,神社やお寺など,幅広く生育している親しみやすい樹木。】
○ 1/17(日) 墓苑-ふれあいの丘徳島県の樹木ビワを追加。果実のかわいい形が楽器の琵琶に似ています。花序も葉も綿状の毛で被われていました。】
○ 1/15(金) 葉や実の学び方徳島県の樹木2009年度に集めた実(種)を追加。2009年度に集めた木の実です。穴の開いたどんぐりも,魅力的です。】
○ 1/13(水) 眉山公園付近徳島県の樹木カンザシイヌホオズキを追加。小さくてかわいい星型の花。果実のつき方は,カンザシの名に由来します。】
○ 1/12(火) 『かんぽの宿徳島』まで1.6km地点徳島県の樹木【うねった傾斜道を進むと,案内板があります。ホットひと息つける休憩地点です。】
○ 1/11(月) 樹木Topics徳島県の樹木【国営讃岐まんのう公園にあった落葉したナンキンハゼ。白い種子は,小雪が降ったように美しかったです。】
○ 1/ 9(土) 墓苑-ふれあいの丘徳島県の樹木タンキリマメを追加。小ぶりの豆サヤからパコッと開いて出てくる種の姿が,非常にかわいらしいです。】
○ 1/ 8(金) 眉山公園付近徳島県の樹木ユズリハを追加。「譲る葉」に由来し,春に大型で美しい葉が親から子へと新旧の入れ替わりを見せてくれます。】
○ 1/ 6(水) 樹木 Topics徳島県の樹木眉山墓苑-ふれあいの丘付近のヘクソカズラの実です。光沢のある茶色の実は特徴的で,風情があります。】
○ 1/ 5(火) 眉山公園付近徳島県の樹木タブノキを追加。タブとは,朝鮮語で舟という意味。韓国では,タブノキの材を使って木舟が作られていました。】
○ 1/ 3(日) 墓苑-ふれあいの丘徳島県の樹木ランタナの実の写真を追加。夏に鮮やかな花を咲かせていたランタナが,しっとりした実をつけていました。】
○ 1/ 2(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ハマヒサカキを追加。日和佐のうみがめ博物館カレッタで見ました。和名は,「浜に生えるヒサカキ」に由来。】
○ 1/ 1(金) 眉山公園付近徳島県の樹木【眉山公園の洋風あずまや『ガゼボ』 の写真を追加。徳島市の姉妹都市サギノー市から寄贈されたものです。】
☆ 2010年の年明け!本年も,徳島県の樹木や植物の素晴らしさを発見していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
○ 12/31(木) 山頂から見える景色徳島県の樹木眉山山頂からの雄大な景色。この景色の素晴らしさは,徳島の素晴らしさそのものだと感じています。】
○ 12/30(水) 文化の森総合公園徳島県の樹木モチノキを追加。名前はよく知られるが,意外と目にすることが少ない。実のつき方が堂々としています。】
○ 12/29(火) 樹木 Topics徳島県の樹木【眉山公園で見たトチノキの冬芽とカラスウリの実。トチノキの冬芽は,樹脂に覆われてべとべとしていました。】
○ 12/28(月) 樹木 Topics徳島県の樹木【眉山公園の野鳥観察園路に見られたマユミの実。種子を包んだピンク色の果肉の色合いが,とても上品です。】
○ 12/27(日) 葉や実の学び方徳島県の樹木学びの足跡(2009.11月)に,1枚の押し葉を追加。ツクバネガシとオオツクバネガシを1枝ずつ並べました。】
○ 12/27(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木クロガネモチの写真を修正・追加。ふと気がつけば,近所のお墓のクロガネモチにも実がついていました!】
○ 12/27(日) 徳島中央公園クロガネモチを追加。立派な樹形のクロガネモチ。モチノキとは同じ仲間ですが,実の大きさやつき方が違います。】
○ 12/26(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ニューサイランを追加。葉は細長い剣形で,リュウゼツラン科らしい多年草。活け花でもよく使われます。】
○ 12/25(金) 家から一歩出ると徳島県の樹木カナリーヤシを追加。南国のイメージをそのまま日本に運んでくれています。別名は,「フェニックス」です。】
○ 12/24(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木マグワを追加。八万町の園瀬川の河原で見られました。クワは,蚕が食べる「食葉(くは)」に由来します。】
○ 12/23(水) 公園や植物園徳島県の樹木徳島中央公園マップを作成!今まで調べた中央公園の樹木・植物の位置を記し,各ページとリンクしました。】
○ 12/22(火) 和田乃屋(滝のやき餅)徳島県の樹木キバナアマ(黄花亜麻)を追加。中国では迎春花。徳島では,『モラエスの花』で親しまれています!】
○ 12/20(日) 和田乃屋(滝のやき餅)徳島県の樹木【春日神社近くの風情あるお店。昭和の雰囲気を色濃く残していて,大切にしていきたいお店です。】
○ 12/20(日) 葉や実の学び方徳島県の樹木学びの足跡(2009.11月)を追加。浜松市のK先生から送っていただいた葉を,押し葉にしました。】
○ 12/19(土) 葉や実の学び方徳島県の樹木学びの足跡(2009.10〜11月)を追加。公園や神社・山などで,印象深かった葉を『押し葉』にしました。】
○ 12/18(金) 家から一歩出ると徳島県の樹木イタドリを追加。山野・路傍・荒地に至るまで,どこにでも生える野草。葉を肌に当て痛みを取ることに由来。】
○ 12/17(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木皇帝ダリアを追加。茎をピンと伸ばした威風堂々とした姿が,樹木の幹のように見える大型のダリアです。】
○ 12/16(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木ミズヒキを追加。細く真っ直ぐに伸びた花穂と花色がおしとやかで,和の心をもった印象を受ける草花です。】
○ 12/15(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木ケストルム・エレガンスを追加。紅紫色をした壺状の花,綿毛に被われた葉が特徴。不思議な植物です。】
○ 12/14(月) わが町の通りには徳島県の樹木サザンカを追加。サザンカとヤブツバキの違いは有名で,花が落ちずに,花びらが散るのがサザンカです。】
○ 12/14(月) 家から一歩出ると徳島県の樹木サネカズラを追加。エノキの幹下で,赤く鮮やかに熟した果実を集合させ,頭のような形を作っていました。】
○ 12/13(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【南淡路にあるイングランドの丘で,モミジバスズカケノキの集合果がいくつずつついているか数えてみました。】
○ 12/13(日) 眉山公園付近徳島県の樹木クロガネモチの実を追加。枝ごとに目を見はるほどの果実がびっしりとついています。庭木に多い樹木です。】
○ 12/12(土) わが町の通りには徳島県の樹木フウ(タイワンフウ)の紅葉を追加。幸町公園にあるタイワンフウの紅葉の美しさには,心が癒されます。】
○ 12/12(土) 鳴門市 大麻山徳島県の樹木カゴノキを追加。「鹿の子」模様に剥げ落ちる幹肌が魅力的な樹木です。眉山の山道でも,たくさん見られます。】
○ 12/10(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木モミジバスズカケノキを追加。スズカケノキとアメリカスズカケノキの交雑種。樹皮が美しいまだら模様です。】
○ 12/ 9(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木ギンヨウアカシアを追加。早春に,樹木全体を黄金色に包む花が美しいです。葉は,らせん状につきます。】
○ 12/ 8(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木シナヒイラギを追加。チャイニーズホーリーという別名もあります。四隅と先端の鋭い葉の棘が特徴的です。】
○ 12/ 7(月) 鳴門市 大麻山徳島県の樹木ウリハダカエデを追加。大麻山の中腹から頂上付近に見られました。葉は扇状の五角形で,黄葉していました。】
○ 12/ 6(日) 神社やお寺徳島県の樹木徳島市 若宮神社(2009.12.5)を追加。家から近くの馴染みのある神社。神社の隣の敷地に,アラカシがあります。】
○ 12/ 6(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【次女がエノキの下のお地蔵さんにお祈りしていました。キカラスウリの実は,マグワの枝に巻きついていました。】
○ 12/ 5(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ハナカタバミを追加。近所の思い出深い小道に咲いていました。娘が,花のかわいさに気づいていました。】
○ 12/ 4(金) 眉山公園付近徳島県の樹木ヒメビジョザクラを追加。庭にガーデニングされるようなかわいい紅紫色の花が,来訪者を優しく迎えてくれます。】
○ 12/ 3(木) 鳴門市 大麻山徳島県の樹木サンショウを追加。新芽と葉を乾燥して粉にすると,料理の薬味になります。うなぎ料理によく合います。】
○ 12/ 2(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木ブルーヘブンを追加。白色を帯びた鮮やかな青緑色の鱗葉でした。円錐形の樹形も美しくて,見事です。】
○ 12/ 1(火) 鳴門市 大麻山徳島県の樹木アカマツを追加。大麻山はまぎれもなくアカマツ林でした。小さな松かさ,柔らかい針葉が非常に印象的でした。】
○ 11/30(月) 眉山公園付近徳島県の樹木ヤマシロギクを追加。花びらに丸みがあり,全体にがっしりとした印象の草花。別名は,イナカギクです。】
○ 11/30(月) 家から一歩出ると徳島県の樹木エノキを追加。八万町の園瀬川沿いの土手に植えられています。神が宿っているような立派な巨樹です!】
○ 11/29(日) 鳴門市 大麻山徳島県の樹木カナクギノキを追加。葉の基部が極端に細くなっています。クロモジ属で,葉や枝はよい香りがするようです。】
○ 11/29(日) 鳴門市 大麻山徳島県の樹木ソヨゴを追加。クロガネモチの実のように集まってつきませんが,長い柄にぶらさがっていて愛らしい実です。】
○ 11/28(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ユリオプスデージーを追加。近所の若宮神社の近くにあります。ぶらりと散歩すると,見れる黄色の花です。】
○ 11/28(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木トキワサンザシヒマラヤトキワサンザシを追加。1つの垣根に違う色をした2種類の実が混在していました。】
○ 11/27(金) 神社やお寺徳島県の樹木阿南市 羽落神社(2009.11.15)で,オオツクバネガシと記載していたものは,アカガシの誤りでした。】
○ 11/26(木) 眉山公園付近徳島県の樹木ヤクシソウを追加。頭花に細かな舌状花をもっています。葉が茎を抱く様子は,名の由来に関係がありました。】
○ 11/25(水) 鳴門市 大麻山徳島県の樹木アオツヅラフジを追加。ブドウ状のかわいい実をつけていました。ツル性の茎からは,葛篭が作れるようです。】
○ 11/24(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木リンボクを追加。神山町の『雨乞の滝』で見ました。雄しべが伸びていて,ウワミズザクラの花に似ています。】
○ 11/23(月) 家から一歩出ると徳島県の樹木ススキを追加。堤防沿いに優雅に穂を出しているススキの群生を見ていると,気持ちが穏やかになります。】
○ 11/23(月) 鳴門市 大麻山徳島県の樹木アカガシを追加。山頂まであと5分という場所で,発見!きっかけは,葉や殻斗をつけたアカガシの一枝でした。】
○ 11/22(日) 山林や浜辺徳島県の樹木鳴門市 大麻山徳島県の樹木を追加。アカガシを求めて,登山を決行。思いがけない樹木との出会いもありました。】
○ 11/22(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【鳴門市の大麻山での観察。毛が密生する萼に包まれたヤブムラサキの実,実が無く萼だけのクサギを見ました。】
○ 11/21(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木カツラを追加。黄葉が落葉し始めると,ほんのり甘い香りを漂わせます。京都の「葵祭り」にも使われます!】
○ 11/21(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木イヌシデを追加。黒っぽい縦筋が入る縞模様の樹皮と,羽果と呼ばれる小さな種子が印象的な樹木です。】
○ 11/19(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木パンパスグラスを追加。アルゼンチンのパンパ地帯に生育するグラス(芝)から,名が付いたと言われます。】
○ 11/18(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木タマスダレを追加。名前の由来を学ぶと,白い花をつけるとき・葉だけのとき,どちらにも魅力を感じます。】
○ 11/17(火) 家の庭木徳島県の樹木カキノキを追加。田舎に行けば,どこにでも見られます。人の生活に密着したぬくもりを感じさせてくれる果樹です。】
○ 11/16(月) 家から一歩出ると徳島県の樹木ハマボウを追加。夏の暑さに合った鮮やかな黄色の花です。鳴門市の「市の花」にも指定されています。】
○ 11/16(月) 家から一歩出ると徳島県の樹木モチノキを追加。樹皮が灰色で,葉は滑らかです。名前はよく聞くが,徳島では見ることが少ない樹木です。】
○ 11/15(日) 神社やお寺徳島県の樹木阿南市 羽落神社(2009.11.15)を追加。境内の階段を上ると拝殿。拝殿から右の茂みには,オオツクバネガシが!
○ 11/15(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【あすたむらんど徳島で,紅葉したタイワンフウが夕日に照っていました。タイワンフウの優しさも感じられました。】
○ 11/13(金) 家から一歩出ると徳島県の樹木ヨウシュヤマゴボウを追加。北アメリカ原産の帰化植物。垂れ下がる紅紫色の果実はブドウのようでした。】
○ 11/11(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木フユイチゴを追加。穴吹町の神明神社で,フユイチゴが実をつけていました。山里を象徴するような実です。】
○ 11/10(火) 家の庭木徳島県の樹木パイナップルセージを追加。葉の匂いを嗅ぐと,パイナップルの香りがします。花は,サルビアよりも細い感じです。】
○ 11/ 9(月) 家の庭木徳島県の樹木チェリーセージを追加。葉の匂いを嗅ぐと,ミントのような爽やかな香りを漂わせてくれます。癒しの園芸植物です。】
○ 11/ 8(日) 神社やお寺徳島県の樹木穴吹町 神明神社(2009.11.7)を追加。境内から見える斜面沿いに,念願のシリブカガシのどんぐりがありました!】
○ 11/ 7(土) 樹木 Topics徳島県の樹木【穴吹町の神明神社で,シリブカガシのどんぐりを集めました。名の通り,堅果のお尻が殻斗に深く入っています。】
○ 11/ 7(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木アメジストセージを追加。以前から気になっていた草花。「アメジスト」とは,花色を譬えた紫水晶のことです。】
○ 11/ 5(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木チャノキを追加。上勝町の藤川神社で,チャノキの花が白色の短い花弁を下向きに咲かせていました。】 
○ 11/ 5(木) 神社やお寺徳島県の樹木上勝町 藤川神社(2009.10.31)を追加。大木のイチイガシ,優しい毛をもったどんぐり。思い出深い場所でした。】
○ 11/ 3(火) 神社やお寺徳島県の樹木【徳島県の神社やお寺の境内にある樹木を,追い求めていきます。神への信仰となる樹木は,なぜか大木です。】
○ 11/ 3(火) 徳島中央公園【こちらがチシャノキです。樹名板が無く,意外と知られていないので,特に県民の方に知っていただきたい樹木です。】
○ 11/ 3(火) 徳島中央公園【チシャノキと掲載していたものはアメリカキササゲの誤りでした。斜めに傾いても,精一杯生きているように感じます。】
○ 11/ 2(月) 樹木 Topics徳島県の樹木【上勝町の高丸山での樹木。山林にあるカエデは慣れてませんが,それぞれ個性的な分裂を見せてくれました。】
○ 11/ 1(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【上勝町にある藤川神社で,イチイガシのどんぐりを集めました。堅果と殻斗に,毛がたくさん生えていました。】 
○ 10/31(土) 徳島中央公園メタセコイアを追加。「生きている化石」と呼ばれ,すらっと伸びていく三角錐の樹形には,古代の風格を感じます。】
○ 10/29(木) 眉山公園付近徳島県の樹木コマユミを追加。花柄から垂れ下がった小さな実のかわいらしさが,どことなく眉山に合っている気がします。】
○ 10/28(水) 文化の森総合公園徳島県の樹木ドウダンツツジを追加。夜の海を照らす燈台ではなく,昔の室内照明の「結び灯台」に由来がありました。】
○ 10/26(月) 家から一歩出ると徳島県の樹木シャリンバイの実がなっている写真2枚を差し替えました。黒紫色に熟して,ブルーベリーみたいでした。】
○ 10/25(日) 頂上付近徳島県の樹木キリに種子と花芽の写真を追加。花芽から紫色の円錐花序になるのに,長い月日が必要なことを知りました。】
○ 10/25(日) 眉山公園付近徳島県の樹木眉山の新たな観察ポイント。公園内やその付近の眉山パークウェイの脇から観察できる樹木や草花です。】
○ 10/24(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木コムラサキを追加。ムラサキシキブより小さい実がまとまってついている姿は,女性的な色気を感じます。】
○ 10/24(土) 家の庭木徳島県の樹木ツワブキに花の写真を4枚追加しました。すらっと花柄を伸ばし,ロゼット状に明るい花をつけて目立っていました。】
○ 10/23(金) 樹木 Topics徳島県の樹木【上勝町の高丸山での樹木。ナツツバキは日本では沙羅双樹のことで,仏家の三名木の1本に挙げられます。】
○ 10/23(金) 樹木 Topics徳島県の樹木【上勝町の高丸山での樹木。ウラジロモミは発芽して1〜2年くらいの幼木でしたが,特徴が十分出ていました。】
○ 10/21(水) 頂上付近徳島県の樹木ムクノキを追加。人々に木陰を与えてくれる『やすらぎのムクノキ』。ざらざらした葉は,物磨きに使われたようです。】
○ 10/19(月) 樹木 Topics徳島県の樹木【上勝町の高丸山での樹木。ツリバナの実のまばゆさに,感動です。野生の純粋なかわいらしさを感じました。】 
○ 10/19(月) わが町の通りには徳島県の樹木ハイビスカスを追加。ハワイ州の州花にもなっている南国を象徴する花。花の派手さが魅力的な低木です。】
○ 10/18(日) 家の庭木文化の森総合公園徳島県の樹木キンモクセイは橙黄色の花の写真,センダンには黄色に熟した果実の写真に差し替えました。】
○ 10/18(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【文化の森総合公園で,キンモクセイのうっとりする香りを鼻いっぱいに嗅いでみました。秋も,いよいよ本番です。】
○ 10/18(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【上勝町の高丸山での樹木。タンナサワフタギの名の由来を学びました。韓国の済州島,行きたくなりました。】  
○ 10/14(水) 眉山病院付近徳島県の樹木チャボマサキを追加。幹や枝が,多くの葉でおおわれています。短い枝が,足の短いチャボに譬えられます。】
○ 10/13(火) 徳島中央公園チシャノキを追加。中央公園にあるチシャノキは,斜めにうねる感じの樹形です。別名で,「柿木騙し」とも呼びます。】
○ 10/12(月) 頂上付近徳島県の樹木ヤブマオを追加。樹木のお友達の草花として掲載しました。地味で目立たないですが,しっかり花をつけていました。】
○ 10/10(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ミヤギノハギを追加。園芸品種の萩として有名。枝が細長く,地面に接するぐらい垂れ下がっていました。】
○ 10/ 8(木) 徳島中央公園ポプラを追加。正確には,北米原産のカロリナポプラ。樹形がやや横向きで,セイヨウハコヤナギとは異なります。】
○ 10/ 6(火) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ヤブムラサキを追加。実の麗しさではムラサキシキブに劣りますが,野生感のある実をつけます。】
○ 10/ 5(月) 樹木 Topics徳島県の樹木【上勝町の高丸山で見た樹木です。キブシの種子は,ヌルデと同じようにお歯黒に用いられていたようです。】 
○ 10/ 4(日) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ウツギを追加。「卯の花曇」「卯の花月夜」の言葉で知られる卯の花とは,ウツギの白い花のことです。】
○ 10/ 3(土) 徳島中央公園トチノキを追加。実が少しクリに似ています。絵本『もちもちの木』で出てくる豆太の庭にある木としても有名です。】
○ 10/ 2(金) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にウコンを追加。家族の健康を祈願して植えられたものだと思っています。包葉の白さが,まばゆいです。】
○ 10/ 1(木) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木テイカカズラを追加。藤原定家の式子内親王(女性)に対する想いから,命名されたとされています。】
○ 9/30(水) 徳島中央公園タイサンボクを追加。「泰山木」「大山木」などの由来が定説ですが,もう一方の「大盞木」の由来も説得力があります。】
○ 9/29(火) 樹木 Topics徳島県の樹木【上勝町の高丸山で見た樹木です。サルナシのツルが,「祖谷のかずら橋」に使われていることを知りました。】 
○ 9/29(火) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木スイカズラを追加。反り返り,白と黄色の2色で飾られた花冠。もう一度見たくなる特徴的な花です。】 
○ 9/28(月) 文化の森総合公園徳島県の樹木ヤブニッケイを追加。葉をもむとシナモンに似たよい香りがします。びっしりと葉につく虫こぶも有名です。】
○ 9/26(土) 文化の森総合公園徳島県の樹木クスノキを追加。葉をもむと鼻に漂う芳香は,疲れをとってくれます。どこにでもある私の大好きな木です。】
○ 9/25(金) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木マメヅタを追加。樹木にびっしりと張り付いていたシダ植物です。豆に似て,小さい葉をしています。】
○ 9/24(木) 葉や実の学び方徳島県の樹木学びの足跡(2009.9.22-23)を追加。浜松市のK先生から送っていただいた葉を,押し葉にしました。】 
○ 9/23(水) 墓苑-ふれあいの丘徳島県の樹木タカサゴユリを追加。墓苑の向かい側の斜面に咲く群生の花に,思わず心を奪われてしまいます。】 
○ 9/22(火) 頂上付近徳島県の樹木カンナを追加。インドの伝説には,悪魔がお釈迦様に抱いた妬みの話があり,赤い花色と血が関係があるようです。】 
○ 9/21(月) 樹木 Topics徳島県の樹木【鳴門ウチノ海総合公園で,清純なタマスダレの花とやわらかい花穂をしたパンパスグラスが目に止まりました。】 
○ 9/21(月) 徳島中央公園クスノキの巨木(竜王さんのクス)を追加。倒れていますが,推定で樹齢600年程度と言われる歴史ある巨木です。】
○ 9/20(日) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木サルトリイバラを追加。端午の節句に作られる柏餅は,サルトリイバラの葉を使う地方もあります!】 
○ 9/19(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木メランポジウムを追加。道端や畑の隅などでよく見ます。種まきの1年草で,暑さに強そうな花です。】
○ 9/19(土) 徳島中央公園クスノキの大木を追加。中央公園で一番の大木です!倒れることなく,しっかりと大地に根を下ろして生きています。】
○ 9/18(金) 頂上付近徳島県の樹木オオバボダイジュを追加。仏家の三名木の一つ。お釈迦さまにゆかりのある聖樹として大切にしたい樹木です。】
○ 9/17(木) 頂上付近徳島県の樹木キリを追加。名前の言われは,主説と副説の2つがある。いずれも,「切り」という言葉からの由来が共通だと言える。】
○ 9/16(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木クマシデを追加。「熊」は果穂のたくましさから,「四手」は玉串やシメ縄に下げる紙垂から由来しています。】
○ 9/15(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木フヨウを追加。派手すぎず,そして地味すぎず,バランスのとれた繊細で女性的な美しさをもった花です。】 
○ 9/14(月) 樹木 Topics徳島県の樹木【あすたむらんど徳島で,シマトネリコの実やカツラの黄葉を見ました。秋への季節の変化を感じました。】 
○ 9/13(日) わが町の通りには徳島県の樹木ゼラニウムを追加。線路脇に,ピンクの花がさわやかに咲いていました。毎朝,私を迎え入れてくれます。】
○ 9/13(日) 頂上付近徳島県の樹木ハルニレを追加。徳島県では珍しい。その珍しいハルニレが,なぜ眉山の頂上にあるのか,七不思議の一つです。】
○ 9/12(土) 頂上付近徳島県の樹木眉山の新たな観察ポイントです。ロープーウェイで来られた方でも,簡単に観察できる樹木を紹介していきます。】 
○ 9/11(金) 徳島中央公園サンゴジュの実を追加。日本の珊瑚の歴史(海底の歴史)を知り,サンゴジュの実の素晴らしさを改めて感じました。】
○ 9/10(木) 墓苑-ふれあいの丘徳島県の樹木ランタナを追加。「七変化」という現象があることを初めて知りました。花色の変化に,楽しさを感じます。】 
○ 9/ 9(水) 徳島中央公園ラクウショウの気根を追加。池の近くから,気根が出ていました。どこか生命感を訴えているように見えました。】
○ 9/ 8(火) 徳島中央公園ノダフジを追加。よく公園にある藤棚に巻きついています。疲れたときは,慌てず藤棚の下でひと休みしましょう!】
○ 9/ 7(月) 徳島中央公園ニワウルシの実を追加。まだ初夏でしたが,実をつけ始めていました。ほんのりオレンジがかった色でした。】 
○ 9/ 6(日) 県外に目をやると徳島県の樹木兵庫県淡路市 明石海峡公園(2009.9.5)を追加。多彩な樹木に心が癒されました。また行きたい場所です。】 
○ 9/ 6(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【淡路島の北にある明石海峡公園で,3枚の樹木絵が心に残りました。それぞれに樹木の気持ちを感じます。】 
○ 9/ 5(土) きつい傾斜道徳島県の樹木キレハノブドウを追加。ノブドウとの葉の形の違いを知れば,キレハノブドウの葉のおもしろさが好きになります。】
○ 9/ 4(金) きつい傾斜道徳島県の樹木ノブドウを追加。節についている巻きひげに,興味を抱きました。巻きひげの世界は,まだまだ奥が深そうです。】
○ 9/ 3(木) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木キハギを追加。「木の萩」と言われ,草本のように見えるハギ属においては,最も木らしいハギです。】 
○ 9/ 2(水) きつい傾斜道徳島県の樹木ヤブガラシを追加。名の由来からは,迷惑雑草になってしまうのですが,花の蜜線は昆虫たちのレストランです。】
○ 9/ 1(火) きつい傾斜道徳島県の樹木クサギを追加。葉を揉んで臭いを嗅いだときの臭さから,「臭木」と言われます。花は対照的に,鮮やかです。】
○ 8/30(日) 葉や実の学び方徳島県の樹木学びの足跡(2009.8.10)を追加。眉山や中央公園で見た樹木の葉を振り返りました。日付は,観察日です。】
○ 8/30(日) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ハマユウを追加しました。山野よりも海岸沿いに植わって,白い花をつけた方が似合いそうです。】
○ 8/28(金) きつい傾斜道徳島県の樹木ゴヨウアケビを追加。パックリと口を開き,果肉を見せてくれるアケビの果実が,昔は子どものおやつでした。】 
○ 8/25(火) 県外に目をやると徳島県の樹木岡山県岡山市 後楽園(2009.7.18)を追加。ハスの花がちょうど見ごろで,清楚な美しさがありました。】 
○ 8/25(火) 墓苑-ふれあいの丘徳島県の樹木ゴンズイを追加。秋に,赤色をした果実が裂けて黒くて光沢のある種子を露出する姿が美しいです。】
○ 8/23(日) 葉や実の学び方徳島県の樹木「夏の理科自由研究」を姉の息子と進める前の計画案です。方向性を決めると,研究が楽しくなります。】 
○ 8/23(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【中央公園にベニモンアゲハがいました。「なぜ徳島にベニモンアゲハがいるのか?」 非常に驚きの事実です。】
○ 8/23(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【中央公園のヤブニッケイに,アオスジアゲハが集まっていました。樹木は,しっかり蝶の食草になっています。】 
○ 8/23(日) 徳島中央公園アオギリの実を追加。房が垂れ下がり,球状の種子を取り囲んでいる。実は,一般に舟のような形と言われる。】 
○ 8/22(土) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木カナムグラを追加。葉の両面にある毛の粘着力を遊びにする子どもは,「遊びの天才」だと思います。】 
○ 8/22(土) 徳島中央公園ベニバスモモを追加。春先から初夏にかけて,ひときわ赤い葉をしています。アメリカで,人気のある街路樹です。】
○ 8/20(木) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木コウゾを追加。雌花の花柱が,神秘的です。今度,山野で実を見つけたら食べてみたいと思います。】
○ 8/18(火) 葉や実の学び方徳島県の樹木【姉の息子と一緒に「夏の理科自由研究」をやりました。樹木が,生きた学びの素材であることを確信しました。】
○ 8/17(月) 樹木 Topics徳島県の樹木【神山森林公園には,ハギの緑がいっぱい。そのハギに囲まれて,トンボ捕りに夢中になったのどかな一日でした。】
○ 8/15(土) 多彩な表情を見せてくれる眉山徳島県の樹木【見る場所や時刻によって表情を変える眉山の遠景を,4枚の写真でまとめてみました。】
○ 8/15(土) きつい傾斜道墓苑-ふれあいの丘徳島県の樹木眉山の新たな観察ポイントです。それぞれの場所にある魅力を伝えていきます!】
○ 8/15(土) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ヤマハゼを追加。ヤマウルシハゼノキとの違いを意識すると,ウルシ科も楽しく観察できます。】
○ 8/15(土) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ヤマウルシを追加。紅葉の美しさが,今から楽しみです。ヤマハゼとの区別が少し難しいです。】 
○ 8/14(金) 樹木 Topics徳島県の樹木【アカメガシワとイヌビワの葉が,早くも黄葉していました。さらっとしたレモン色をしていて,鮮やかでした。】 
○ 8/11(火) 徳島中央公園サルスベリを追加。百日紅とも言われるサルスベリの花が,こんもり咲いていました。冬は樹皮だけでも楽しめます。】
○ 8/ 9(日) 徳島中央公園ヒイラギモクセイを追加。秋になったら,この花の素晴らしい香りで中央公園にたくさんの人を集めてほしいです。】
○ 8/ 8(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ネムノキを追加。花のふわふわ感が,見る人を夢見心地にさせてくれます!葉は夜になると休眠します。】
○ 8/ 7(金) 家から一歩出ると徳島県の樹木エゴノキを追加。ヤマガラが,この有毒なエゴノキの実をどうやって食べているのか,七不思議の一つです。】 
○ 8/ 5(水) 徳島中央公園タラヨウを追加。「お経の木」と言われるタラヨウは,仏の心が宿ったような木です。中央公園のシンボルです!】 
○ 8/ 4(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木ナンキンハゼを追加しました。かわいい広卵型をした葉が,秋になると真っ赤になって非常に美しいです!】  
○ 8/ 2(日) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木シロダモを追加。芽だしの新葉は,「うぶ毛のある赤ちゃん」です。シロダモの個性に脱帽しました!】 
○ 8/ 1(土) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ガマズミを追加しました。枝先に集まる白い小花からは,長い雄しべが出ていて印象的でした!】
○ 7/30(木) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木マルバウツギを追加。蟻になった気分で見ると,小さな花の集まりがさわやかな雲に見えました!】 
○ 7/28(火) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ニガキを追加。「良薬は口に苦し」・・・苦味の一方で健胃薬としての薬用成分を秘めている木です。】 
○ 7/25(土) 樹木 Topics徳島県の樹木【岡山県の後楽園に家族で行きました。蓮の花と鋸歯のないヒイラギの葉が,印象的でした!】
○ 7/25(土) 徳島中央公園ギンモクセイを追加しました。徳島ではあまり見かけません。馴染みのあるキンモクセイのお友達です。】
○ 7/23(木) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木イボタノキを追加。ネズミモチとの比較・モクセイ科としのての位置づけから,あだ名をつけました。】
○ 7/22(水) 徳島中央公園カルミアを追加しました。パラソル状になった花は,日除け傘のように見えます。日本の花とは一味違った美しさです。】
○ 7/21(火) 徳島中央公園カミヤツデを追加しました。ヤツデをひと回り大きくした葉です。体の前に出すと,大人でも上半身が隠せます!】 
○ 7/20(月) 徳島中央公園アキニレを追加。鱗状に剥がれている樹皮や中央部分に種子をもつ翼果など,特徴をもった西日本の木です!】 
○ 7/18(土) 文化の森総合公園徳島県の樹木センダンを追加。センダンの実の多さにあやかった子どもの成長や安産を祈願する千団子祭もあります!】
○ 7/17(金) 徳島中央公園こんもりウバメガシを追加しました。こんもりとした樹形がおもしろく,人の顔や頭に見えます。】 
○ 7/16(木) 徳島中央公園イチョウの気根を追加しました。イチョウの気根(乳)にまつわる信仰の言われに,改めてその偉大さを感じました。】
○ 7/15(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木ムクゲを追加しました。韓国の国花というだけあって,花びらの白と紅色のコントラストが鮮やかでした!】
○ 7/14(火) 野に咲く草花たち徳島県の樹木オシロイバナを追加しました。様々な場所に咲き,昔はおままごとの遊びにも使われていたようです。】
○ 7/11(土) 徳島中央公園アガパンサスを追加しました。しっとりした美しさの花の名前には,2つのギリシャ語が由来していました。】
○ 7/10(金) 徳島中央公園クスドイゲを追加。クスドイゲの名の由来は,「ハリネズミ」と「刺」です。樹木の刺の意味についても,少し考えました。】
○ 7/ 9(木) 徳島中央公園キンシバイを追加しました。金の糸のように見えると言われる雄しべの美しさに,どこか中国の雰囲気を感じました。】
○ 7/ 8(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木アカメガシワの写真を変更・追加しました。枝先に花序を出して,淡黄色の小花をつけ始めていました!】 
○ 7/ 7(火) 徳島中央公園クチナシを追加しました。初夏を告げる素晴らしい香りをただよわせたクチナシの花が,まだ残っていました!】
○ 7/ 6(月) 徳島中央公園ノウセンカズラを追加。他のものに巻きつくツル性は,昔の(?)女性を表現した花言葉につながっていくものでした。】 
○ 7/ 5(日) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木マルバアオダモを追加。「アオダモから野球のバットが作られる」のはなぜか?今後の課題である。】 
○ 7/ 5(日) 公園や植物園徳島県の樹木徳島中央公園徳島県の樹木 市民の憩いの場となっている中央公園の輝きをもった樹木たちを紹介していきます!】
○ 7/ 5(日) わが町の通りには徳島県の樹木シマトネリコを追加しました。南の国からやってきた清涼感のあるみずみずしい木です!】 
○ 7/ 1(水) 眉山病院付近徳島県の樹木アツバキミガヨランを追加しました。「あなたの代が繁栄しますように」と祝福してくれているように感じる木です】
○ 6/28(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【リュウキュウアサガオの花を見ました。開花する季節や時間の長さから,沖縄のたくましさを感じました。】
○ 6/28(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【ヒメグルミを小型から中型の鉢へと植えかえをしました。ウバメガシは2本になり,1号・2号と名づけました!】 
○ 6/28(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木ネズミモチに花の写真を4枚追加しました。白と黄色のコントラストが,初夏を表現しているようでした。】
○ 6/27(土) 眉山病院付近徳島県の樹木アオモジを追加。レモンのような芳香と「モジ詞(ことば)」の歴史的事実から,アオモジの高級感を感じます。】
○ 6/25(木) 眉山病院付近徳島県の樹木バショウを追加しました。まさかこのバショウが,松尾芭蕉の名前の由来になっていたとは・・・。驚きです。】 
○ 6/24(水) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木トキワツユクサを追加しました。日陰でありますが,根強くたくましく生きていました。】 
○ 6/23(火) わが町の通りには徳島県の樹木トランペット・ツリーを追加しました。の〜んびりと自分流に垂れ下がった花に,心が癒されました。】
○ 6/19(金) 家から一歩出ると徳島県の樹木【それぞれのページどうしをリンクでつなげました。どこにでもある身近な樹木が,きっとあるはずです!】
○ 6/17(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木アメリカデイゴを追加。南国ブラジルから海を渡ってきた鮮やかな紅色の花をつける陽気な樹木です!】
○ 6/16(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木アベリアを追加。ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)の言われは,花びらの下の萼片に理由があります。】 
○ 6/15(月) 登山口どうしをつなぐ道徳島県の樹木ツゲを追加しました。本黄楊(ホンツゲ)と言われる歴史をもった価値ある木です。】
○ 6/12(金) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にアジサイ(6種類)を追加しました。梅雨時にしっとりと咲き,初夏の風情を感じさせてくれます!】
○ 6/10(水) わが町の通りには徳島県の樹木キョウチクトウを追加しました。「毒をもって毒を制す」 有毒な成分をもちますが,実は薬にもなる樹木です。】
○ 6/ 8(月) 眉山病院付近徳島県の樹木ネジキを追加しました。幹のねじれだけに注目しがちですが,つぼ型の小さな花も清楚な感じで美しいです!】
○ 6/ 7(日) トップページ変更!【右上にあるアニメーションの写真を追加しました。冬の裸芽,初春の新葉・花芽の美しさに心を奪われます!】 
○ 6/ 6(土) 眉山病院付近徳島県の樹木リョウブを追加しました。山菜として食用にされているこの木。しかし,そこにはもっと奥深い歴史的な由来が!】
○ 6/ 6(土) 眉山病院付近徳島県の樹木クマノミズキノグルミのページに,咲いたばかりの花の写真を2枚ずつ追加しました!】
○ 6/ 4(木) 眉山病院付近徳島県の樹木ノグルミを追加しました。西日本独特の野に生えるクルミの木です。実が直立している様子が特徴的です。】 
○ 6/ 3(水) 眉山病院付近徳島県の樹木クマノミズキを追加しました。初夏に咲く小花を,ぜひ眉山病院で過ごす方に見ていただきたいです!】
○ 6/ 2(火) 眉山病院付近徳島県の樹木イヌビワを追加。どうやってイヌビワが受粉するのか,そこには自然の偉大な仕組みが・。眉山の樹木一覧徳島県の樹木
○ 5/31(日) 山林や浜辺徳島県の樹木眉山マップを作成しました!まずは,忌部神社から登った眉山病院付近を見ていきます!】
○ 5/31(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【何かを主張しているアカメガシワ。そのアカメガシワの葉っぱを,お弁当の取り皿に使いました!】 
○ 5/28(木) 山林や浜辺徳島県の樹木【県内にある山林や浜辺の樹木たちの神秘的な姿を追い求めてみます!】  公園や植物園のページデザイン変更
○ 5/27(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木ニオイシュロランを追加しました。ロゼット葉が異国の雰囲気を漂わせる個性的な木です。】
○ 5/26(火) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にシモツケを追加しました。霜のようにきめ細かな小花が美しく,花の色合いからは季節の変化を感じました。】
○ 5/23(土) 更新履歴一覧徳島県の樹木【更新履歴一覧を,ページ全体で見ることができるようにしました!】
○ 5/23(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ユーカリノキを追加。】   樹木 Topics徳島県の樹木【ヒメグルミとウバメガシを,ポットから鉢に植え替えしました!】
○ 5/23(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ツゲと掲載していたものはクサツゲの誤りでした。訂正しておきます。
○ 5/19(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木カクレミノを追加しました。あの3分裂した葉っぱは,子どもたちにとって親しみやすさがあります!】
○ 5/18(月) トップページ写真変更!【 徳島市役所横 → ワシントンヤシモドキ交雑種,徳島中央公園 → クスノキの大木,眉山山頂 → キリ
○ 5/16(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木ヒマラヤシーダーを追加しました。ヒマラヤスギとも言いますが,マツ科の樹木です。】
○ 5/15(金) 家から一歩出ると徳島県の樹木ニワウルシを追加しました。幹の直立と大きな複葉が,特徴的でした!】
○ 5/14(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木モミヤマボウシの2つを追加しました。ヤマボウシの総苞は,確かに坊主(法師)の頭巾に似ていました!】
○ 5/14(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木カジイチゴを追加しました。オレンジの粒々した集合果を,ひっそりとつけていました。】
○ 5/13(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木ゴールドクレストを追加しました。円錐形の樹形と明るい葉っぱが特徴的でした。】
○ 5/12(火) わが町の通りには徳島県の樹木ケヤキを追加しました。関東では,“ニレ科の御三家”と言われる。それだけの魅力が十分にある木です!】
○ 5/12(火) わが町の通りには徳島県の樹木ユリノキを追加しました。徳島駅近くの街路樹です。葉っぱの形が非常に特異で,おもしろいです!】
○ 5/11(月) わが町の通りには徳島県の樹木イチョウを追加しました。イチョウは中国名で,鴨脚樹(ヤーチャオ)。その意味を考えさせられました・・・。】 
○ 5/10(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【家の庭で,木の発芽に挑戦。ヒメグルミとウバメガシが発芽に成功し,立派に葉っぱをつけてくれました!】 
○ 5/ 8(金) 家から一歩出ると徳島県の樹木セイヨウミザクラモミジバフウの2つを追加しました。幼稚園の園児たちを見守ってくれる優しい木です。】 
○ 5/ 7(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木アオギリを追加しました。だいぶ灰色になっていましたが,幹の鮮やかな青さがまだ残っていました。】 
○ 5/ 5(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木トキワサンザシを追加。】   樹木 Topics徳島県の樹木【和歌山県のみさき公園は,樹木の宝庫でした!】
○ 5/ 4(月) わが町の通りには徳島県の樹木キヅタを追加しました。しっとりした感じで心が癒されます!】   家から一歩出ると徳島県の樹木イチジクを追加。】
○ 5/ 1(金) わが町の通りには徳島県の樹木ボケを追加しました。】   樹木 Topics徳島県の樹木【日和佐の明丸海岸で,イスノキの虫こぶを見ました!】
○ 4/30(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木ノイバラハゼノキの2つを追加しました。薔薇の棘の意味を,思わず考えさせられました。】
○ 4/28(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木ツタヌルデの2つを追加しました。ツタは,生育力があり,勢いよく壁面を伝っていました!】
○ 4/23(木) 文化の森総合公園徳島県の樹木シャガを追加しました。葉っぱに似合わないきれいな花を咲かせます!】 
○ 4/22(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木アカシダレを追加。】   文化の森総合公園徳島県の樹木ハナミズキを追加。総苞がかわいい木です。】
○ 4/20(月) 公園や植物園徳島県の樹木【樹木を見る目を育ててくれた公園や植物園。文化の森総合公園では,とにかく木の種類を学びました!】 
○ 4/15(水) 家から一歩出ると徳島県の樹木コウヨウザンサンゴジュラクウショウの3つを追加しました。近所の小学校にもたくさん木があります!】  
○ 4/14(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木イトヒバキンポウジュの2つを追加しました。どちらも近所の小学校で見つけました!】 
○ 4/13(月) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にハナズオウを追加しました!トウカエデと掲載していたものはノムラモミジの誤りでした。訂正しておきます。】
○ 4/ 9(木) わが町の通りには徳島県の樹木フウ(タイワンフウ)を追加しました。葉っぱが風にたなびいていて,元気いっぱいでした。】 
○ 4/ 5(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木アカメガシワシャリンバイベニバナトキワマンサクの3つを追加しました。改めて,春の到来を感じました。】
○ 3/30(月) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にカラタチバナヤブコウジの2つを追加しました!どちらも買った苗木に願いをこめて,植えました。】
○ 3/30(月) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にスモモユスラウメの2つを追加しました!どちらも身近で仲よくなれそうな庭木です。】
○ 3/29(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【さすが香川県。県の木「オリーブ」の並木が,私を迎え入れてくれました。】
○ 3/28(土) 家から一歩出ると徳島県の樹木アシタバクサボケの2つを追加しました。どちらも草花ですが,樹木の友達として掲載しています。】
○ 3/26(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木アオキを追加しました。周りの雰囲気にアクセントをつけてくれる木です。】
○ 3/26(木) 家から一歩出ると徳島県の樹木トベラの写真を訂正して,掲載しました!】
○ 3/25(水) 手作りの樹名板徳島県の樹木【樹名板作りを準備するもの活動手順仕上がりの順に掲載しました!】
○ 3/25(水) 手作りの樹名板徳島県の樹木【家の庭木に手作りで取りつけた樹名板の紹介をしていきます!】
○ 3/25(水) 葉や実の学び方徳島県の樹木【実(種)集めを準備するものと活動手順仕上がりの順に掲載しました!】
○ 3/24(火) 樹木 Topics徳島県の樹木【キミガヨランと出会い,そしてハナミョウガの言われを知りました。】
○ 3/24(火) 葉や実の学び方徳島県の樹木【葉っぱのシルエット写しを準備するもの活動手順仕上がりの順に掲載しました!】
○ 3/24(火) 家から一歩出ると徳島県の樹木シェフレラを追加しました!掲載していたトベラの写真はシェフレラでした。訂正しますので,お待ちください。】
○ 3/23(月) 葉や実の学び方徳島県の樹木【押し葉作りを準備するもの活動手順仕上がりの順に掲載しました!】 
○ 3/22(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木ツゲトベラネズミモチマサキヤマモモの5つを追加しました!】
○ 3/22(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木クロガネモチゲッケイジュ・コノテガシワゴヨウマツの4つを追加しました!】
○ 3/22(日) 家から一歩出ると徳島県の樹木イブキオウバイの2つを追加しました!】 
○ 3/20(金) 家から一歩出ると徳島県の樹木【自宅から散歩をしたときに,通りや庭に見られる樹木を少しずつ掲載していきます。】 
○ 3/19(金) 樹木 Topics徳島県の樹木【鳴門でマルバグミ・レンギョウ・フサアカシアを目にすることができました!】
○ 3/19(金) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にオモトセンリョウナワシログミマメイヌツゲの4つを追加しました!】
○ 3/18(水) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にトウジュロソテツの2つを追加しました!】
○ 3/18(水) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にヒイラギナンテンヒノキモッコクヤツデの4つを追加しました!】
○ 3/18(水) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にツワブキトウカエデナギナンテンの4つを追加しました!】
○ 3/18(水) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にキンモクセイキンカンクロマツコウバイシキミチャボヒバの6つを追加しました!】
○ 3/18(水) 家の庭木徳島県の樹木【庭木にマンリョウチョウセンマキの2つを追加しました!】
○ 3/17(火) 家の庭木徳島県の樹木【庭木のアセビイヌマキラカンマキウバメガシの4つをまとめました!】
○ 3/17(火) 家の庭木徳島県の樹木【家のシンボルであるホルトノキをきっかけに,庭木の名前を調べました!】
○ 3/17(火) 何気ない樹木から徳島県の樹木【昔から,我が家にある長寿のホルトノキです!】
○ 3/15(日) 樹木 Topics徳島県の樹木【ユキヤナギ・ジンチョウゲ・アカメガシワが,春の到来を表現してくれました!】  
☆ 2009年 3月14日(土) (*^。^*)  「徳島県の樹木」webサイト徳島県の樹木  (*^。^*)

         開設時コンテンツ 樹木Topics【サイト作成者と樹木とのかわりをTopics形式で紹介していきます!】