HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

何気ない樹木から ホルトノキ  何気ない樹木(ホルトノキ)から  何気ない樹木から ホルトノキ
←フクロナデシコ            【 ホルトノキ科 ホルトノキ属 】              マメイヌツゲ→
百年以上 生き続けたホルトノキ 〜


 何気なくふと目に入った樹木。私の家に昔からある。家が建て変わっても,この木だけは変わらない。
 私の父親に尋ねたところ,この木は私の祖々母(生きていれば120歳近く)が嫁いできたころから植えられている木だそうだ。ということは,最低でも百年は軽く生き続けている。

 街路樹として植えられているホルトノキとは違い,幹まわりが大きくなっているため,最初,ホルトノキとは分からなかった。幹下の穴の開きから,珍しいナタオレノキ(モクセイ科)かと大きく期待をふくらませたが,学芸員の方に調べてもらったところ,ホルトノキであることが分かった。

 「徳島市の木」「高知県の花」。名前は,江戸時代の博物学者 平賀源内がホルトノキの実から当時貴重なオリーブ油(ポルトガル油)が採れると思ったオリーブへの間違いに由来して,ホルトノキである。当時のオリーブは「ポルトガルの木」のことで,「ホルトガルの木(ポルトガルはもともとホルトガルと発音)」がホルトノキに転訛した。葉の主脈の裏側が赤く,鮮やかに紅葉している葉が1年中どこかに見られる。その紅葉した葉を赤い紋に見立てて,別名はモンガシ(紋樫)とも呼ばれる。

 今までも自分が落ちこんだとき,一緒にいてくれたのは,どんなときもこの木だった。
 そして今回のどうしようもない挫折のときだって・・・。樹木が解き放つ開放感・安心感は,果てしない。そんなことを教えてくれた。今度は,私が樹木の魅力を全身全霊で伝える番だ。
 私の祖先から,ずっと見守ってくれ,安らぎを与えてくれたホルトノキ。わが家の歴史のつまった大事な家族の一員。これからも,この木と共に前向きにひたむきに生きよう。     (2009.3.14)


ホルトノキ 写真
ホルトノキ 写真
ホルトノキ 写真
ホルトノキ 写真
ホルトノキの実 写真
ホルトノキの実 写真

このページのトップへ   ホルトノキ backボタン   ホルトノキ homeボタン