HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 エビヅル エビヅル 眉山 エビヅル
【 ブドウ科 ブドウ属 】


 7月下旬,『かんぽの宿 徳島』の駐車場に,エビヅルの蔓が見事に他の樹木を覆いつくしていた。
雌雄異株のエビヅルだが,雌株の花が終わり,もう秋にむけて実をつけ始めていた姿が見られた。

 ノブドウやヤマブドウと並んで,古来から日本で自生するブドウ科の植物の一つである。
全体のサイズとしては,ノブドウより大きくヤマブドウよりも小さい。ノブドウの果実は食用にならないが,ヤマブドウとエビヅルは黒く熟すと,ブドウの房のようになって垂れ,甘くて食用になる。

 名前は,若い葉の裏面や茎の毛を海老の色に見立てたツル性木本であることから,エビヅル(蝦蔓) と呼ばれている。葉の裏面に見られた淡い褐色の毛は,特徴的で強く心に残った。

 枝の節から出る巻きひげに注目してみると,ヤマブドウやノブドウとの違いは,次の通り。

○ ノブドウは,枝の各節ごとに全て巻きひげが出ている。
○ ヤマブドウは,巻きひげが1節ついて1節つかない。
○ エビヅルは,巻きひげが2節ついて1節つかない。

 同じブドウ科のツル性樹木でありながら,巻きひげの付き方が違うのは興味深い。ときどき巻きひげを休ませるエビヅルはマイペースに息抜きをしているようで,こんなふうに生きられたらと感じる。
 

エビヅル 写真
エビヅル 写真
エビヅル 写真
エビヅル 写真
エビヅル 写真
エビヅル 写真
エビヅル 写真
エビヅル 写真