HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヘクソカズラ ヘクソカズラ 眉山 ヘクソカズラ
【 アカネ科 ヘクソカズラ属 】


 8月下旬あたりから,眉山に限らず日当たりのよい路地やフェンスなどに,蔓植物の代表格に挙げられるヘクソカズラが花をつけ始めた。花冠の外側が白色,中心部と筒の内側は紫紅色をしている。花筒の外側には微細な毛が密生していて,花の中心部から筒部の内側にも毛が密生している。
 名前とは裏腹の美しさで,今まで見たことのなかったタイプの花だと感じた。


 名前は,枝や葉をもむと悪臭があることに由来している。ただ実際に嗅いでみると,青臭い感じはしたものの,命名されるほど気になる臭いではないというのが正直なところだった。

 ちょっと前まで,ヤマノイモオニドコロと混同していたが,それらとの違いは次の通りである。

 ○ オニドコロの葉は円心形〜三角状心形で,ヤマノイモより横幅があり,ふっくらとした印象。
 ○ オニドコロの葉は互生につくが,ヤマノイモやヘクソカズラの葉は対生につく。
 ○ ヘクソカズラの葉は緑色が濃く,ややハート型であるが,心形というより楕円形〜卵型に近い。

 ヘクソカズラには,2つの別名がよく知られている。1つは,花の中央部がヤイト(お灸)の跡に似ていることからヤイトバナ。もう1つは,花を逆さにした形が早乙女(田植えの娘)がかぶった傘に似ていることから,サオトメバナ。私は,この花筒の愛らしさ,モンキアゲハがこの花の蜜を吸っている姿を見たことなどから,後者の方がふさわしい名前だと思っている。

ヘクソカズラ 写真
ヘクソカズラ 写真
ヘクソカズラ 写真
ヘクソカズラ 写真
ヘクソカズラ 写真
ヘクソカズラ 写真
ヘクソカズラ 写真
ヘクソカズラ 写真