HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヒサカキ ヒサカキ 眉山 ヒサカキ
【 ツバキ科 ヒサカキ属 】


 眉山公園の野鳥観察園路内を歩いていると,コナラやカゴノキの近辺にヒサカキがたくさん植わっているのが目立っていた。12月下旬の年末という時期であったが,枝に沿うようにヒサカキの実が黒紫色に熟しながらついていた。サカキの代用として,神前や墓にお供えされる。ただ私の地域では,お墓参りに使うのは,ほとんどの方がシキミで,稀にサカキやコウヤマキを使われる方がいるという程度である。
実際に,ヒサカキを使ってお墓参りや神前にお供えしているのは今までは見たことがない。

 ヒサカキの名の由来は,次の2つが一般的によく言われている。
@ サカキに比べて,花や実,葉などが小さいことから「姫榊(サカキ)」とされた。
A サカキと区別するために,「非榊(サカキ)」とされた。

 どちらの説も理由はつくのだが,樹形や樹高,葉の鋸歯の有無などから,Aの説ほど改めて区別しなければいけない類似ではないので,サイズが小さいとされる@の説が有力ではないかと思っている。

 ヒサカキは,山林では比較的低い場所からやや高い場所まで生育している。また,神社やお寺においてもよく見る。そういった意味で,生育範囲が大変広く,親しみやすい印象の樹木ではないだろうか。

ヒサカキ 写真
ヒサカキ 写真
ヒサカキ 写真
ヒサカキ 写真
ヒサカキ 写真
ヒサカキ 写真