HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヒヨドリバナ ヒヨドリバナ 眉山 ヒヨドリバナ
【 キク科 フジバカマ属 】


 10月中旬ごろ,『かんぽの宿 徳島』眉山公園をつないでいる傾斜のある道の脇に,ヒヨドリバナが花を咲かせていた。頭花は散房状につき,5つずつ集まっている筒状花。5ミリほどの糸状に出ている白色のものが両性の花となっている。葉は対生していて,短い葉柄があった。

 名前は,野鳥のヒヨドリが鳴くころに花を咲かせることに由来して,ヒヨドリバナ(鵯花)である。
 実際には鵯は1年中鳴いてるらしいが・・・。花が似たものに,春の七草の1つであるフジバカマ(藤袴)があるが,見分け方は葉の様子が分かりやすい。フジバカマは葉が基部まで深く3裂して細長い葉を3つ並べているように見えるが,ヒヨドリバナは切れ込みがない。
 また,少し高地に行けば見られるヒヨドリバナの変種と考えられるヨツバヒヨドリは,下部の葉が3〜5枚輪生している。ヨビバヒヨドリは,アサギマダラ蝶の主な吸蜜植物のようだ。

 フジバカマとヒヨドリバナは姿や形は良く似ているキク科の花でありながら,フジバカマは平安の時代からもてはやされ、ヒヨドリバナは名も知られぬ野草である。しかし現在では,自生種のフジバカマが絶滅の危機に瀕していて,ヒヨドリバナはしっかり生き残っている。「目立たなくても,息長くしっかり自分の道を歩んでいけばいいんだよ」と,ヒヨドリバナが教えてくれているみたいだ。

ヒヨドリバナ 写真
ヒヨドリバナ 写真
ヒヨドリバナ 写真
ヒヨドリバナ 写真
ヒヨドリバナ 写真
ヒヨドリバナ 写真
ヒヨドリバナ 写真
ヒヨドリバナ 写真