HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 カンヒザクラ カンヒザクラ 眉山 カンヒザクラ
【 バラ科 サクラ属 】


 3月下旬,眉山公園を訪れると,公園の中央付近にカンヒザクラの紅紫色の濃い花がわずかに残っていた。花弁はあまり開かず,花柄がだらんとうなだれるような感じで下向きに咲いている。こんな咲き方をするので,花弁そのものが散ることはほとんどなく萼と一緒に落ちるのが特徴である。

 花弁の紅色の濃さに気を取られがちだが,じつは萼が一番紅色が濃い。この萼の色が,カンヒザクラの花の色合いをより際立たせているように思う。
 萼片は,三角状で縁に鋸歯はない。萼筒は太い釣り鐘型をしている。

 カンヒザクラは寒緋桜と書かれ,沖縄では1月ぐらいに花をつける。
沖縄県石垣島に自生地があり,九州南部では旧暦の元日に咲くのでガンジツザクラとも呼ばれている。
 暖かい地方で栽培され,西日本を中心に植えられることが多い。早咲き品種のサクラの交配親で,有名なところではカンザクラやカワヅザクラの片親である。

 別名はヒカンザクラ(緋寒桜)だが,この呼び名はヒガンザクラ(被岸桜)と勘違いされることが多くて,あまり使われなくなった。サクラの学び出しのとき,私も頭の中で混同してしまったのを覚えている。

カンヒザクラ 写真
カンヒザクラ 写真
カンヒザクラ 写真
カンヒザクラ 写真
カンヒザクラ 写真
カンヒザクラ 写真