HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 カンザシイヌホオズキ カンザシイヌホオズキ 眉山 カンザシイヌホオズキ
【 ナス科 ナス属 】


 眉山公園の野鳥観察園路内で,ふと足元を見ると,カンザシイヌホオズキが花と実をつけていた。浅く5裂になっている花冠のホオズキに比べると,深く5裂になっていてかわいい星型の花冠だ。花が散形についている姿が,一層愛らしく思わせる。私が見たときに,ごく小さなナス科らしい実をつけていて,野生のナスという雰囲気がした。黒く光沢のある美しい果実が上向きについている様子がカンザシに見えることから,名が付けられた。

 このカンザシイヌホオズキの実を見て,『親の意見となすびの花は、千に一つの無駄も無し』ということわざを思い出した。ナスの花は結実に無駄がなく全部実になるように,親が子供のためにと思ってする意見も,1つとして無駄の無いという意味である。
 子どもを思う親の気持ちというのは,子どもの頃はよく分からないもので,子どもをもって初めて分かると言われるが,今それを痛感している。自分に似ている子どもだからこそ,良いところも悪いところも見えてきて,利害や諸々の思惑抜きに意見を言いたくなる。それでいて,子どもに親の真意が伝わるのは,ずいぶん先のことだろう。
 今さらだが,育ててくれた親に感謝する。私も我が子に愛情を注いでいこうと思うひとときであった。

カンザシイヌホオズキ 写真
カンザシイヌホオズキ 写真
カンザシイヌホオズキ 写真
カンザシイヌホオズキ 写真
カンザシイヌホオズキの実 写真