HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 コマユミ コマユミ 眉山 コマユミ
ニシキギ科 ニシキギ属 】


 『かんぽの宿 徳島』眉山公園をつないでいる傾斜のある道の下から見た右側の場所に,コマユミがかわいい実をつけていた。10月中旬に見たのだが,紫褐色に熟していて,一部は裂開して赤朱色の種皮に包まれた種子をぶらさげていた。実が裂開しているかわいい表情は,上勝町の高丸山で見たツリバナに似ているが,ツリバナは実を垂れ下げる柄の長さがもっと長いこと,5裂に開いて種子の数が多いことなどが違っていた。

 材で弓を作ったことに由来するマユミとは同属だが,名前の通り,コマユミは樹木そのものが低木で,葉の大きさも小さいので簡単に区別できる。またコマユミの葉の基部がややくさび型をしていること,マユミの実は丸みのある四角形でピンクのお菓子のような形をしていることなどにも違いがある。

 どちらかと言うとコマユミは,葉や花,果実の形状が同属のニシキギに似ている。ただ,中央公園で見たニシキギは枝に堅いコルク質の翼が発達していたので,枝に翼が無いコマユミとは簡単に区別できそうだ。私の印象では,コマユミ山林の野生,ニシキギは公園の植生という印象が強い。

 花柄から垂れ下がるコマユミの実や種子のかわいらしさが,昔から知っている眉山に似合っていて,心から応援したくなった。

コマユミ 写真
コマユミ 写真
コマユミ 写真
コマユミ 写真
コマユミ 写真
コマユミ 写真