HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 クロガネモチの実 クロガネモチの実 眉山 クロガネモチの実
【 モチノキ科 モチノキ属 】


 眉山公園の駐車場のトイレ近くにあるクロガネモチ。10月下旬ごろに見たときに,たくさんの実をつけていた。同属においては,アカマツが多くある山林に多いソヨゴや神社に多いモチノキなどと比較すると,庭木から公園や空き地などどこにでも見かけるクロガネモチだが,実のつけ方には他のものにないよさがある。枝についたたくさんの果柄から出る果実の目を見はるほどで,びっしりとついている。
クロガネモチの実を食べる野鳥にとっては,まさに「ごちそう天国」ではないだろうか。

 以前,家の庭のイヌマキの垣根の下に謎の幼木があって何か分からず疑問の一つであった。学芸員に調べてもらっても分からず,「ハイノキ科か何かの一種でしょう。」ということになっていたが,葉の肉厚で堅い感じの特徴,まわりの家に数多く植わっているなどの理由から,今はこのクロガネモチの幼木だろうと思っている。
 これだけたくさんの実をつけるクロガネモチであれば,ムクドリあたりが食べて散布させ,様々な場所で発芽した幼木が植わっていてもおかしくない。
 クロガネモチは,広範囲に種を存続させようとする知恵に優れている樹木の一つだと思う。

クロガネモチの実 写真
クロガネモチの実 写真
クロガネモチの実 写真
クロガネモチの実 写真