HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 メドハギ メドハギ 眉山 メドハギ
【 マメ科 ハギ属 】


 7月下旬,眉山で蝶捕りをしていると,メドハギの周辺にキチョウが何頭も飛んでいる姿が目についた。キチョウは,マメ科の樹木や植物を食草としていて,メドハギも食草の1つになっている。
 『かんぽの宿 徳島』の駐車場入口周辺はメドハギが群生し,キチョウの大切なすみかであった。

 名前は,奈良時代〜平安時代に茎が占い用の棒「筴(めどき)」として使われ,筴芽子(めどぎはぎ)と呼ばれていたのが転訛して,メドハギ(蓍萩)になった。
 平安時代までは占いに用いられていたメドハギの茎だが,平安時代以降には均一に加工しやすい竹製の筴竹(ぜいちく)が使用されるようになった。

 初めてメドハギを見たときには,ヨモギのように思えた。しかしよく見ると,葉はずいぶん小さいもののハギの仲間の特徴である3出複葉を成していた。夏になると車道脇にも生えている草花で,今までずいぶんヨモギとして,安易に見過ごしていた。
 その昔,占いに用いた由緒高い草花に出会えた喜びを今さらながらひしひしと感じている。

メドハギ 写真
メドハギ 写真
メドハギ 写真
メドハギ 写真