HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 オニドコロ オニドコロ 眉山 オニドコロ
【 ヤマノイモ科 ヤマノイモ属 】


 7月下旬,眉山のどこを歩いても,蔓植物の代表格に挙げられるオニドコロが見られた。めっぽう暑さに強くて,身近な場所から山林のあらゆる場所まで目にすることができる。
 葉は基部から見て円心形から三角状心形で,ふっくらしたハート型といったイメージだ。樹木や電信柱を簡単に覆い尽くし,その茎が巻きつく強さからは,繁殖力の強さが容易に想像できる。


 葉が大きいことからオニ(鬼),肥厚して曲がった根茎からひげ根が出ている様子を,腰の曲がった髭の老人に例えて長寿のしるしとしてトコロ(野老),これらから名前はオニドコロ(鬼野老)となった。古来からヒゲ根を正月の床に飾って長寿を願う風習があった。
 また植物学者の牧野富太郎によると,野老はエビを海老としたのに対比する言葉になるそうだ。

 ちょっと前まで,ヤマノイモヘクソカズラと混同していたが,それらとの違いは次の通りである。

 ○ オニドコロの葉は円心形〜三角状心形で,ヤマノイモより横幅があり,ふっくらとした印象。
 ○ ヤマノイモヘクソカズラの葉は対生につくが,オニドコロの葉は互生につく。
 ○ ヘクソカズラの葉は緑色が濃く,ややハート型であるが,心形というより楕円形〜卵型に近い。

 オニドコロは雌雄異株で,雄花は葉腋から直立し,雌花は垂れ下がる。
 果実は,成熟して乾燥すると基部の方から裂片に裂けて種子を散布する「さく果」と呼ばれる。
 オニドコロのさく果は,ややしわのある3つの翼が3方向に出ている。ヤマノイモの実に似ているが,ヤマノイモは横長の円形で,オニドコロは縦長の楕円形になっていた。また,実を下から見ると,翼のプロペラが,ヤマノイモは開いていたが,オニドコロは閉じていたように思う。

オニドコロ 写真
オニドコロ 写真
オニドコロ 写真
オニドコロ 写真
オニドコロの実 写真
オニドコロの実 写真