HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 タブノキ タブノキ 眉山 タブノキ
【 クスノキ科 クスノキ属 】


 眉山公園の野鳥観察広場あたりに,タブノキが1本見られた。12月の終わりだったが,もうタブノキのかわいい冬芽がついていた。冬から春先にかけて、枝先の芽鱗に包まれた冬芽がどんどんとふくらむ。ふっくらした冬芽がタブノキの大きな特徴である。この冬芽の成長を,春の訪れと共に楽しみたい。太陽からの葉の表面の照り返しが美しいので,照葉樹としても有名。葉の裏面は,乳白色である。
 タブノキは,もともと日本に自生していた。クスノキほどの芳香はないが,少しだけ香りがする。その香りの弱さのせいか,クスノキの劣ったものということで,イヌグスという別名がある。

 タブとは,朝鮮語で舟という意味。韓国では,このタブノキの材を使って木舟を作っていたらしい。
その木舟を作るにも普通の木だと,作った後に多くの虫食いにあって使い物にならない。だから,薬の成分を含んだ虫食いにあいにくいこのタブノキが選ばれた。ちなみに,クスノキの方が薬の成分が強いので,良いように思われるが,材としては硬すぎて使いづらい。一方,タブノキの材は非常に柔らかい。こういったことから,タブノキが舟づくりに使われた理由は柔軟な材質が関係したと考えている。
 
タブノキ 写真
タブノキ 写真
タブノキ 写真
タブノキ 写真
タブノキ 写真
タブノキ 写真