HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 タラノキ タラノキ 眉山 タラノキ
【 ウコギ科 タラノキ属 】


 5月中旬ごろ,『かんぽの宿 徳島』周辺の眉山パークウェイに車を止めて,北に景色を見とれながら,ふと見下ろしてみると,タラノキの羽状複葉が大きく広がっている姿が見られた。離れた距離であったが,カメラをズームにしてみると,出て間もないような茶褐色をした新葉もあった。
 同じ時期,徳島市一宮町にある一宮神社の脇にあるスギ林内に,タラノキの草本ほどの背丈の低木があり,複葉の様子じっくり見る機会に恵まれた。葉軸から表面にむかって鋭い刺があり,驚かされた。

 名前は,古く朝鮮語名を語源として「ツチタラ」と呼ばれた山菜のウドに似た樹木ということに由来して,タラノキである。日当たりの良い場所に生える。幹は分岐することなく,直立している。幹や枝には全面に鋭い刺があり,刺だらけの感じがするのだが,中には刺のない変種のメダラと呼ばれるものも稀に見られるようなので,知っておきたい。

 タラノキの春の若芽は“タラの芽”と呼ばれており,山菜の王様として有名だ。それゆえに,タラノキの全面に付いた鋭い刺は,おいしい物を食べるための試練であると,私には感じられる。

タラノキ 写真
タラノキ 写真
タラノキ 写真
タラノキ 写真
タラノキ 写真
タラノキ 写真
タラノキ 写真
タラノキ 写真