HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ヤクシソウ ヤクシソウ 眉山 ヤクシソウ
【 キク科 オニタビラコ属 】


 『かんぽの宿 徳島』眉山公園をつないでいる傾斜のある道の下から見た右側の場所,ヤクシソウが黄色い花をつけていた。コマユミの幹下の周りにかわいく咲いており,樹木の友達として掲載した。
  いくつかは欠けていたが,12〜13個の舌状花をつけて,7〜8本の筒状花を伸ばし,キク科らしい頭花をしていた。
  頭花(頭状花序)・・・タンポポのように花軸の先端が皿状に広がり,柄のない花を多数密生するもの

 ヤクシソウは,山野の日当たりのよい場所に生える2年草。名の由来には,次の3つが挙げられる。
@ 薬師堂のそばで最初に見つけられたから。
A 葉が茎や花を包み込むように広がってる様子を薬師如来の光背に譬えたから。
B 葉が薬用にされたから。

  薬師草と書かれる語源は,正確には不明らしいが,私はAの説を信用したいと思う。@はややお粗末な感じがするし,Bにおいては,「薬師草」と言う言葉が特定の薬草を指す名称ではなく多義的に用いられたという考えもあるようだ。Aの説こそ,何気ない葉が包容力をもった偉大なものに感じられ,このヤクシソウのささやかな姿を最も価値づけてくれるような気がしている。

 キク科の草花の分類は弱い私だが,このヤクシソウとの出会いを,これからのキク科との触れ合いの原点にしていこうと思う。

ヤクシソウ 写真
ヤクシソウ 写真
ヤクシソウ 写真
ヤクシソウ 写真