HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ユズリハ ユズリハ 眉山 ユズリハ
【 ユズリハ科 ユズリハ属 】


 眉山公園の野鳥観察広場あたりに,ユズリハがある。林内の日陰に生育しているユズリハは,わりと葉がしっかりしているが,写真のように林縁で日当たりのよい場所に生育しているユズリハは,重力にしたがって葉をだらりと垂れ下げている。お世辞にも生き生きしたようには見えないが,何かのんびりと生きている感じがして,ゆったりと過ごすことの大切さを人間に教えてくれているようだ。

 古名は「譲る葉」で,春に新しい葉(子どもの葉)が伸びてくると,垂れていた古い葉(親の葉)が子どもが立派に成長したのを見届けるかのように,その場を譲って枯れ落ちることに由来する。別名を「親子草」と呼ぶのも,うなずける。新しい葉が展開した後に古い葉が落ちるのは,何もユズリハに限ったことではなく,他の常緑樹にもあることだが,とりわけ葉が大型で美しく,新旧の入れ替わりが急激で目立つためだと思う。

 正月飾りによく使われるウラジロ(シダ類)と共に,ユズリハも正月飾りに使われる縁起木になる。
ウラジロは『長寿の象徴』,ユズリハは『一家の繁栄』。鏡餅と一緒に添えると運気が高まりそうだ。
 同属のヒメユズリハはユズリハよりもひとまわり小さく,葉の裏面が緑色で網状脈が目立っている。
また,葉身から見ると真っすぐ葉柄が伸びるユズリハに対して,ヒメユズリハは葉柄が斜めに伸びていくため,葉が隆起して勢いがある。実がついたときも,ユズリハは果柄が垂れ下がり,ヒメユズリハは果柄が垂れ下がらないので,その点も気をつけて観察したい。

ユズリハ 写真
ユズリハ 写真
ユズリハ 写真
ユズリハ 写真
ユズリハ 写真
ユズリハ 写真