HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ビワ ビ ワ 眉山 ビワ
【 バラ科 ビワ属 】


 眉山にも車道で登っていると,ビワをよく見かける。おそらく庭木に植えられているものとは違い,食べる果肉の部分がほとんどない野生のビワだろうと,私は思っている。果物として栽培されている品種は,中国から渡来したものだとされている。野生のものは中国から渡来したものが野生化したものなのか,日本在来のものなのかは,植物学者によって意見が分かれているらしい。

 私たちが食べているビワは,ほとんどが茂木(もぎ)か田中という品種で,次のような言われがある。
 ○ 「茂木」は,江戸時代に中国から渡来した種子をもとに,長崎県の茂木でさかんに栽培された。
 ○ 「田中」は,明治時代に田中芳男という人が長崎から東京へ持ち帰った種子から育成された。

 ビワの花は人目を引くことのない地味なものであるが,観察してみると花序のつぼみはビロード状の黄褐色の毛でびっしり被われていた。葉を触ってみると,非常に肉厚で,裏側は綿毛が密生していて触り心地が気持ちよい。名前の由来は,果実のかわいい形が楽器の琵琶に似ているためである。
 毎年,夏にビワのあっさりとした甘さの実を食べるのを楽しみにしている。

ビワ 写真
ビワ 写真
ビワ 写真
ビワ 写真
ビワ 写真
ビワ 写真