HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 ゴンズイ ゴンズイ 眉山 ゴンズイ
【 ミツバウツギ科 ゴンズイ属 】


 眉山のところどころに,ゴンズイが見られる。枝や葉には臭気があるため,黒臭木(クロクサギ)という別名もある。初夏に円錐形の花序を出し,黄緑色の小花を多数つける。

 材として使い道がないので,何の役にも立たない言われの魚のゴンズイ(権瑞)の名前をなぞって付けられたというのを見るが,ピンとこない。本当の名前の由来は,縦のすじが入って細かなしま模様になっている樹皮が,魚のゴンズイ(権瑞)の模様に似ていることではないだろうか。ちなみに,樹木と魚の両方のゴンズイに共通していることは,どちらも有毒であるということ。この事実も,興味深い。

 8月の上旬には,ゴンズイの花が実をつけ始めていて,その早さには驚かされた。実は鮮やかに赤色に染まり出しているのがよく分かった。
 10月の下旬になると,この果実は乾燥して裂け,1〜3個の黒くて光沢のある種子を出していた。黒の種子が赤い袋果から顔を出している姿は,配色が素晴しく,見栄えがよい。この時期,眉山をドライブして遠目から車道脇に見える赤いものは,だいたいクサギかゴンズイの実のように思う。

 ゴンズイは地味な木だが,秋になるとその実の鮮やかさで,人目を引く美しさを演出できる素晴らしさをもった樹木だ。人々は,「ああ,きれいな実が・・」と言うのだが,それがゴンズイと言う名前の樹木であると知ったとき,果たしてどのように感じるだろうか。

ゴンズイ 写真
ゴンズイ 写真
ゴンズイ 写真
ゴンズイ 写真
ゴンズイ 写真
ゴンズイ 写真