HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 タカサゴユリ タカサゴユリ 眉山 タカサゴユリ
【 ユリ科 ユリ属 】


 ちょうど墓苑の道を挟んだ向かい側の斜面に,タカサゴユリの群生があった。お墓参りに来られた方が心を和ませるような風景で,おそらくこの時期は毎年見ごろになっているのではないかと思う。やや下のアングルから,空の青さと重ねて見てみると,花の白さが一層引き立って美しく感じられた。

 タカサゴとは琉球語のサカサングに由来する台湾の別称のこと。タカサゴユリとはその名の通り,台湾原産のユリである。観賞用として大正時代に導入されたが,テッポウユリ(西南諸島原産)と似た花を咲かせるので,除草されず帰化植物として広がりつつある。
 園芸品種のテッポウユリとの違いは,花弁の外側が紫色になることが多く(純白のものもある),葉が細長い線形であることだ。一番の見分けは,葉の形ということになるだろうか。そういえば,単子葉植物として中学校のときにユリを習った遠い記憶を思い出した。

 テッポウユリとタカサゴユリの交雑種には,両者の中間的な特徴を持つシンテッポウユリ(新鉄砲百合)というのもある。そのうち,ここ数年に園芸品種として流通しているシンテッポウユリは,花弁が白くて葉の幅がやや広めのテッポウユリ風で,立体的に花を鑑賞することができるという理由から,花が上向きになっているものが多い。純白種のタカサゴユリとテッポウユリの交雑と言われている。
 一方,野生に見られる自然交雑種としてのシンテッポウユリは,純白種のタカサゴユリとだけ雑種が作られるわけではないので,白い花弁のものだけではなく,タカサゴユリの血を強く受け継いだやや薄めの紫褐色の花弁のものも見られることだろう。直感だが,1つの枝から3つ4つ花をつけているものは,テッポウユリの血を引いたシンテッポウユリを疑う必要がある。

 私が見たタカサゴユリも花弁の白色で,シンテッポウユなのかもしれないと思った。ただ,ここではシンテッポウユリの定性的なデータがないため,今回はタカサゴユリととらえた。この違いは様々なケースが考えられ,DNA鑑定が妥当とかの意見もある。ユリの世界も突き詰めると,奥深いなと感じる。

タカサゴユリ 写真
タカサゴユリ 写真
タカサゴユリ 写真
タカサゴユリ 写真
タカサゴユリ 写真
タカサゴユリ 写真