HOME

樹木 Topics

家の庭木

手作りの樹名板

家から一歩出ると

わが町の通りには

公園や植物園

神社やお寺

山林や浜辺

県外に目をやると

葉や実の学び方

蝶を追い求めて

眉山 タンキリマメ タンキリマメ 眉山 タンキリマメ
【 マメ科 タンキリマメ属 】


 眉山の落葉樹には,イタビカズラ・テイカカズラスイカズラ・ヘクソカズラなど,多くのツル性植物が巻きついて自分らしさを表現しているのを目にする。その中でも,ひときわかわいらしい実をつけているタンキリマメが,年を開けたばかりの正月の夕日に照らされながら目立っていた。

 三出複葉で,クズを小型にしたような葉であった。花は,7〜9月ぐらいにかけて地味だがマメ科らしい小さな黄色の花をつけるようだ。その花が秋になると,真っ赤なウインナーのような形をした小ぶりの豆さやができ,やがてさやが裂け,この黒く光るつややかな球形の種を見せてくれる。
サヤが実りパコッと開いて出てくる種の姿が愛くるしく,「私ですよ」と表現しているように思える。


 「痰切豆」とも書かれ,その名の通り黒いタネには痰を切る効能があると言われている。 お湯で煎じて飲用する薬効としても期待される。かぜをひいたときに,ぜひ試してみたいと思う。

タンキリマメ 写真
タンキリマメ 写真
タンキリマメ 写真
タンキリマメ 写真
タンキリマメ 写真
タンキリマメ 写真